「大東亜会議共同宣言」vs「カイロ宣言」:どっちが支那人のためだったのか知らないの?

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、最近は歴史を勉強するのにちょうどいいものがどんどん出てくるから面白い。これもメモしておこう。「大東亜会議共同宣言」vs「カイロ宣言」の話である。

(あ)まず最近、共産中華民国がこんなことを言い出したらしい。
「日米安保条約」は「カイロ宣言」に違反
e0171614_1235393.jpg

中、米、英3カ国は1943年12月1日、重慶、ワシントン、ロンドンで同時に「カイロ宣言」を発表した。「カイロ宣言」発表70周年にあたり、「カイロ宣言」の義務を全面的に履行するよう日本に促し、日本政府の軍国主義復活に向けた行動への一切の支持を止めるよう米政府に勧告し、「日米安保条約」を自動的に解除し、「カイロ宣言」の義務を履行することを切に願う。

「カイロ宣言」は反ファシズム戦争という歴史的背景の下、中、米、英3カ国の首脳会談を土台としており、米代表が起草し、中、米、英3カ国の代表による真剣な議論を経て発表されたものだ。同盟国は侵略者を取り締まるとともに厳しく処罰し、国際正義を守るという共通の政治的意向を表明している。その合理性、正義性、有効性は疑うべくもなく、国際法の効力を完全に備え、中、米、露、英4カ国および日本政府を制約する効力がある。

「カイロ宣言」の主な内容は次の通り:

一、軍国主義を撤退的に一掃する。
二、台湾及びその附属の釣魚島(日本名・尖閣諸島)は中国に返還する。

1951年に「日米安全保障条約」が締結され、米国は一方的に日本の無条件降伏の義務を解除するとともに、軍事同盟を結び、「カイロ宣言」の義務をあからさまに放棄した。「日米安全保障条約」は「カイロ宣言」を深刻に違反しており、日米の協定締結を通じた国際義務の逃避にはまったく法律的効力はない。

釣魚島が「日米安保条約」の適用対象という米政府の言い分はさらにでたらめだ。「カイロ宣言」は日本が力ずくで占拠した中国の領土、東北地区、台湾、澎湖諸島などの中国への返還を明確に求めている。締結国である米国はカイロ宣言を遵守し、中国の釣魚島に対する領土主権を尊重すべきだ。「日米安全保障条約」の防衛範囲に釣魚島が含まれるというのはあからさまに中国の領土主権を侵害している。

また、国連安全保障理事会の常任理事国である米国は、2国間または多国間の軍事同盟を結び、集団的自衛権を乱用し、国連の集団安全保障の体制をおびやかしている。「日米安全保障条約」は「国連憲章」の基本原則にも違反し、正当性と合法性を欠いている。

中国は「カイロ宣言」の提唱国であり、「カイロ宣言」の当事国でもある。過去、現在、将来を問わず締結国の中国は「カイロ宣言」を全面的に履行するよう締結国に催促する権利がある。

「日米安全保障条約」の庇護の下、日本は「平和憲法」第9条を改正し、自衛権の解釈を見直し、黄海や東中国海で米国との軍事演習を頻繁に行い、右翼勢力が猛威をふるっている。安倍政権は南京大虐殺、細菌戦、強制労働、慰安婦など反人道的な犯罪を認めず、その行為には悔い改め、反省する意思が見られない。

互いに結託して中国の領土主権に挑み、地域の覇権を求めれば、アジア及び世界の平和を愛する人々の強い非難を受けるに違いない。「カイロ宣言」の効力は永久に不滅だ。日米は徹底的かつ全面的に履行しなければならない。「日米安全保障条約」はあからさまに「カイロ宣言」に違反し、地域の平和と安定を破壊している。こうした世界の平和の潮流に逆流する行動と目的はうまくいくはずがない。(西南政法大学国際法教授 潘国平)

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2013年12月2日

もしこの人の言うとおりなら、当時の中国代表は蒋介石であった。この蒋介石は戦後において初代台湾総統になった人物だから、いまの中国は台湾の所有物(植民地)ということになるはずである。


(い)この「カイロ宣言」というのは、当時日本が「大東亜会議共同宣言」という人種差別撤廃を基調にした国際宣言を出したことに対して、植民地支配を進めてきた欧米諸国が対抗策として出したものである。
「大東亜会議共同宣言」昭和18(1943)年11月6日

(現代語)
世界各国が、民族毎に自分たちの土地を持ち、お互いにたすけあって、ともに国家として発展し、みんなで明るく楽しみをともにするためには、まず世界平和の確立がその根本です。

けれども米英は、自国の繁栄のためには、他国や他の民族を無理矢理押さえつけ、とくに東亜諸国に対しては飽くなき侵略と搾取を行い、東亜諸国の人々を奴隷するという野望をむきだしにし、ついには東亜諸国の安定そのものを覆(くつがえ)そうとしています。つまり、東亜諸国の戦争の原因は、そこにその本質があるのです。

そこで東亜の各国は、手を取り合って大東亜戦争を戦い抜き、東亜諸国を米英の押さえつけから解放し、その自存自衞をまっとうするために、次の綱領にもとづいて、大東亜を建設して世界の平和の確立に寄与します。

1 東亜諸国は、協同して東亜の安定を確保し、同義に基づく共存共栄の秩序を建設します。
2 東亜諸国は、相互に自主独立を尊重し、互いに助け合い、東亜諸国の親睦を確立します。
3 東亜諸国は、相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸ばし、東亜諸国それぞれの文化を高めあいます。
4 東亜諸国は、互いに緊密に連携することで、それぞれの国家の経済の発展を遂げるとともに、東亜諸国の繁栄を推進します。
5 東亜諸国は、世界各国との交流を深め、人種差別を撤廃し、互いによく文化を交流し、すすんで資源を解放して、世界の発展に貢献していきます。

(原文)
抑々世界各國ガ各其ノ所ヲ得相扶ケテ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ世界平和確立ノ根本要義ナリ
然ルニ米英ハ自國ノ繁榮ノ爲ニハ他國家他民族ヲ抑壓シ特ニ大東亞ニ對シテハ飽クナキ侵略搾取ヲ行ヒ大東亞隷屬化ノ野望ヲ逞ウシ遂ニハ大東亞ノ安定ヲ根柢ヨリ覆サントセリ大東亞戰爭ノ原因茲ニ存ス
大東亞各國ハ相提携シテ大東亞戰爭ヲ完遂シ大東亞ヲ米英ノ桎梏ヨリ解放シテ其ノ自存自衞ヲ全ウシ左ノ綱領ニ基キ大東亞ヲ建設シ以テ世界平和ノ確立ニ寄與センコトヲ期ス

一、大東亞各國ハ協同シテ大東亞ノ安定ヲ確保シ道義ニ基ク共存共榮ノ秩序ヲ建設ス
一、大東亞各國ハ相互ニ自主獨立ヲ尊重シ互助敦睦ノ實ヲ擧ゲ大東亞ノ親和ヲ確立ス
一、大東亞各國ハ相互ニ其ノ傳統ヲ尊重シ各民族ノ創造性ヲ伸暢シ大東亞ノ文化ヲ昂揚ス
一、大東亞各國ハ互惠ノ下緊密ニ提携シ其ノ經濟發展ヲ圖リ大東亞ノ繁榮ヲ増進ス
一、大東亞各國ハ萬邦トノ交誼ヲ篤ウシ人種的差別ヲ撤廢シ普ク文化ヲ交流シ進ンデ資源ヲ開放シ以テ世界ノ進運ニ貢獻ス

この大東亜会議共同宣言が11月6日に出されて、そのすぐ1ヶ月あとの昭和18年12月1日に、米英が中心となり、支那の国民党の蒋介石を招いてその3カ国で、共同宣言を行ったものである。それが「カイロ宣言」というものである。

当時「中国」は存在しない。当然、毛沢東の共産党中国も存在しない。つまり、今の中国はまだ存在していなかったのである。支那は女真族の支配する清王朝の「清國」だったのである。清國が崩壊して後、その当時は反乱分子であった「国民党」を勝手に名乗った
蒋介石
e0171614_16594263.jpg

「日本軍南京入城」の記録映画発見!:だれだ「南京大虐殺」なんて嘘ついたやつは!?
が支那代表に据えられただけである。形だけのものだったのである。この蒋介石は、支那本国から追放されて台湾に逃げて台湾初代総統になった人物である。

日本は植民地支配を続けようとする欧米列強に対して、台湾や韓国や満州の統治にみるように、平和的な経済共栄圏を作ったから、それを妨害する欧米の植民地支配には断固として闘いぬきますよ。そういう宣言が「大東亜会議共同宣言」というものであった。

つまり、いまの中国人や韓国人や北朝鮮人がいまあるのも、この「大東亜会議共同宣言」にある日本人の思想の賜物、その結果だったのである。アヘン戦争以来アヘンでボロボロに中国人は冒されていた。それを日本が法治国家に徐々に変えていって、アヘンの災難から近代国家へとアジア諸国を変えていったのである。

まあ、現代風の言葉で言えば、「日本だけがずっとイルミナティーと戦ってきた」のである。つまり、悪魔主義の偽ユダヤと戦ってきた唯一の民族。それが我々日本人である。資本主義も共産主義もぜんぶイルミナティーがゴイム支配のために生み出したものである。

清國が支那になれずに共産中国になったのも、英米人イルミナティーの放った共産主義のためである。

日本はかつてから資本主義でも共産主義でもない。人知主義というような国のあり方を目指してきたわけである。各民族の伝統と文化を基調にした繁栄。こういうものを目指してきたのである。

古代イスラエルが古代ユダヤと袂を分かつきっかけもこれである。この古代イスラエルが東進して大和民族の祖となり、古代ユダヤが西進して英米のイルミナティーの祖になったわけである。

ずっと敵対してきたんですナ。日ユ同祖論なんていうものは根も葉もない戯言である。日イ同祖なのである。


いずれにせよ、中国の大学の教授がこんなレベルではもはやどうしようもないということのようですナ。完全に英米人の悪に洗脳されているようですナ。


いやはや、世も末である。



おまけ:
TBSが最高すぎる放送事故!!!!! 秘密保護法反対デモが在日団体主導だった証拠を全国に一斉報道!!!!!!

しばき隊 平野太一
e0171614_1229343.jpg
韓国人や中国人や在日韓国人を使って「反日工作」をやらせているのもまた英米のイルミナティーなんですナ。要するにアジアが日本中心の平和な共栄圏になってもらっては困る。だから、マイノリティーによる支配という伝統芸をやっているわけである。NHKも電通もその手先。面白いことにそれに気づいたのが自民党。だから、電通やNHKなどのマスゴミがこぞって日本政府の妨害をする。安倍政権は我々日本人の大多数が選挙で当選させた政府与党である。それを一部のミンス党(在日韓国民団が支援)が行った不正選挙をあたかも自民党がしたかのように言って、国民を扇動するわけである。そういう手先にウジテレビやらTBSやら東京新聞やら朝日新聞やら毎日新聞やらトレンドマイクロやらソフトバンクやらイオンやらがなっているというわけである。もはや国内もずたずたにされているのである。どういうわけか、左翼系のブロガーはそれに気づかない。まあ、お仲間だからネ。さて、そんなことを見事に彷彿させるものがあったようである。左翼過激派が作ったしばき隊なる過激派のメンバーが会社員を名乗ってテレビに登場したとか。マッチポンプぶりが全国に放映された。日韓戦の旭日旗もこの連中の行ったマッチポンプ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-12-03 11:55 | 支那・共産

<< 富士山の上に富士山:美しい富士山雲? 1904年NYTimes記事「... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE