徳島ヴォルティス初のJ1昇格!:おめでとう、ヴォルティス。今度はJ1優勝を頼む!

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、ついに徳島ヴォルティスがJ1に昇格を果たした。昇格戦の決勝戦で名門の京都パープルサンガに2-0で勝利したのである。

1点目の千代反田のヘッド
e0171614_910630.jpg

徳島、四国初のJ1昇格 プレーオフ決勝で京都破る

は、まさにマンUのファーディナンドのヘッド、2点目の津田のシュートは、マンUのルーニーのシュートのようであった。実に素晴らしい。

これを記念してメモしておこう。これである。
徳島、四国初J1国立歓喜の渦/昇格PO
e0171614_98716.jpg

<J1昇格プレーオフ:京都0-2徳島>◇決勝◇8日◇国立

 渦潮軍団が四国勢初のJ1昇格を果たした。J2・4位の徳島は同3位京都に完勝し、昇格最後の1枠を手にした。前半39分にDF千代反田充(33)がCKから頭で先制弾、同43分にはエースFW津田知宏(27)が速攻から豪快に追加点を決めた。J2参戦9年目を迎えた無名の雑草たちが聖地国立で輝き、来季は四国勢の悲願だったJ1の舞台に立つ。

 夢のような舞台で、夢のような瞬間が訪れた。徳島の選手は何度も冬の夜空に向かって跳びはね、約800キロ離れた四国からやって来たサポーターが歓喜の歌を響かせた。四国勢の悲願だった初のJ1クラブが誕生した。

 前半39分のCKを、DF千代反田が頭で先制弾。同43分には速攻からFW津田が、つま先で蹴りこんだ。リーグ戦の順位で京都を下回っており、勝つしかなかった。シュート4本という手数をかけない、効率的な攻撃で2点を挙げ、4季ぶり復帰を狙ったJ1の常連京都を下した。

 勝利の余韻に浸った。エース津田は「いろんな思いがこみ上げてきてグッときた。注目されず、J1に行けば目を向けてもらえるんじゃないかという思いがあった。カマタマーレ(讃岐)もJ2に決まり、これで四国が盛り上がる」と心から言った。千代反田も「今、自分たちがやれることを精いっぱいやった結果」。MF斉藤主将は「僕の最高の財産になる」と話し、涙で目をまっ赤にした。

 どん底を味わった男たちの栄冠だ。千代反田は10~11年に在籍した名古屋で、闘莉王の陰に隠れ、出番が少なかった。試合への飢えから練習に没頭したくても、ストイコビッチ監督の方針で居残りは禁止。10年にJ1優勝のピッチに立っていた選手が公園で隠れるように、ボールを蹴る日々があった。FW津田も、名古屋で同期入団の日本代表MF本田圭佑に大きな差をつけられた。もがき、努力し、蓄えた力が師走の国立で輝いた。

 簡単な道のりではなかった。母体の大塚製薬だった90年代はJリーグ準会員申請の直前で反対意見が出るなど足並みが乱れた。補強をしようにも「徳島に来てくれ」と口説けば「(鹿児島の)徳之島ですか?」と聞かれた。練習場を訪れる人は皆無で、中田仁司強化部長は「練習を見てるのはサル10匹。帰りにはイノシシが出た」。試合に負けては酒におぼれる選手もいたという。

 次の夢は、J1で鳴門の渦潮のような力強い存在になること。W杯イヤーの2014年。来季、四国から新風が吹き込んでくる。【益子浩一】

 ◆徳島ヴォルティス 55年創部の大塚製薬が前身。四国リーグを経て99年からJFL参入、04年に2連覇。05年から四国勢で初めてJ2参入。クラブ名は、イタリア語で渦潮の「渦」を意味する「VORTICE」から生まれ、観客を興奮の渦に巻き込む思いが込められている。08年にFWドゥンビア(現CSKAモスクワ)、09~11年に日本代表FW柿谷曜一朗(現C大阪)らが在籍。本拠地は鳴門・大塚ポカリスエットスタジアム。新田広一郎社長。

 [2013年12月9日7時24分 紙面から]

徳島ヴォルティスの前身は、いわずと知れた大塚製薬。四国徳島の大企業である。この企業は、オロナミンCで昔から著名。しかし、東京の読売巨人を贔屓にしてきた。

この影で、サッカー部もずっと日本リーグ2部の上位の強豪であった。1993年にJリーグが開幕する頃、大塚製薬は日本リーグ2部で2位。即座にJリーグに参加できる強豪チームを抱えていたのである。

ところが、当時の
圓藤(えんどう)寿穂知事
e0171614_15363461.jpg

(この県知事は、収賄で逮捕され辞職した。語るもがな。顔を見れば一目瞭然。)

と大塚製薬の野球好き社長のおかげで、Jリーグ構想に適うだけのスタジアム建築に難色を示したのである。そのため、Jリーグ発足の時に十分にJ1チームに名乗りを入れ、当時の子どもたちに大きな夢や希望を与えられたにも関わらず、政治家と大企業家の不見識のために、Jリーグ入りが頓挫したのである。

これは、当時はまだ存在もしなかったジュビロ磐田や鹿島アントラーズがJリーグに入って輝かしい歴史を残したのと真逆に、本来の強豪チームはチャンスを逸し、歴史の彼方に去ったのである。

その次の左翼系の
大田正知事
e0171614_15382040.jpg

(生粋の共産党系のいまでいう反日県知事。朴槿恵のように何もせず、何も出来ずの無能の塊だった。たぶん日本人ではない。)
もまたまったく大塚サッカー部のJリーグ入りには無関心だった。


そうしたらどうなったか?

強豪大塚製薬は崩壊の一途を遂げたのであった。当時のメンバーには、点をとれば阿波踊りをする藤本選手も主力にいた。そういった選手は新天地を求めてどんどん県外チームにプロ選手となるべくして移籍したのである。残されたのはアマチュアレベルの選手のみ。

それでも、地元に残された選手たちは本来の気候の良さや環境の良さできちんと練習を続けて、きたるべきチャンスを待った。

そこへ
飯泉嘉門(かもん)知事
e0171614_15461546.jpg
が登場した。大塚製薬をJリーグ2部、J2に昇格させる、四国初のプロサッカーチームを作るという公約とともに初当選したのである。そして県の事業として徳島ヴォルティスを立ち上げたのである。

こうして、ヴォルティスのトップチームとその下部組織のジュニアユースチームの指導体制などが整えられたのである。

ところが、J2で上位に食い込めば、その時の大活躍したブラジル人選手が翌年には他チームから引きぬかれてしまう。そういうことの繰り返しが起こった。「出る杭が引きぬかれた」のである。

そこへ、数年前に今や日本の顔になったセレッソ大阪の
柿谷選手
e0171614_9303976.jpg
が入ってきた。J1昇格請負人と言われた
徳重選手
e0171614_9302710.jpg
も入ってきた。着実にヴォルティスは良くなった。

私もトップチームの練習場の真横で我が家の息子達のチームが試合している時、その隣で練習する柿谷選手や徳重選手たちのプレーを見たものである。


こうして、ついに一昨年2011年2位に入ればJ1昇格、3位なら入れ替え戦のところに来た。あと2戦を何とかしのげば、J1に掌握できる。あと一歩のところ。あと勝ち点1のところに来たのである。

ところが、ラスト2試合、引き分けにもつれたらJ1だったのだが、2試合の各試合に訪れたPKのチャンスに徳重選手が二度失敗。最後の痛恨の2連敗。これで4位になり、昇格のチャンスが手から漏れたのであった。

責任を感じたのか、徳重選手は引退。柿谷選手は今年からセレッソ大阪に戻った。そして大活躍。ついに日本代表入りした。

残された選手たちが今回の徳島ヴォルティスの選手たちだった。いわば、Jリーグの吹き溜まり。他の有名チームで余ってしまった選手たちが集ったチームといえるだろう。事実、ここ徳島出身の選手はほとんどいないのである。

そして、昨年はチームが流動する中、最悪の15位に沈んだのである。

でも、サッカーには神様がいた。

どんな時も腐らずに自分がなすべきことを行っていれば、必ずそれが報われる時が来る。

再びまた、私が言うところの「サッカーの心掛け」。これがものを言ったのである。「心掛けの良いチームの方に幸運は転がり込む」。「すべては心掛けで決まる」。

ありがとう、徳島ヴォルティス!頑張れ、徳島ヴォルティス!

これで、地元の子供達にとっても再びまたいい刺激になるだろう。

それにしても鹿島から来たアレックスはいい選手だナア。引き抜かれないようにしよう。レンタル移籍らしいから戻るという可能性もある。地元出身の高校生もプロにできるといいですナ。

おめでとう、徳島ヴォルティス!

来年からの頑張りを心から期待していますゾ!今度はJ1初優勝を頼む!


おまけ:
余計なこと考えるな、サンフレッチェ広島よ。自前でまかなえ!
広島 徳島柴崎獲りで戦力アップだ

 リーグ連覇を達成した広島が、J1に昇格した徳島の元日本代表MF柴崎晃誠(29)の獲得に乗り出していることが10日、分かった。関係者によると、すでに正式オファーを出しており、来季リーグ戦とACLを並行して戦う上でのチームの戦力アップを狙っているという。柴崎は今季、東京Vから徳島に移籍。38試合に出場し、6得点を挙げて、徳島の四国勢初のJ1昇格に貢献している。
 [2013年12月11日11時14分 紙面から]
ハゲタカ広島ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-12-09 09:58 | サッカー&スポーツ

<< いまこちらは台風のような暴風雨... ブラジルW杯対戦決まる!:日本... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE