北朝鮮行きが欧州白人で超満員の理由がわかったヨ!:北朝鮮の開国が近い!これだナ!

みなさん、こんにちは。

先日、
「高句麗を訪ねる」:北朝鮮のルーツは高句麗。美人の産地!
をここにもメモしておいた。

が、そのブログ記事の中でどうしてか一箇所だけ気になることが存在した。この部分だけがどうしてなのかよく分からなかった。これである。
平壌行き飛行機の空港、欧米人で超満員。
e0171614_1646131.png

一応それについては私は次のようなメモをしていた。
ところで、表向きの政治情勢とは隠れて、しっかり欧米の白人たちがたくさん来ているらしいですナ。

はたして何が目的でしょうか?

もちろん、北朝鮮こそ、影のタックスヘイブンの最大国。そういうところで、闇資金として自分の財産を隠しておくんでしょうナア。というのも、ゴルゴ13で有名だった、スイス銀行(ロスチャイルド系)は、最近個人預金は一切受け付けないという法律改正しましたからナ。創価学会池田大作の闇資金もそれのせいで、ブラジルかどこかに移ったという噂が一時飛び交った。しかし、本当のところは北朝鮮に眠っているのでしょうナア。前原誠司の故郷北朝鮮。

これからは、前原誠司の時代ですナ。ミンス党やめて自民党に移ったらどうでしょうか?
お得意の北朝鮮語もきっと非常に役立つのではないでしょうかネ?

というように、一応その時の印象をメモしていたが、どうやらその理由が分かったので、それもメモしておこう。

まず、このニュースである。
北朝鮮、ぜいたく品の輸入急増 洋酒やテレビ、パソコンなど
【ソウル共同】韓国与党、セヌリ党の尹相現議員は14日、北朝鮮で国連安全保障理事会の制裁決議により禁じられているぜいたく品の輸入が年々急増し、2009年に約3億2千万ドル(約314億円)だったのが、昨年は約6億5千万ドルと倍増したと明らかにした。
 決議に基づき韓国政府が指定したぜいたく品リストを基に、韓国の関係機関が算出した。
 幹部の宴会などで使用される洋酒や、テレビやパソコンなど電子機器の増加が顕著だったほか、欧州のペット犬や個人用の高級サウナ設備なども輸入していた。

要するに、表向きの「北朝鮮サンクション(経済制裁)」という政治情勢の裏で、濡れ手に粟作戦のように、こっそり「抜け駆け」して北朝鮮エリートに文化製品を売りつけてボロ儲けしている欧州の白人(たぶん、偽ユダヤ人)がいるということですナ。

そして、こういう西洋人ビジネスマンたちの前で、例のワン・ジェサン芸術団がショーを見せる。どうやらこんな感じなのだろう。

いずれにせよ、これまた西洋白人の「ズルさ」が目立つ。北朝鮮の周辺国には「6カ国協定」だなんだのといって、輸出制限をかけさせておきながら、こっそり自国製品や自社製品の贅沢品やら文化品やら白物家電を売っていた。犯罪行為ですナ。スパイ行為といってもいい。

とはいえ、すでに北朝鮮はそういうものを欲する段階に来ているということである。

おそらく、これは「北朝鮮の鎖国終焉、北朝鮮の文明開化」の時代がすぐそこに来ている。そういうことだろう。

韓国人と在日韓国人朝鮮人による「北朝鮮拉致被害者」問題という、一種のヤラセ問題で、これまた妄想を信じていると、そんなことの裏で、実際にはすでに欧州企業と北朝鮮企業の蜜月が始まっていた。こういうことに気づかない。そしてまた、企業の受注競争で出遅れる。どうやらこんな未来予測が成り立つ。

というわけで、私個人の見解としては、日本の企業や経済界は、あまり拉致被害者問題に偏らないほうがいいということになる。むしろ、北朝鮮との早期国交回復を目指して、先に経済協力から始めた方が良さそうだということになる。こうすれば、「無慈悲な攻撃をお見舞いされる」可能性は減る。

やはり、経済協力を進めて、日本企業製品を北朝鮮に売っていくためには、まずはじめに日本に「ワン・ジェサン芸術団」を招致するというような文化交流から始めて、そこから次の日本製品の輸出に持っていくというような手法が一番理にかなっているのではなかろうか?

さもなくば、欧州の偽ユダヤ人が裏で暗躍し、欧州犬やら、欧州サウナやら、何でも欧州製品がまかり通る国に北朝鮮がなってしまうかもしれないですナ。

やっぱり西洋白人はずるかった、というわけですナ。(たぶん、フランス人。金正恩は仏留学組だというからネ。)

いずれにせよ、これらすべての情報が意味することは、意外に北朝鮮の開国が近いかもしれないということであろう。

グッバイ韓国、ウェルカム北朝鮮!

という動きが、然るべき筋の間では始動中ということを意味しているんでしょうナア。

まあ、ライバル国である周辺のアジア諸国には、「北朝鮮が核開発するから貿易は禁止だ」。日本には「拉致被害者問題があるから貿易や交流は禁止だ」というように歯止めをかけるお役目がアメリカの役目。その間にお仲間の欧州ロスチャの軍団がこっそり大儲け。

いずれにしても、アジアの政治家は馬鹿なんですナ。

そんな風景が垣間見えてきた今日このごろである。

いやはや、世も末ですナ。



ーーーーーーーーーーーー
[PR]

  by kikidoblog | 2013-10-14 16:52 | 北朝鮮・高句麗

<< 【緊急拡散!】安倍内閣が韓国人... 今日は私の誕生日:「清王朝崩壊... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE