ウルトラマン兄弟に学ぶ:「逃げまわり光線」で迎え撃つ!?

みなさん、こんにちは。

FRBの犬FBIまで使い、自作自演テロを起こし、世界中を偽ユダヤ人の世界統一政府、ワンワールドの樹立、そしてソロモン神殿の構築を目指しているのが、次の面々とそのご一行。後はその家来たち。
ジージ・父・ブッシュ
e0171614_21135617.jpg

ヘンリー・キッシンジャー
e0171614_20392125.jpg

ズビグニュー・ブレジンスキー
e0171614_20144786.jpg

ジョージ・ソロス
e0171614_20143226.jpg


その影でうごめく、裏偽ユダヤ人の英ロスチャイルド
e0171614_20202216.jpg

そして、米デービッド・ロックフェラー
e0171614_202112.jpg

そして、東日本は俺が起こしてやったと自慢する、カソリックを操るシス卿こと、黒法王の元上智大神父のピーター・コルベンバッハ
e0171614_2023320.jpg

これほどまでの勢力の前に我々一介の日本人にはなすすべもない。我々は何もせずして死を待つのみのようにもみえる。

しかし待ってもらいたい。

シュワッチ。

我々には「ウルトラの兄弟」がいた。これは、金玉兄弟の主張であるが、さもありなん。
あわわわ ワタスの映ってる動画発見





たしかに「大決戦 超ウルトラ8兄弟」は名作である。横浜市150周年記念事業だけはある。非常に面白い。

このウルトラマン兄弟が戦っている相手、実はそれが「NWO」であり、偽ユダヤことシオニストなのである。彼らは「金持ち怪獣」の「巨人」であり、「悪の宇宙人」である。いま現在この地球で起こっている問題を実にうまく描いているといえるだろう。

我々はウルトラマンのような「スペシウム光線」は出せない。ならば、どうしたらいいのか?
彼らの生み出す「自作自演テロ」に合わずに逃げまわり、彼ら「怪獣」より長生きすればいいのである。

キッシンジャーもブレジンスキーもロックフェラーもロスチャイルドもコルヘンバッハもみな年寄りだ。もうそう長くは生きられない。もし生きたとすれば、クローンであろう。

我々日本人は、逃げまわって連中より長生きしよう。それしかない。「スペシウム光線」ならん、「逃げまわり光線」である。それを浴びせてやろう。

はたして、我々は今年を無事に生きながらえられるだろうか?
来年のブラジルワールドカップを見ることができるだろうか?
NWO連中の死に顔を見ることができるだろうか?

とまあ、これしか我々が勝つ方法はなさそうですナ。

ところで、ウルトラマンの出演者を見ていると、すでに二世、三世の時代になり、親子で出演している家族や、ヒーローとマドンナの結婚とか、まさに「ウルトラマン家族」である。今後も末永く続いて欲しいものである。

それにしても、興味深いのは、我々日本人が高齢になれば、徐々に先祖返りしてサル顔に似てくるのだが、彼ら偽ユダヤ人や欧州王家が老齢化すると、なぜか先祖返りしてレプティリアン化してくるから面白い。スペインのアルバ公爵夫人
スペインが愛する自由奔放な公爵夫人、アルバ公爵夫人
などもはや恐竜人以外の何者でもない。これはDNAを調べれば、その謎が解けるに違いない。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-23 20:51 | コンスピラシー

<< 怪しい噂「カリフォルニアで核爆... 「チャーリーとテロ工場」:メイ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE