「君をのせて」映像は、「08年8月4、5日」のものだった!:中には逸材も!?

秋川雅史×手嶌葵 テルーの唄 もののけ姫


みなさん、こんにちは。

昨日ここにメモしておいた、久石譲さんの800人コンサートは、いつの頃のものだったのだろうか?

調べてみると、どうやら「2008年8月4、5日」に行われたものらしい。以下のニュースである。
久石譲が武道館で宮崎アニメを一挙演奏 3万人が酔いしれる

e0171614_8583953.jpg

 音楽家の久石譲さんが8月4、5日の両日、東京・九段の日本武道館で宮崎駿監督作品の音楽を一挙に演奏するコンサート「久石譲in武道館」を開いた。追加公演を含めた3公演はすべて完売で、約3万人が来場した。

 200人のオーケストラ、800人の合唱団、100人のマーチングバンドを従え、「崖の上のポニョ」など9作品を演奏した。

 コンサートの幕開けは、2人の出会いとなった「風の谷のナウシカ」。巨大スクリーンに映された映像をバックに、これまで演奏されることが少なかった空中戦の場面の曲も披露された。

 続く「もののけ姫」「魔女の宅急便」は、組曲形式で演奏。「ポニョ」コーナーでは、オープニング曲「海のおかあさん」を歌ったソプラノ歌手の林正子さんのほか、久石さんの娘の麻衣さん、特別ユニット「藤岡藤巻と大橋のぞみ」が出演し、愛らしい振り付けで主題歌を披露した。

 「天空の城ラピュタ」は、中高生によるマーチングバンドが、一般から公募で選ばれた合唱団とともに主題歌「君をのせて」など3曲を演奏した。

 ピアノと管楽器でジャズ風に聞かせた「紅の豚」コーナーの後には、宮崎監督からのビデオメッセージが流れ、「久石さんと出会えたことは幸運。長生きして頑張ってください」というコメントに会場がわいた。

 「千と千尋の神隠し」では、平原綾香さんがゲストで登場。メインテーマ曲「あの夏へ」と、この日のために歌詞が付けられたエンディング曲「ふたたび」を熱唱。「ハウルの動く城」の「ケイヴ・オブ・マインド」は、金管楽器を客席の両端に立たせ、奥行きのある世界観を演出した。

 「となりのトトロ」からは「さんぽ」や「風の通り道」など、人気曲を相次いで演奏した。5日の夜公演は「トトロ」コーナーの後に宮崎監督がサプライズで登場。ステージに駆け寄り、久石さんに花束を贈ると、会場からはどよめきと大きな拍手が巻き起こった。

 最後は「もののけ姫」の「アシタカとサン」。久石さんのピアノに始まり、静寂に溶け込むような甘美な合唱で締めくくられた。

 ※「ジブリをいっぱい」では、「ポニョ」の音楽制作に取り組む久石さんを追った連載を始めました。詳しくはこちら。

(2008年8月6日 読売新聞)

昨日の「天空のラピュタ」は、上の赤字の部分に対応している。「中高生のマーチングバンド」と「一般から公募で選ばれた合唱団」の混声合唱団である。だから演奏は基本的に子どもたちが行っている。これである。
(上のオリジナル映像がこれ。)


「君をのせて」アニメソングの霊的力:フィリピン諸島の方々のご冥福を祈ります。


ところで、一番最初の「秋川雅史×手嶌葵 テルーの唄 もののけ姫」というのは、歌手の手嶌葵さんという女性の歌で始まる。現在26歳。2008年には21歳。この人である。
手嶌葵
e0171614_945211.jpg

この女性と、「天空のラピュタ800人コンサート」の映像の一番最初に出てくる女の子の顔が瓜二つなのである。この女子である。
e0171614_981189.jpg

(一番左の背の高い女子)

はたして同一人物なんだろうか?
手嶌さんも無名時代にこのコンサートで歌っていたのだろうか?

いずれにせよ、宮﨑駿+久石譲のアニメ+音楽によって、数多くのミュージシャンや音楽家や歌手が誕生してきている。そういうことがあるのかもしれないですナ。

後の時代を築いていく逸材もこの「800人」の中にはたくさんいたのかもしれない。

今後を見守りたいところである。



おまけ:
秋川雅史×手嶌葵 見上げてごらん夜の星を





e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-11-25 09:13 | アイデア・雑多

<< 台風のような前線が通過中!暴風... 「君をのせて」アニメソングの霊... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE