時事放談:朝日新聞のウォーリーを探せ!

朝日新聞
e0171614_11585944.jpg

を着た、ウォーリーを探せ!
e0171614_12135841.jpg


みなさん、こんにちは。

いや〜〜、あまりにいろんなことが起きすぎて再びまたETの手も借りたいほどである。

そんな中、北朝鮮ばかりか、南朝鮮もまた似たような国であることがますます明らかとなり、いまではどっちがどっちという有様である。古来の李氏朝鮮文明しかない国と現在の西洋の悪魔主義文明しかない国となったかのようである。

そして、悪いことに、これら双方のエージェントがまた、「スパイ天国日本」の国内で大活躍だから困る。

そんなことを証明するようなニュースを2,3メモしておこう。

(あ)まずは、南朝鮮。
日本と韓国—互いに向きあうときだ

 おとなり同士、新しい政権が生まれたというのに、外交の責任者が会談できない。そんな冷たい空気が漂っていた日韓で、外相会談がやっと実現した。→互いに相手の顔色を見ただけだ。
 まだ、すこし強い風にさらされれば壊れそうな危うさだが、たがいに相手の必要性は十分に認識している。会談をきっかけに関係改善を進めるべきだ。→もう日本人は韓国人の本質を理解した。もはや韓流は反韓に変わった。あとは国交断絶のみの段階。
 ここまで事態が険悪になった責任は、日韓双方にあった。→「南京大虐殺」と「慰安婦問題」を捏造したのは朝日新聞。
 韓国の歴代政権はこれまで、少なくとも発足当初は日本との友好を探った。→こんな事実はどこにもない。
だが、「外交は互いの信頼が最重要」という朴槿恵(パククネ)政権がまず直面したのは、日本からの数々の歴史認識発言だった。→韓国が捏造歴史ファンタジードラマと韓国の捏造歴史教科書を元にした「反日思想」が問題を作った。
出ばなで安倍政権に大きな疑問符がついた。
 朴大統領は米国に続き、先月訪れた中国でも、日本を想定して「歴史問題で対立と不信が深まっている」と異例の言及をした。経済のみならず政治や安保面での協力も共同声明に盛り、中韓の接近を印象づけた。→ 中国パワーちらつかせた脅しですナ。たちが悪い。
 そんな現状について当の韓国の外交当局者も「日本の歴史発言が私たちと中国を必要以上に近づけてしまっている」と懸念する。この夏は、安倍首相らが8月15日に靖国参拝するかどうかに神経をとがらせている。→ 確実に靖国参拝するだろう。なぜなら従軍慰安婦問題同様に、靖国神話もまた朝日によって捏造されたからである。すでに国民は靖国はアメリカのアーリントン墓地と同じものであることを理解した。なぜなら、マッカーサー自ら戦後になって日本の開戦は「自衛のためだった」と証言したことが知れ渡ったからである。
 一方、その朴政権も、柔軟さに欠けるといわざるをえない。→ それが朝鮮人というものだ。
 朴大統領は「新しい関係」をつくるためには、侵略や加害の事実を直視せよと日本に求めている。だが、歴史問題は時間をかけて解きほぐす課題だ。いま改まらなければ対話しないというのでは話は前に進まない。→古来「朝鮮人とは関わるな」が世界中で再確認されたにすぎない。当然、我が国も脱特亜である。
 朴大統領は北朝鮮に対しても原則論的な条件を課して対話の好機を逃した。対立点があっても、まずは話し合いの席についてこその外交だ。かたくなな姿勢は慎むべきだろう。→話し合いはこれまでの韓国の借金返済、督促を先に行うべし。5兆円スワップも早急に返却させ、東日本に返すべし。
 すでに日韓関係の停滞は、多方面に影を落としている。→影と落としたのは韓国のみ、日本は光があたったのではないか。相変わらずのへんてこの捏造感性だな。なのに、「日本に頭を下げるのか」などと韓国側で報じられた末に、延長できなかった。→ はあ?あんたはほんまに日本人? 自国に損害与えて平気なのかいナ?
 日韓の企業による経済投資はたがいに盛んでも、自由貿易協定をめぐる政府間の実務協議は昨年から事実上止まったままだ。日本から韓国への観光客も急減している。→ 韓国に旅行した日本女性の何百人もが陵辱レイプされ、望まぬ堕胎などをさせられたという情報が飛び交ったためだ。南鮮人は危険過ぎるためだ。
 2015年に日韓は国交正常化から半世紀を迎える。未来志向の50年につなげる節目にしようと、両国の外交当局は知恵を絞り始めている。だが、残り時間は、あまりない。→ 歴史は綿々と続く。捏造しなければナ。
 朴大統領が年内に日本を訪れ、首脳同士、率直に論議できるよう願う。→ もはや一般国民のだれも朝日や毎日やNHKやフジを信じるものはないヨ。

これなど、まさに
「お前が言うな」
e0171614_13383528.jpg
の南朝鮮の工作員が大活躍中の証拠である。一応、私のコメントもつけておいた。私のコメントは全部100%事実に基づく

もともと従軍慰安婦問題など存在もしなかった。なぜなら、旧日本軍は「従軍慰安婦」をとらなかった。あくまで個人営業の売春婦しか相手にしなかったからである。朝鮮人や日本人(おそらくもっと昔の時代の朝鮮人)のいわゆる「売春婦」しかいなかったのである。それも、日本軍は彼らの不幸を同情して「日本兵の10倍の報酬」を支払ったのである。

これはすでにこの間の中山成彬議員の国会質疑ですでに、戦後の日本の歴史上初めて証明されたのである。
中山成彬議員の「歴史的快挙」:「いくら調べても朝鮮人による犯罪しかなかった」



(こういった国会放映を削除すれば、NHKやウジテレビは憲法違反ですゾ!余計なことをするナ。)

正義はゆっくり動く:戦後最大の”快挙”を行った、中山成彬議員に幸あれ!乾杯!
2013年4月10日、中山成彬の国会質問第二弾:教科書検定に異議あり!
「世界が学び続けるとてつもない日本」:正々堂々と生きよう、日本人!

また最近では、「第二次世界大戦」を専門とするアメリカの歴史学者が立ち上がった。

アメリカ人歴史家が従軍慰安婦性奴隷説の嘘を告発「これは歴史に対する冒涜です」


「民主党を否定するのが民主主義」あれ?:最近の「ジョークのような真実」の数々!


また民主党の「反日親韓行為」や「韓国の反日行為」については前に集めておいたこんなものを再掲しておこう。
「マスコミは日本の敵です」西田昌司議員:民主党もオウムも同じ穴のムジナですナ!

【超人大陸】野田首相はN氏の娘の結婚式に蓮舫氏と共に出席

字幕【テキサス親父】日本のH-2Aロケットが打ち上げた韓国の衛星

いずれにせよ、テキサス親父がいうように、韓国にとって「敵国No.1=日本、敵国No.2=北朝鮮、敵国No.3=アメリカ」なんだヨ。韓国人のインテリたちがそう言っているわけですナ。

「国交断絶」はもはや「仕方ない」ネ。

それにしても、この「匿名記事」の作者は誰か?

ウォーリーを探せ!ですナ。


「追記」:
朝日新聞が報道 「平和甦る南京」の写真特集 (田中正明)
e0171614_8302729.gif

朝日新聞が報道 「平和甦る南京」の写真特集 (田中正明)から
http://www.history.gr.jp/~nanking/peace.html

 いわゆる「南京大虐殺30万」などは全くの虚構で、中国の作り話にすぎない。
だが、このえん罪は日本民族永久の恥辱であり、ぬぐいがたい歴史的汚点である。
当時朝日新聞が報道した数々の写真や記事は、南京占領当時のありのままの姿を映した第一級史料である。

 しかるに、戦後「朝日」は一転して「南京大虐殺」をはやしたて、ついに小・中・高校の教科書にまで掲載されるに至った。
 真実は1つしかない。「朝日」よ、売国的改ざんはやめよ。

“朝日新聞が報道「平和甦る南京」の写真特集”表紙

[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-03 12:53 | 従軍慰安婦・南京大虐殺捏造

<< 時事放談:北朝鮮外交官、ケリー... フレッジの「一発芸」:なんだフ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE