アンディー君、未来に行ったのか?:2016年からの写真にアンディーの姿が?

みなさん、こんにちは。

最近は、つむじ風氏のサイトにはあまり興味深いものがなかったので、まともには見なくなっていたが、今日の記事の中に非常に奇妙面白いものがあった。まさにここに適した怪しい話なので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。
ポータルから、突然車が! 交通事故?!

この中のYouTube映像の大半はここでもだいぶ前にメモしたものであるが、一番最後のものだけがなかった。それがこれ。
助けて:だれこの人?時間旅行?2016年米国からの写真
HELP: Who is this man? timetravel? photos from USA 2016?


e0171614_15495541.jpg

e0171614_15493196.jpg

e0171614_15493672.jpg

だれなんだ?この人は?

とこの作者は怯えている。

実はこの人は「アンディー君」というニックネームがつく、アンディー・バシアゴ博士というお方である。ここにもだいぶ前にメモしている。以下のものである。
火星無人探査機「キュリオティシー(好奇心)」に好奇心を感じるUFOたち!?

アンディー君こと、アンディー・バシアゴ博士によれば、
Mars visitors Basiago and Stillings confirm Barack Obama traveled to Mars
アンディー君と若き日のバリー・ソエトロ君(オバマの本名)は、アメリカの秘密組織のスターゲートのジャンプルームからほんの数分で火星へジャンプしたという。だから、この話が実話であれば、オバマ大統領はその頃のことを覚えているはずであるという。オバマ大統領はその時の記憶を巧妙に消されているのかもしれないというが、いつか蘇ることもあるはずである。

このあたりの話をモデルにしていると思われるものが、シュワルツェネッガーの「トータル・リコール」
である。

あるいは、これ。
「ベン・リッチの告白」:「ペンタゴンをハッキングした男」より

●ゲイリー・マッキノン:ペンタゴンをハッキングした男
e0171614_11335111.jpg
(2006年6月 プロジェクト・キャメロットによるインタビュー)

この告白は、アディー君こと、アンディー・バシアゴ博士の「火星へのジャンプルーム」の存在を述べている(アンディ君 火星基地へ、−2−)。ジャンプルームから「南北戦争のまっただ中に飛び込んで、リンカーンの演説を聞いた」という
「プロジェクト・ペガサス」
Project Pegasus: Andrew Basiago ‘I have physically traveled in time’
e0171614_11454096.jpg
の話や、バリー・ソエトロこと、現オバマ大統領の若い頃にいっしょにジャンプルームから火星の米軍基地へ飛んで行ったという話
Project Pegasus: Travelling to Mars – Teleportation and “Jump Rooms”
Mars visitors Basiago and Stillings confirm Barack Obama traveled to Mars

こんな話の中に出て来る「化学エンジン」(つまり、ロケット)を使わない、乗り物の存在を示唆している。

いずれにせよ、米軍内の秘密組織が地球製UFOとエイリアン製UFO、さらには合作UFOなどを持っているのはまず間違いないようである。私が留学したユタのキングズマウンテンの地下基地には、
巨大なUFOの葉巻型母船「ノーチラス号」
e0171614_7424180.png

e0171614_742437.png
のサイロがあると噂されているのである。

まあ、人生はいつの時代も大変である。しかし、長生きすれば、信じられないものが見られるだろうと私は積極的に何とかして生き伸びることをお勧めする。かつての日本人が「黒船」に驚いたように、比較的すぐに「シルバー船」に驚くはずである。

アンディー・バシアゴ博士は自分の
プロジェクト・ペガサス
e0171614_1615738.png
というサイトを運営している。

こういったサイトで、
バシアゴ博士
e0171614_16145554.jpg



Real "Time Traveler" Makes News!
は、若いころにオバマの若いころのバリー・ソエトロ少年といっしょに火星に行ったことがあると証言しているのである。

要するに、裏NASAの奥深きエリア51には、ジャンプルームなる場所があって、そこからドラえもんのどこでもドアのようにして、過去へも未来へも行くことができるというのである。それで火星にほんの数分で行った。過去では、南北戦争のリンカーンの演説の場に立ち会った。それが上の古い写真だというのである。自分がその中にいると。

今回、未来にも行ったのかもしれませんナ。2016年になると、アメリカで「時間泥棒防止」デモが起こる。「過去を書き換えるな」デモ、「タイムトラベル暴露プロジェクト」デモが起きるというのである。その代表者の写真がアンディー・バシアゴ博士であるというわけである。

いや〜〜、実に面白い。

おれもジャンプルームで「南京」に行ってみたいもんだ。もっともヒトモドキに撃ち殺されないともかぎらないがナ。


おまけ:
Who is this guy?
Real Time Traveller *PROOF* Evidence of Time Travel In Our Universe.
だれだい、この人は?ジョン・タイターか?

おまけ2:
1937年の記録映画に携帯通話中の女性がいたって?マジか?
Time Traveller Caught In 1937 Film 2013 HD





e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-12-13 16:15 | ミステリー

<< ノーベル生理学・医学賞ランディ... 12月13日今日は何の日?:日... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE