「ケリーさんが羊に」!?:世界は「暴力による洗脳支配」の時代に舞い戻ったのか!

モサドのイスラエル人デーブ・スペクター

このゴイム。あんた、頭変ですネ。
ーー デーブ・スペクター


みなさん、こんにちは。

いやはや、これまた”痛〜〜い”話が飛び込んできた。今度もまた、物理的に痛い話である。

(あ)ビル・クリントン大統領の話。

その昔、ビル・クリントンがかなり深い「洗脳」を受けたという話があった。これである。
Fritz Springmeier CIA Bill Clinton Mind Control

快活な朗らか人間が突如として、凡庸な無表情の無機質の人間に化する。

そんな場合、人は洗脳を疑うのである。

フリッツ・スプリングマイヤーは「悪魔の13血統」という本を書いて逮捕投獄された。そして何とかお金を渡して、刑務所から出してやったのが、亡き太田龍であった。お金を工面して投獄から解放したのである。

だから、スプリングマイヤー自身投獄中に実体験したはずである。

ジョージ・ブッシュ・ジュニアの作ったキューバのグアンタナモ収容所はもっと怖い。中世のヨーロッパでやっていたような拷問の数々を現在もやっているらしい。(日本には韓国がある。韓国へ送り込むといえば、グアンタナモ並みの恐ろしさがあるだろう。)

さて、そんな洗脳を受けると、「目が飛ぶ」と言われているのである。テリー伊藤のような顔になる。特に、普通は右目が飛ぶ。ロンパリになるらしい。ここを覚えておいて欲しい。

暴力によって洗脳された場合、右目が飛ぶ。(結構いるよナ。)

あのカーター大統領も最近になって人相が激変した。
e0171614_1758786.jpg

e0171614_1758497.jpg


(い)ケリー長官の話。
最近、ケリー長官がそんな感じになってきたらしい。以下のものである。
Why Did John Kerry, 70, Mutilate His Face?
e0171614_17535713.jpg
この記事では整形ということになっているが、確かに整形もあるのだろうが、暴力による変形を治療するという目的もあるのだろう。

その証拠がこれらしい。最近ネット上で騒がれているものである。
ネタニヤフ首相がケリー長官を犬のように殴打しました!
NETANYAHU BEAT JOHN KERRY LIKE A DOG, CLAIMS SENATORIAL AIDE
e0171614_17593925.jpg

9月16日付け:
ケリー長官の側近の政府関係者によると、イスラエルのネタニヤフ首相は米ケリー長官をまるで犬のように扱い、彼を殴打したとのことです。

「ドアが閉まると同時に、豚がうめくような声と家具が投げつけられているような音が聞こえました。すると、ケリー長官はネタニヤフに向かって、ノー、ノー、ベンジャミン(ネタニヤフの名)、神に誓って言うよ、あれは私じゃない。あれはバカなロシア人がやったのだ、とネタニヤフに訴えていたのです。その直後にケリー長官が殴打されたような音が聞こえました。その時、ケリー長官は苦痛や怒りの叫びをあげましたが、再度、ケリー長官が叩かれるか、殴られたような音が聞こえたのです。次に、ネタニヤフは、ケリーに向かって、お前にお金を払っているのは何のためだと思ってんだ、と金切り声でののしっていました。その直後に、2人のイスラエル人の警備員が私をドアから引き離したのです。そして5分後に、ケリー長官が少し血が混じったアザだらけの顔でドアから出てきました。 ケリー長官のシャツのボタンも取れていました。ネクタイも結び目から下がはさみで切られていました。彼は泣いていたと思います。」と政府関係者が告白しました。

ちなみに、ネタニヤフとはこの人。
e0171614_1815770.jpg

私が米国留学中はイスラエルの米大使だった。結構ナイスガイで人気者だったのだが、今では極悪非道のギャングのボスである。この人は311東日本大震災の時に「どうだ。まいったか。俺がやったんだ。いい気味だ。」と言ったという札付きの悪だ。

メーソン33階級のメーソンの皇太子のような人のいいケリーさんでは、「ケリーさんの羊」にすぎないだろう。

ちなみに、宇野正美の研究によってすでにだいぶ前に分かっていることだが、「イスラエルの金」といっているが、その大半の出処は我が国日本なのである。

悪魔の三角貿易によって、日本が米国債を買う。すると、それがイスラエルに行く。イスラエルは南米の麻薬組織に武器弾薬を輸出する。そこで栽培した麻薬をアメリカに売る。その金がブラック資金になっていく。

とまあ、こういう感じの仕組みになっているらしいですナ。

そんなわけで、ブラック・マネーからケリーに金が行く。しかし、ケリーさんなかなか政治的にうまくいっていない。そこへ、鬼の形相でネタニヤフがやってきた。その場面が上のものらしい。

いやはや、ヤクザの上を行っていますナ。

では、そのネタニヤフの顔を殴る奴はいないのか? 

どうも私の印象では、それはエイリアンですナ。ネタニヤフは宇宙人に脅されている。そんな感じである。

たぶん羽根の生えたレプティリアンタイプだろうか?
e0171614_22464797.jpg
e0171614_22464371.jpg

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_97.html


(え)今度は国内のもの。

高校のバレー部の監督が、平手打ちの常習犯で、これによって選手を精神的に支配していくというものである。まあ、その筋の古典的な手法ですナ。愛の鞭とは異なる。愛の鞭のビンタは、その相手の将来を見て、人生でたった一度とかというレベルの稀なお話である。

日常的に手を上げて恐怖支配するのは、極悪非道の外道のやり方である。上のネタニヤフのやり方である。
男子バレー部で体罰、部員の頬を十数発平手打ち ネットに動画が投稿

浜松市東区の私立浜松日体高校(松田清孝校長)で男子バレーボール部の監督を務める男性教諭(41)が、男子部員の頬を平手で十数回たたく体罰をしていたことが17日、同校への取材で分かった。
体罰の様子を撮影した動画が15日に動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿され、視聴した保護者からの指摘で発覚した。
同校によると、教諭は今月15日、同部が遠征した岐阜県内の大学体育館で、練習試合中に2年生部員1人の顔を平手で12~13回たたいた。
同校の聞き取りに対し、教諭は「気合を入れるためにやった」と事実を認め、同じ試合中に別の2年生部員1人にも平手打ちをしたことも認めた。
教諭は1996年4月に監督に就任。過去にも体罰を加えたと話しているという。同校の塩沢敏隆教頭は「あってはならないことだが、体罰はあった」と述べ、今後、生徒と保護者に事実関係を説明して再発防止を徹底するという。

一度、この人をグアンタナモか、エルサレムに留学してもらったらどうだろうか? 白人の拷問支配を勉強してきたらどうだろうか? 生きて帰れたらいい勉強になるはずである。


いやはや、レプの世界は体罰が必要。そんな感じの話ですナ。

世も末ですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-09-18 18:46 | コンスピラシー

<< 日本人差別の時代?:ああいえば... 米青年韓国人に道聞いたら暴行さ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE