三宅博『NHKを解体するのが日本の為だ!!』:私も大賛成だヨ!

みなさん、こんにちは。

ついにきた、「NHK解体論」。以下のものである。
【歴史的質疑】三宅博『NHKを解体するのが日本の為だ!!』NHKを成敗!!平成25年12月3日
e0171614_173123.png



*参考人
NHK会長 松本正之
e0171614_17333165.jpg
(JR東海?アホか。NHKの天下り先じゃないか。)

NHK専務理事 石田研一
e0171614_1731391.jpg
(どうみても在日ですナ。)

NHK専務理事 吉国浩二
e0171614_17444330.jpg
(徹底的にふざけた野郎ですナ。)

NHK専務理事 福井敬
e0171614_1755013.png
(この人もふざけているナ。国会をなんだと思っているんだ。偽証罪で逮捕収監すべきですナ。)


ちなみに島田雄介とはこいつらしい。
e0171614_17405890.jpg
(地方岡山から入って来て徐々に中央に取り行ってくる、忍びの草ですナ。日本人ではないナ。)

これは国会議事録に載っている事実だから、もはやNHKに逃げようはない。

この理由は次のようなものである。
日本の公共放送NHKは世界で唯一外国籍の正社員を大量採用しており、その外国籍社員の大半は日本国籍を持たない在日韓国人である!!! NHK役員「外国籍の社員数は【 把握していない 】
e0171614_16531328.jpg

日本の公共放送NHKは世界で唯一、外国籍の正社員を大量採用している公共放送であり、その外国籍社員の大半は日本国籍を持たない在日鮮人たち。 彼らがニュースの原稿を書き、ドラマの演出をし、ドキュメンタリーを制作して各種番組を編成している。まさに異常事態。

欧米の公共放送は多民族の社員からなる多様な社会を形成しているが、社員は全てその国の国籍保有者。 自国の国籍を有していることがBBCにしろ民放のアメリカ3大ネットワークにしろ採用の条件であり、外国籍の人間を正社員に採用するなどあり得ない話。

NHKの在日鮮人社員らはグループを形成して社内人事にまで口を出し、在日鮮人を芋蔓式にどんどん新規採用している。

我国の放送法・電波法では、放送が外国の宣伝工作機関に陥らないために外国資本の出資を厳しく制限している。 しかしながら重要なのは放送局の職員を外国人に支配されないことの方であり、野党時代に散々偏向報道で煮え湯を呑まされた自民党は速やかに放送法を改正して外国籍社員を排除し、かつ、条文の受信料を視聴料に変更して放送のスクランブル化を図るべし。 そうすればシナチョンに資する売国偏向報道は無くなり、90歳の老女から1年分の衛星受信料先落としなどの悪行も出来なくなる。

いやはや、いずれにせよ、みずほ銀行の宝くじやロト6やロトセブンが韓国への銀行となっているのと同じく、NHKが視聴料を電通を通じて韓国へのクレジットカードになっているのだろうナア。


いずれにせよ、給料が国家公務員の2倍。一般人の数倍。予算も人件費も海上保安庁より多い。しかも「人物本位」という名目で国籍不問。さらにCCTV(支那)やKBS(韓国)で重要情報を敵国にリーク。もはや先進国を恐怖のどん底に突き落としているのがNHKだったということですナ。

NHKの専務理事の悪三兄弟、石田研一、吉国浩二、福井敬は覚えたゾ。みんな同じ顔形しているからたぶん韓流ですナ。

大学入試も「人物本位」になると、すべて外人に乗っ取られるというわけである。けっして大学入試は「人物本位」にしてはならない。ハーバードが偽ユダヤに乗っ取っられたのと同じことが起こるのである。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-12-03 17:05 | マスゴミ

<< 昔のブーメラン発見!:「菅なり... 富士山の上に富士山:美しい富士山雲? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE