暑い暑い夏の熱〜〜い応援「オオサコ〜〜!ヨウイチロウ〜〜!」:これが真実のファンの声!

みなさん、こんにちは。

先日の東アジア杯のサムライジャパンの優勝。それにくらべて、ザックジャパンの不甲斐なさ。その差はどこにあるのか? そう、本田、香川、内田、吉田、長谷部、遠藤、川島に代表される、すべて今の現日本代表の選手たちの不甲斐なさにある。

ザッケローニは、こうした選手たちのエージェントからいくらもらっているのかしらないが、少しもレベルの高い国内組を使わない。今回、使ったのは、わずかに3人。柿谷、豊田、山口のみ。

この暑い夏にはるばる日本をわたって応援しに行った日本の若者たちの声援が熱い。以下のものである。

これを見たら分かるように、よくサッカーを知っている応援団のファンたちは、だれの名前を叫んでいたか? 日本サッカー協会のスタッフたちはまずその声をよく聞くべきですナ。

”おおさこ〜〜”、”よういちろう〜〜〜”、”ほたる〜〜”

と聞こえたがネ?

なぜ大迫を代表に呼ばない。

豊田、柿谷、大迫の3トップの方が、前田、香川、本田の3トップよりはるかに強力である。

まあ、俺はそう思うがネ。

もっとも、うしろが、内田、今野、吉田、長友(酒井)の「ざるそば」ではいくら前が良くても失点を防げない。この4人なら国内組の、中澤、トーリオたちの方がはるかにましだと思うナア。

いやはや、ザック日本崩壊。

なんとかならんもんでしょうかネ?

いずれにしても、セルジオ越後監督しかいない。セルジオ静置後は救世主となりうるか?
[PR]

  by kikidoblog | 2013-08-20 16:39 | サッカー&スポーツ

<< 高知の「よさこい」vs徳島の「... 米CIA「エリア51」認める!... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE