鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!

みなさん、こんにちは。

さて、今日は昨日のつづき。鈴木竜成氏(仮名らしい)の「宇宙人の柩」の話をメモしておこう。若干私なりの「色えんぴつ」で色をつけてみよう。ちなみに、以下の話は、このブログには膨大な量の関連記事がすでにあるから、ぜひこのブログの右のカレンダーの下についている検索エンジンをフル出動することをお勧めする。

(あ)まず、
宇宙人の柩
e0171614_14532185.jpg
の共著者(なのかインタビュアーなのか知らないが)の竹本良とはこんな人。
e0171614_9334440.jpg
すでにマスゴミ世界にも登場のかなり著名なお方のようである。

対談も、
vs大槻教授
e0171614_935494.jpg

「UFOと宇宙人を語る!」 大槻教授 vs 竹本良 対談 宇宙開国論Part1【動画】
vs中丸薫
e0171614_935689.jpg

UFO五次元東京会議〜中丸薫×竹本良
e0171614_937354.jpg
と存在する。

いずれにせよ、未だに「肯定vs否定」の二元論でやっているのだから、面白い。もはやそんな時代はとうに通り越しているのだ。

(い)一方、鈴木竜成博士についてはほとんど分からない。東大医学部出身で、裏NASA時代にランボルギーニを乗り回し、今では世界でたったの7台しかないベンツ
きっとこんなやつか?
e0171614_9405221.jpg
あるいは、こんなやつか?
e0171614_1525232.jpg
を乗り回しているということぐらいの情報しかない。

(う)さて、問題のインタビューに入る。14の質問があるが、その中で「宇宙人」と「ETV(E・Tビークル)」に関連するものを中心にメモしておこう。

(1)Q1、(2)Q2はスキップ。

(3)まず、
Q3-NASAはどういうところでしたか?警備体制は如何でしたか?
「一番の印象は表と裏の部分が極端に違うということです。
どうでも良いというところが緊迫感あふれた警備体制になっています。
NASAは世界各国の民間企業が優秀な技術者を送り込んでいる
西側の宇宙開発の完全組織といえます。
ソ連が崩壊した今では唯一の宇宙機関といえるでしょう。
NASAには40年間収集した膨大な資料・写真がありますが、
一般に公開したのはホンの一部でしかありません。
月面着陸のデ-タですら1%にも満たない
と思います。
秘密の部分がないとするなら、全て公表しても良いと思うのです。
カ-タ-元大統領が州知事だった頃、UFOに遭遇しました。
NASAに問い合わせると、<NASAはUFOの調査にあたる機関ではない>
という回答がホワイトハウスに届いたのです。
またNASAはUFOに関する調査計画は一切ないという返事もしております。
でも誰に聞いても何かがあることはわかると思います。
僕がどうして異星人の組織まで入り込めたか、それは表面上はドクタ-
だからというのですが、それよりも僕の物理の理論に関わるのではないか
と思うのです。その理論がUFOの推進システムと深い関係があるのでは
ないか
と考えています」

NASAは、公開映像はすべて隠蔽工作をしていること、ほんのごく一部しか公開していなかったこと、公開映像の大半が現物ではなく、スタジオ作成だったものであったことなどは、すでに周知の事実である。飛鳥昭雄氏のエクストリームサイエンスでもよくそんな話が出てくるが、まったく飛鳥氏も同じ事を主張してきている。

例えば、「月の色」、「火星の色」、「金星の色」など、惑星や衛星の色はすべて加工されたものである。月には実際には色ついている(月でブログ内検索)、火星の空はピンクではなく、淡いブルー(火星でブログ内検索)、金星表面の色はネガポジ変換されている(金星でブログ内検索)。こんなものは、よく知っている人たちの間ではすでにイロハのイ、イグチのイである。

この部分で興味深いのは、鈴木竜成さんが独自の物理理論を持っているらしいという部分である。これは私も知りたいところである。

ところで、「どうでも良いというところが緊迫感あふれた警備体制になっています。」というのは面白い。人々の目をそちらに向かわせるように、例えば「エリア51」などを厳戒体制にしておき、研究者の目をそちらに向けさせる。ところが実際には、まったく違う場所でもっと機密性の高いことをやっているというようなものだろう。AREA51UFO神話を作り、カモフラージュするのである。

しかしながら、クリアランスレベルでは、マイケル・シュラットさんが研究したように、非常に高度にかつ多重構造の機密性
cosmic MJ(宇宙的マジェスティック)-10レベル
MJ-10
:
MJ-1
最高機密秘密同調者(top secret crypto)-20レベル
20
:
17 大統領レベル(核兵器レベル)
:
1
USEP(unacknowledged special access program=無視された特別アクセス行動計画)
SCI(special compartmentedl infomation=特別に区分された情報)
最高機密(top secret)
機密(secret)
秘密(confidential)
制限(Restricted)
があると考えられている(シュラットでブログ内検索)。

(4)Q4は、スキップ。

(5)Q5、ここが一番おもしろいところですナ。
Q5-異星人は何種類いましたか?どのように保管されていましたか?
生きている異星人は何処にいたのですか?
異星人と地球人の身体の構造はどう違いますか?
何故異星人がNASAにいたのですか?
「知っている限りでは4種類いますが、別の種類が何種かいると思います。
人間に似たタイプ、小人タイプ、巨人タイプ、獣タイプ、他にも奇妙な形の
タイプや異臭を放つタイプもいます。

僕の見たのは1947年のUFO墜落事件、ロズウェル事件の異星人です。
墜落したUFOの中から4体の小人タイプの異星人が発見されました。
2体は丸焦げで、顔はボ-リングの玉のような感じに焼け焦げていました。
他の2体は発見当時生きていました。
運んでいる最中にその内の1体は死にました。
もう1体は生きたまま、冷凍保存によって現在も生命維持されているということです。
顔は一般に紹介されているものよりも醜く神秘的で、眼が立体感のある、
ちょっと言葉で言い表せないような神秘的なものでした。
それらの異星人が何処から来たかは、UFOの推進原理がわからない以上
まだ不明の状態です。
異星人と地球人の身体の構造の違いについては、解剖された一体の
異星人しか把握はできないのですけれども、1947年に墜落した当時の
フィルム、レントゲンやCTの撮影フィルム等からわかる範囲で答えさせていただきます。
一体のものに関しては、身長は1m20-30cm程度で、前頭葉が非常に
発達
しています。指は6本水掻きのようなものがついています。
皮膚は人間の皮膚とは異なり、爬虫類のタイプと思います。
視力は約2.0から3.0程度で、人間より視野が広いと思います。
口はありますが、それが消化器官に繋がっているかどうかは不明です。
耳は人間よりもとがった感じです。聴力は人間の約20-30倍で、
犬のように細かい音も聞き分けられるのです。消化器官は人間と同じで、
肋骨その他骨格に関しても相違はなかったと思います。
ただ気になったところでは性器の部分です。男女の区別がわからないというか、
僕の見た感じでは、そこは全て退化してしまっているのではないかということです。
肉体的には非常にもろく、人間でいえば病弱あるいは衰弱した状態といえます。
ですが、極端に頭部がどしっとしており、知能指数の問題か、
その部分が発達している
のです。
僕の見た限り、頭脳及び精神性が高まったために肉体的なものが
退化しているという印象を受けました。
付け加えるならば、人間の何百年、何千年、何万年後の人間の姿の
ようにも思う
のです。
単にこれはあくまでも推測なのですけれども、異星人は遠い星から
きたものばかりでなく、僕たちの未来人が何かを警告しにきている
のではないか
と思うのです。
マ-マン博士の話では、彼らはケイ素化合物からなり、寿命が
1000-2000歳ということです。
ケイ素化合物には細胞の劣化はなく、あるのは新化のみで、
前生の記憶が残されており、更に死ぬまでの行動(任務)が
DNAに組み込まれているというのです。
どうしてNASAに異星人がいるのかは、世界で唯一宇宙開発・対策を
把握している最高機関だからではないでしょうか」

さて、まずこの部分の記述。これはほぼ100%正確で正しいように見える。というのは、この1997年のインタビューの10年ほど前の1989年のビル・ミルトン・クーパーの「宇宙人UFO暴露講演」で論文にされたものとまったく一致しているからである(クーパーでブログ内検索)。クーパーも内部情報を現物を見てからまとめて講演したのである。(ちなみに、この講演はYouTube時代になってからリークされたから2000年過ぎてからのものである。それゆえ、鈴木氏がこれを見た可能性はゼロ。)

さて、そこでこの宇宙人。鈴木氏が見たというエイリアンとは? これだね。ここでもすでにメモした映像である。
ロズウェルの円盤墜落事件は事実だった!:FBIが証拠を暴露した!?
e0171614_19232216.jpg


(これは作りものではなく本物。下の別の古い映像と100%一致しているからだ。これが偽物だったかのように、いろんな偽ものを作りカモフラージュしたわけだ。だから、この映像はすでに何度も何度も削除されてきた。)
ロズウェルの宇宙人死体:未来地球人のものか?
実際のフィルム映像

特徴について
(1)まず3秒目、14秒目、21秒目の映像から、頭が異常に大きい。色は白い。両手はそれぞれ手の平が上を向いている。
(2)14秒目、21秒目の映像から、胸の中央と右膝から下に損傷のような黒い影が見える。
(3)24秒目の映像から、手の指の数が6本(親指も含む)であることが見える。
(4)27秒目の映像から、両足は足の裏が向き合うように並んでいることがわかる。
(5)28秒目の映像から、右膝下に大きな損傷があることがわかる。
(6)29秒目の映像から、右手にも損傷があることがわかる。右膝下の損傷もわかる。
(7)30秒目、31秒目の映像から、足の形は地球人型であることがわかる。非常に我々地球人のものに似ている。
(8)31秒目の映像から、左足の内側くるぶしの下にV字状の黒い模様が見える。
(9)33秒目の映像から、手の指は6本であることがわかる。
(10)33秒目後半の映像から、足の指が6本であることがわかる。
(11)34秒目の映像から、裸であるにもかかわらず、股間に性器(ペニスかヴァギナ)が存在しないことがわかる。
(12)35秒目の映像から、左膝下に黒い線の帯のような印が見える。


(つづき)
[PR]

  by kikidoblog | 2013-05-14 10:24 | 鈴木竜成・宇宙人の柩

<< 鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その... 「エリア51」S4に入った日本... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE