「敵は内にあり」3:「内閣府というのは日本撲滅のための内閣府」なの?

みなさん、こんにちは。

いやはや、「敵は内にあり」、「敵は内閣府にあった」。

実は、内閣府は「トロイの木馬」だったらしい。これである。
【\(^o^)/】 日本政府が英断、中国・韓国その他アジア人からの移民を毎年20万人受け入れへ 

移民受け入れで人口は1億人超を保つ
e0171614_20525294.png


 外国からの移民を毎年20万人受け入れ、出生率も回復すれば100年後も人口は1億人超を保つことができる――。こんな試算を内閣府が24日示した。何もしなければ、2110年には4286万人に減る。移民が、働き手の減少や社会保障の負担増に直面する日本を救うのか。政府は議論を本格化させる。

 政府の経済財政諮問会議の下で50年先を見すえた課題を話しあう専門調査会「選択する未来委員会」の第3回会合で示された。

 国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計では、日本の人口は2012年の1億2752万人から、100年後は3分の1程度に減る。内閣府は、移民を15年以降に年20万人受け入れ、1人の女性が一生に産む子供の平均数にあたる「合計特殊出生率」も人口が維持できる水準とされる2・07に上がるケースを想定して人口を推計した。

もっとも売国朝鮮朝日新聞の記事だから、捏造して安倍政権の人気凋落させるためのガセネタであるという可能性もある。

いやはや、朝鮮朝日は次から次へと日本人を動揺させるような記事を乱発するようですナ。速く潰すほかないだろうナ。

いずれにせよ、韓国人と関わるな。これである。
さもなくば「法則発動」。日本消滅であろうナア。

それにしても、内閣府というのは日本撲滅のための内閣府のようですナ。
e0171614_214479.png




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-02-26 20:58 | 反日・在日の陰謀

<< 平惣阿南店で拙著発見!:やっと... 「敵は内にあり」2:殺人犯「越... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE