「まもなく戦争が始まります!」:第三次世界大戦はNATOvs中・露・イランだってヨ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、再び物騒な情報が世界のネット界では飛び交っているようである。いよいよ第三次世界大戦勃発かという情報である。信じる信じないはあなた次第です。というやつですナ。
まもなく戦争! - 原子力だけでなく···ビッグバン、など......明るい白色光.......
元記事:War Soon! – Nuclear, As Well…Big Bang, Etc……Bright, White Light……
e0171614_1511924.jpg

—– Original Message —–
From: Stan P
To:
Sent: Thursday, February 20, 2014 7:05 PM
Subject: War soon! – Nuclear, as well……..Big bang, etc……bright, white light…….

All List No apologies for any duplications – it’s a bit important!

I have received a report – tonight Thursday 20th Feb! It’s a bit alarming. (I think the man may be on tablets – but goodness knows which ones!)

He says:

“We are seeing massive troop movements as Russia is prepared to attack Europe to keep NATO from attacks on its own soil, warships from China and Iran are close to America tonight so they can attack USA at same time as Europe is attacked, we may be hit with nuclear weapons as Russia has said they will do a first strike not wait for a hit on their own soil, the forces in Russia and China have orders to launch first strikes on all NATO countries.”

I think we owe a deep Vote of Thanks to Cameron and Obama for this state of affairs – but if they want to go out in a blaze of glory, this certainly would be the way to do it!

I’m now too old to dig a bunker – and for what? Who wants a “post-Armageddon” life?

Stan.

グーグル翻訳:
投稿者:スタンP
へ:
送信日時:2014年2月20日(木曜日)19:05
件名:もうすぐ戦争! - 原子力だけでなく........ビッグバンなど......明るい白色光.......

すべては、任意の重複に対する謝罪を一覧表示していない -それは少し重要です!
今夜木曜日の2月20日 - 私は報告を受けました! それは少し驚くべきだ。 (私は男がタブレット上にあってもよいと思います - しかし、良さ、どれを知っている!)

彼は言う:

"我々は、ロシアは独自の土壌への攻撃から北大西洋条約機構(NATO)を維持するためにヨーロッパを攻撃する用意があるように、彼らはヨーロッパが攻撃されたと同時に米国を攻撃することができるように、中国やイラン軍艦が今夜、アメリカに近い大規模な軍の動きを見ている、我々は可能性がありロシアは彼らが自分の土壌のヒットのために、ロシアと中国の力は、すべてのNATO加盟国で最初のストライキを起動する命令を持って待機しない先制攻撃を行うと述べているように核兵器を押してください。 "

私たちはこの事態のためのキャメロンとオバマへの感謝の深い投票を借りていると思います - しかし、彼らは栄光の炎で外出したい場合は、これは確かにそれを行うための方法であろう!
そして何のために - 私は今、バンカーを掘るには古すぎたんだけど? 誰が「ポストハルマゲドン "の生活を望んでいる?

スタン。

参考:ロシア、中国 対 NATO

要するに、NATO軍と中国・露・イラン軍の間で限定的戦争が始まるかもしれないというものである。

いよいよ「グレートカリング」、「人類大浄化」のはじまり、はじまりというわけですかナ。
よほど人間が嫌いなエリートがいるらしい。

実は、生命を研究していくと分かることは、生命というのは非常に強いということである。かつては放射能が降り注ぐこの地球大地に誕生した。普通の常識ならそんな悪コンディションでは生命が誕生できるはずもないのだが、現実にそれは起った。どの惑星でも起こる。

すると、環境変化が起こる。その度に、それに適用し、悪環境と共生していく。こういうことを繰り返して現在に至る。

この意味では、生命は不死身である。仮に第三次世界大戦が起こり、全面核戦争の放射能で覆われたとしても、生命は生き延びていくことは間違いない。それも今度の悪環境に適応して共生していくのである。

はたして、この情報はガセネタかいなか? 今後を見つめていくほかはない。がしかし、これはいわゆる「アングロサクソン・ミッション」と同じものだから、もうだいぶ前から想定されていることである。(「アングロサクソン・ミッション」でブログ内検索)

ところで、韓国朝鮮はどっちにつくのだろうか?中国に付けば、中露イランが負ける。仏に付けば、NATOが負ける。韓国が付いた方が負ける。まるでジョーカー。「韓の法則」である。

しかしながら、もうこの地球に韓国がくっついている。ということは、地球滅亡。盛者必衰ですナ。

いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-02-21 15:28 | コンスピラシー

<< 【緊急大拡散】:「慰安婦問題に... フィギュアで第一の評価点はスピ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE