こういうシコリアンは本国へ強制送還してもらいましょうか!?

みなさん、こんにちは。

TBSやウジテレビ、電通NHK,そして朝鮮朝日、さらには中韓毎日などなど、いまや中央のマスゴミは完璧なまでに「5識」しかない朝鮮民族の独壇場の様相を呈している。もはや暴走状態である。

一方、意外や意外、地方のローカル放送局、それも各市町村のケーブルテレビなどで作っている民放の健全なこと。一昔前の古き良きNHKのようである。地元の子供達や地元の学校の公式戦など大手メディアでは何の価値もないとしか見えないものだけを報道する。小学生の少年野球大会、中学生のバスケやサッカー大会、どこかで見た子どもたちの熱戦が繰り広げられている。それをレポートするのも地元の青年。どこにもタレントはいない。それがいいのである。

さて、そんな中央のメディアは豊富な(一説には25兆円/年ともいわれる)パチンコマネーのおかげで、完全に在日朝鮮人の巣窟と相成った。そもそも各社には朝鮮系メディアがマンツーマンディフェンスで張り付いているから、いつしかそれが合体したのかもしれないが、もはやどっちが日本でどっちが朝鮮かすら区別できない。そんな状況のようである。

そんなことを彷彿させるものが、これ。
本気で毎日新聞グループは潰れて良いのでは

先月
カジノ?いらないよ
でカジノについて取り上げましたが、

【 ■ セガサミー、韓国合弁企業がカジノ施設を取得】
 セガサミーホールディングスは7月1日、同社と韓国においてカジノの運営、ホテル、スパ等の経営を行うParadise Co., Ltd.によって設立された合弁会社PARADISE SEGASAMMY Co., Ltd.が、仁川国際空港隣接の国際業務地域(IBC-1)でParadise Groupが運営しているカジノ施設「Paradise Casino Incheon」を同日付けで取得したことを発表した。

 PARADISE SEGASAMMYはIBC-1において、カジノを含む複合型リゾート施設の開発、運営を計画。今回の「Paradise Casino Incheon」の取得は、2016年に予定されている本施設の開業に先立つもので、「Paradise Casino Incheon」のライセンスを活用した上で施設規模を拡張し、韓国において初となるカジノ併設の大規模複合リゾート施設を開発するとしている。
(2013年7月2日) 月刊グリーンべると

こうしてパチンコ業界は着々と
日本でのカジノ合法化に備えて動いているようです。
きちんと暴力団や悪徳業者が関与できないようにして
徹底的に管理できるのなら良いかもしれませんが、
維新の会などが主張するような
都市部の一角でやるような形は治安等の維持も難しくなります。
島や砂漠のど真ん中に有名なカジノがあるのは偶然ではありません。

そしてそのカジノに対して日本ではこうした在日マネーが
真っ先に入り込もうとしていますし、
カジノ合法化を通してパチンコという非合法賭博を合法化させよう
というのも彼らの狙いの一つです。

(以下省略)

この最後の方に2,3面白いものがある。

1つは、「隠れ民主党」の話。選挙では「民主党」と銘打つとまずいと思って、「無所属」で出ているが、実態はまったくかわらないという「元民主党議員」の名前が出ていることである。だから、こういう連中は当選すれば、また「民主党」に集結する。

これを「選挙のための無所属プレイ」という。そういうのはこんな連中だという。
山崎泰(維新の会、元民主)
e0171614_1612893.jpg

高井たかし(民主党の前衆院議員)
e0171614_16125022.jpg

坂口岳洋(山梨)
e0171614_16132128.jpg

植松恵美子(香川選挙区)
e0171614_1614734.jpg

(基本的に、これらの人は、目のベースラインがつり上がっているというとこですナ。「ハンベーダー」かもしれないゾ。)

いやはや、困った連中である。

さて、もっと面白いのは一番最後のこの話。「在日は武器」という話題。

つまり、昨今では、冒頭で見たように、大手マスゴミには「在日特権」があるらしい。言い換えれば、「在日指定枠」なるものがあるというのである。(ちなみに、どうやら日本の大学にもこれがあるらしい。これが本当かどうかを私個人はリサーチ中である。さもなくば、細野モナ男が、京大法学部卒などちゃんちゃらおかしい。入れるはずがない。)
在日は武器。
e0171614_1616233.jpg

そして、そういう在日君が大手各社の新聞社の記者になると、結局どんな仕事をするようになるか?

結局、行き着く先は、「反日記者」に直行便。

これを物語るものが、これ。
2006年9月28日 佐賀県知事による質疑応答 (1/2)

この中で、毎日新聞記者を銘打って、たいへんのんきな質問をしているのが、この”謎の”人物。
毎日新聞・朴鐘珠記者に励ましの電話を!
話題沸騰!! 毎日新聞佐賀支局の朴鐘珠記者の名詞を極秘入手!!
e0171614_16221879.jpg


毎日新聞 佐賀支局
朴鐘珠(ばく ちょんじゅ)

〒840-0811(佐賀支局)
佐賀市大財1−7−11
TEL:(0952)23-8108 FAX:(0952)26-1284
携帯:(090)1851-0369
E-Mail:mail@parkchongju.com

「天皇が来る意味って?」 毎日記者発言ネットで騒動

私個人は、この事件はまったく知らなかったのだが、7年ほど前にあったようである。

こういう人物がそのうち国会議員になろうとしたりするからたちが悪いのである。

問題が生じる前に、こういう反日行為を行った連中は即座に「日本版FBI」を作って、

「ハワー、ユー、ドゥーイング?(やあ、元気かい?)」

と毎日挨拶に行ってもらうのがいいのかもしれないですナ。

おそらく、もっといいのは、誰かに殺害されてしまう前に本国に強制送還して身柄を確保してやることだろうヨ。日本人にもいろんな恐ろしいやつがいるからナ。
だから、俺は

「日本政府よ、はやく銃刀法改正しろ」

と言っているわけですナ。さもなくば、日本は守れない。

それにしても、「在日天国、日本」ですナ。

うらやましいかぎりだ。きっと本国朝鮮人もそうおもっているにちがいないゾ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-09 16:31 | 反日・在日の陰謀

<< 岡潔「人間の建設」にみる憲法前... 岡潔 「人とは何かの発見」:い... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE