ザックジャパン崩壊。「 残念」の一言!:それにしても香川真司のピッチ態度が悪かった!

みなさん、こんにちは。

いやはや、ザッケローニの敗戦記者会見
ザック「先頭に立って原因探る」/一問一答
e0171614_1154374.jpg
まだやる気?早く辞任して!

<親善試合:日本0-1ベラルーシ>◇15日◇トルペドジョジノ

 サッカー日本代表はベラルーシ代表と初対戦して0-1で敗れ、欧州遠征を無得点での2連敗で終えた。

 試合後のザッケローニ監督の記者会見は以下の通り

-W杯に向けてできた点、修正すべき点は

 海外遠征を組んでもらった理由はホームでやるときとアウェーでやるときの内容に差ができてしまうと認識していたから。この遠征を通じてどういう風に戦ったらアウェーの地で、勝利に近づけるのか、可能性が高まるのか、知るためにきた。アジアを出ると自分たちの戦いできない。それに関しては私の責任。自分が先頭に立って、どうすれば解消できるのかを、やっていかなければいけないという気持ち。

 試合ですから相手があることで、今日のベラルーシは非常にいいパフォーマンスだった。選手に言っていることだけど、欧州での4試合(10月、11月)の結果で自信を失うのではなく、自分たちの課題をいかに解消していくのかと、前向きな話をしている。私自身が先頭に立って、何が原因かを、ホームとアウェーで差が出るのは何故なのかという原因を探らないといけない。

-3-4-3布陣を試した理由は

 前に進めることができなかったから打開するために内田と長友のポジションを高い位置にして、3枚のFWを助ける形にした。チームにまとまりができて、いいリズムで攻撃ができたが、長友がけがで交代を余儀なくされて、もとに戻した。長友は1対1の攻撃の勝負ができる選手。ボールの出どころを抑える守備ができて、いい距離でできるようになった。攻撃は少しだけどよくなった。

-システムを替えるのではなく、選手を替えるのも手ではないか

 ゲームの流れによって替える。今日のゲームはボールの奪いどころが低かった。3トップに中盤の4枚をコンパクトにすることで人数を増やし、ピッチの中央でボールが奪えるのではないかと考えた。長友のスタートポジションが高いところにあることで、攻撃がよくなると考えた。攻撃に重きを置けるシステム。

-交代に関しては

 60分くらいまで同じ布陣で戦って、その後で新しい選手を試したいというプランだったが、山口や森重という新しい選手がいい形で入れたし、いい内容だったと思う。今日の試合はこの2人がファーストチョイスだった。

 [2013年10月16日5時1分]
も出ていたので、読んでみたが、あまりにひどいので、これについてもメモしておこう。

まずは、韓国電通マスゴミが手ぬるい。それもそのはずである。なぜなら、韓国にとっては日本代表が弱い方がいいのだから、このまま行って欲しいと願っているわけだヨ。だから、どうでもいい質問しかしない。これが欧米なら、腐ったトマトや卵を投げつけられる!。そういう差があるのである。日本だから、ザッケがのんべんたらりとやっていられるが、南米ならまず命はない。そういうものがサッカーである。サッカーは単なるプロスポーツではない。一国の未来すら決めかねないものなのだ。

私はもう何十年とサッカーを見てきているが、W杯の本戦とその直前のコンフェデレーションズカップの成績は、非常によく対応しているのである。直前のコンフェデで良い結果を残せたチームは、その後のW杯でもいい成績を残せる。確かに、コンフェデで優勝するとW杯の本戦で優勝できないとかのジンクスはあるが、大筋では100%対応しているのである。

つまり、コンフェデ杯で予選リーグ突破できなかったチームは、その後のW杯においても予選突破はできない。そういうことになる。

したがって、現ザックジャパンには「答えが出ている」のである。コンフェデ杯3連敗で敗退した段階で、このチームはもうダメ、W杯本戦には通用しない、ということである。(だから、本田はインタビューを避けたし、号泣したのである。そんなことは本田にも分かっていたのである。)

だから、私はザッケローニはそれが分かっているはずだから、辞任するだろうと予想した。しかしながら、ザッケローニは辞任しなかった。

なぜ?

おそらく金である。イタリアは景気が悪い。自分の家業のホテル経営がある。そのためにもいま金が欲しい。だから、辞めることが出来ない。そういうことだろう。

ザッケローニや本田や長友の「子供時代からの夢」や思惑のために、我々の夢を破壊されてはたまったものではない。日本サッカーの歴史や伝統を潰されてはたまらない。我々は何十年も前からこの日のために生きてきたのである。この日のためにサッカーを汗水たらして続けてきたのである。

本田には自分のことしか眼中にない。それが在日特有の精神状態だ。やはり本田も在日なのではないのかいナ?実に怪しい。韓国人なら韓国代表になればいい。北朝鮮人なら北朝鮮代表になればいい。なぜ日本代表になる? 本国のためだろうが。日本代表を弱体化させるためだろう。そういうものをスリーパーという。

いずれにせよ、コンフェデ杯の初戦で、まだ荒削りで若いブラジル代表に「何も出来なかった」と感じた時点でもうこのチームはだめだったのである。昨日の試合は、負けているのに、日本選手がみんな「笑顔」や「へらへらと笑っていた」。普通の日本人選手なら「泣いている」。高校サッカーであれ、何であれ、負けそうになると泣くというのが、ごく普通の日本人選手のメンタリティーであり、試合後は号泣するものである。(なでしこキャプテンの宮間選手が敗戦の度に目を真っ赤にして泣いている。それが日本人である。だからうまくなる。

涙も見せず、人の顔も見ず、相手の目も見ないでインタビューに答える長谷部や遠藤。

もはや尋常ではない。つける薬なし。

これが私個人の印象である。

ここ最近みた日本代表の中で最悪のチームである。

しかし、この原因を作った張本人は香川真司である。こいつが来てからすべてが悪くなった。
昨日の試合もまったく走らなかった。自分が上がるまで、一旦後ろに下げ、そこからサイドに展開し、最後は俺に合わせろという、自己中プレーのオンパレード。味方のだれかのために捨て駒になる。味方のために汗をかく。こういう精神は微塵もなかった。

さらには、自分がミスをしたら、「くそっと芝を蹴る」。味方のパスが通らなかったら「天を仰ぐ」、「手をたたく」、「つばを吐く」。こういう非常に後味の悪さの残る態度だった。

これは、私も自分の息子や高校生たちに試合中に「絶対にするなよ」と何度も何度も口酸っぱくして言いつけてきたことである。なぜなら、それをやるとどういうわけか運気が下がるからである。つきがなくなるのである。ポストに弾かれる。バーに当たる。そして中に入るのではなく、外に出る。こういうことが起こるのである。

これを一言で「心掛け」と呼んでいるわけですナ。「心掛けの悪いチームは負ける」のである。

高校のサッカー選手たちでもしないことを香川真司は日本代表のピッチで頻繁に行っている。こんな選手だらけなんだから、どのチームからも馬鹿にされるし、尊敬はされない。U18日本代表を見習ったほうが良さそうですナ。

ザックジャパン崩壊。

残念である。




ーーーーーーーーーーー
[PR]

  by kikidoblog | 2013-10-16 11:31 | サッカー&スポーツ

<< 河野洋平と石原信雄の国会証人喚... ザッケローニの解任はまだか?2... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE