バルサユースの久保くん衝撃の凱旋デビュー:この世代で渡欧しないかぎり世界トップは無理!?

みなさん、こんにちは。

10歳でバルサのユースに渡った久保くん。ここでも以下のものでメモしていた。
「セクシーサッカーでW杯優勝を!」:ついに来るか、乾貴士時代?

いま日本の大会で大活躍中という。以下のものである。
バルサ日本人小学生の久保くん鮮烈ゴール

e0171614_17333142.jpg

<サッカー:U-12ワールドチャレンジ2013>◇27日◇東京Vグラウンド

 バルセロナの下部組織でプレーする日本人小学生の久保建英(たけふさ)君(12)が、注目の凱旋(がいせん)試合で鮮烈なゴールを奪った。
 開幕ゲームとなった1次リーグ(25分ハーフ)の東京V戦に、4-2-3-1布陣の左ウイングで先発。開始から59秒、ペナルティーエリア内でパスを受けると、左45度の位置から利き足の左で強烈なシュートをたたき込んだ。
 その後も素早い判断に的確なボールコントロール、タイミングのいい動きだしで次々とチャンスを演出するなど、日本の名門チームを子ども扱い。ハーフタイムにベンチに退いたが、後半途中からボランチで出場すると、絶妙なスルーパスも披露。何でもこなせるポリバレントな能力を見せつけ、チームも一方的な内容で4-0と快勝した。
 続く2戦目のC大阪戦も、第1戦に続いて左ウイングで先発出場。前半15分、得意のドリブルで持ち込み、またも左45度の位置から強烈な左足シュートで先制ゴールを奪った。久保君は前半だけでピッチから退いたが、バルセロナは大人さながらの技術、戦術を見せつけ、5-0で大勝した。
 この日、久保君は2試合で2得点と期待にたがわぬ大活躍。新シーズンに向け、チームはまだ2回しか練習をしていない中で、周囲との息の合ったプレーは光った。
 そんな久保君の出来について、ナバーロ監督は「ポジティブなプレーだった。ゴールも決めてくれたし、我々は満足している」。久保君のプレースタイルが誰に似ているかと問われると、同監督は「イニエスタのようだし、今日はウイングでプレーしたという点でペドロのようだった。ただ誰かのようではなく、タケフサはタケフサであってほしい」と期待を込めて話した。
 久保君は世界随一の名門クラブ、バルセロナから将来性を買われ、川崎Fの下部組織に所属した小学4年生の夏に10歳でスペインへと渡った。「日本のメッシ」として注目度は高く、この日の試合会場には、久保君見たさに約2000人もの観衆が押し寄せ、多くのテレビカメラが姿を追い続けた。
 なお、大会は30日まで行われ、海外からはバルセロナのほか、リバプール(イングランド)、チョンブリ(タイ)が参加。Jリーグの下部組織、東京都選抜を加えた計12チームが優勝を争っている。
 [2013年8月27日17時17分]

さて、そんなバルサのユース、カンテラの子たちはどんなプレーをするのだろうか?
おそらく、この夏に同じ12歳の小学生大会を見た人たちは衝撃を受けるにちがいない。
FC Barcelona - Els millors gols del planter de la temporada


欧州のプロに大人になってから行くのは難しいが、それでは技術的には遅すぎる。男子は12歳まで。その前に海外に行かなくては世界トップにはなれない。残念ながら、サッカーに関してはそれが現実である。

久保くん世代が日本代表にならない限り、日本がW杯優勝はない。ちなみに、韓国人も送り込んで送り込んでいるようですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-08-27 17:44 | サッカー&スポーツ

<< シリア戦争勃発の危機!:「明日... メッシ+ネイマールのバルサ強す... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE