現代韓国人のすべてを語る「韓国のこ・と・わ・ざ」:いや〜〜勉強になりますナ!?

朴槿恵大統領のモットー

人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。
e0171614_13575413.jpg


みなさん、こんにちは。

ほんの3年前でもまだまだ韓流が残り、私はここにいかに中韓北がひどいかというような話題を取り上げると、「ネトウヨ」とか呼ばれたのであった。ところが、いまやそれが真実だった。むしろ、もはや遅きに逸した感すらあるということが誰にも分かってきたはずである。

3年前といえば、まだ311東日本大震災が起ったばかりで、みんな日々生き残る方が大変であったから、隣国の連中がどんな感覚で生きているのかにまでは目が届かったにちがいない。ましてインターネットを使ったこともなかった世代やネット情報をくまなく見るだけの時間のないサラリーマンたちは知る由もなかったはずである。

そこで、そのころ私がメモしたものに、お隣韓国人の諺がある。
それがこれだった。
福島の放射能のせいで全米で新生児の死亡数が増加中!

韓国の諺

「女は三日殴らないと狐になる。」
「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
「他人の家の火事見物をしない君子はいない。」
「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる。」
「母親を売って友達を買う。」
「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。」
「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。」
「あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを。」
「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。 」
「家と女房は手入れ次第。」
「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。」
「らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる。」
「一緒に井戸を掘り、一人で飲む。」
「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。」
「川に落ちた犬は、棒で叩け。」
「泣く子は餅を一つ余計もらえる。」

日本にはない諺ばかりです。民族性を良く表しているのではないでしょうか。「あ~なるほどね」と、思い当るフシがいくつもあります。こんな諺が存在しているということは、今の韓国人の民族性というのは、太古から染付いてしまっているものなのですね・・・
こんな民族係わりたくもない。

というのも、それが当時は民主党政権であったが、大震災や原子力発電所爆発のその対処の不適切や能力の無さが徐々に知れ渡りつつあり、その原因がどこから来るのかということを知る必要があったからである。

そしてそれがどうやら民主党の9割が国内のパチンコ業界から支援を受けた生粋の在日だったということが判明したからである。俗にいう「左翼と右翼」、さらに「左巻き」の「野党」は、共産党が支那共産党の在日中国人系の政党、民主党が在日韓国人系の政党だったということが誰にも分かったからである。

そうなると、その基調となる気質を見出す必要がある。そこで韓国人の諺を調べたのである。

「ブラジルの男児はサッカーボールと一緒に生まれてくる」

とか(ブラジルの諺でブログ内検索)、

「フランス人は銀のスプーンを口にくわえて生まれる」

とかいう諺があるように、その国々の古い言い回しや諺にはその国民のかなりの真実が描かれていることが多い。ジョークもそういうものの一つである。

だから、諺に描き出される「雰囲気」というものは実にその民族の性向や性質や天然振りを知るにはいいものなのである。

というわけで、最近在日韓国人が起こす犯罪の数々、スケート連盟の上層部がやったこと、お隣韓国の大統領がやること、海外の韓国系米人の起こすこと、などなど、こういったことの基調に実はこの性格が君臨しているわけである。

「井戸掘りをみんなで頑張って(実は自分は人にやらせて)おいて、最後に自分1人で飲む」
というのは、まさに菅直人がやったことである。

「泣く子は餅を一つ余計もらえる。」
というのは、キム・ヨナがよくやることである。

「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
「他人の家の火事見物をしない君子はいない。」
というのは、まさに韓国企業やサムスンがやっていることである。日本の株価が下がって大喜びをした。

「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。 」
というのは、今現在クネクネ大統領がやっていることそのものである。

「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。」
「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。」
というのは、韓国軍隊内や日本の在日系ブラック企業で日夜行われていることである。俗にいう、下士官根性というものである。

「女は三日殴らないと狐になる。」
というのは、かつて韓国人の従軍売春婦を売り買いした韓国人の女衒(ぜげん)がやったことやいま日本の芸能プロダクションで行われていることである。

「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。」
というのは、未公開株の取得や戦後のドサクサ時に朝鮮進駐軍を作り、駅前の一等地を奪い取った韓国人が行ったことそのものである。

「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。」
というのは、自分が働かせてもらった職場の製品に毒を仕込んで潰してしまった在日韓国人従業員がやったことそのものである。これで良い企業が潰れてしまう。

「川に落ちた犬は、棒で叩け。」
というのは、災害で救助を求めている現場にボランティアの振りをして入って悪さしまくる韓国人そのものである。あるいは、ベトナム戦争時に助けを求めて逃げ惑う婦女子を襲った韓国兵の行ったことそのものである。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-03-01 14:22 | 韓国・ウリナラ・法則

<< 韓国ポスコ爆発崩壊でいよいよ戦... 信用創造とはこういうもの!:「... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE