奥義「無想転生」、ただアホになれ!:ついに俺も体得したか!?GKにも応用可!

e0171614_20104648.jpg

無想転生
深い哀しみ知った者のみが体得できるという北斗神拳究極奥義。
無から転じて生を拾う」という意味合いを持ち、実体を空に消し去りあらゆる攻撃と回避を無効にする技。


みなさん、こんにちは。

昨日、保江教授の昔のテレビ出演のYouTube番組から知った、北斗の拳の奥義「無想転生」。

「頭をアホにして動く」
e0171614_2013287.png

というやつである。これである。
冠光寺真法 TV編 01


冠光寺真法 TV編 02


冠光寺真法 TV編 03


いまジョギングの途中で、そういえば、ランニングでもこれが使えないかと試しに、やってみたのである。なんとマラソンにも活きたのである。これをメモしておこう。

昨年9月までは、普段なら1時間10数分かっていた。ところが、まず昨年9月後半から「ナス科禁止令」によって、トマト、茄子、ピーパン、ジャガイモ、唐辛子など一切禁食にした。すると、どういうわけか、関節痛がとれたのであった。そればかりか、筋肉や関節が若返り、1時間2〜5分台が出るようになった。

このところ、1時間6、7分で走っていたのだが、今日、10km走の後半の1/3で試してみた。

つまり、途中から、ミスター・ビーン
e0171614_208446.jpg
のような顔つきになって、ヘラヘラした、いっちゃったオヤジ風
https://www.youtube.com/watch?v=CwzjlmBLfrQ
e0171614_21453669.png

e0171614_20242374.jpg

(そういえば、すれ違った自転車の高校生がこっちを怪訝そうにみていたナ。)
に何も考えずに、「アホになりきって」走ったのであった。ただそれだけ。アホの走りに変えたのである。

すると、なんと、1時間4分台になったのである。いや〜〜、驚きである。

まあ、理屈としてはこういうことだろう。

通常考えながら走ると、脳細胞に酸素を奪われる。あれこれ考えたり、こうしようとか計算すると、その分酸素もエネルギーも失ってしまう。身体の動きも0・5秒ずつ遅れる。

ところが、何も考えず、誰かが自分の前を走っていると妄想して、ヘラヘラアホになりきって、それについていこうという感じで走ると、エネルギーも酸素もあまり消費しない。おまけに動きが0・5秒ずつ早くなる。この積み重ねによって、タイムが短縮された。そういうことだろう。

というわけで、ぜひマラソンの選手や駅伝の選手の皆さんは、「無想転生」の奥義を身につけてくださいヨ。きっと正月の箱根駅伝はぶっちぎりだろう。


一方、サッカーのGKの皆さんにもこれは有効かもしれない。そう思う。なにせPK
ペナルティーキック
の時に絶対にこれはうまくいくはずである。

考えるな。ただ反応するんだ。身体の反応に任せよ。アホになれ!

ただそれだけだからだ。

サッカーのPKはキッカーがボールを蹴ってゴールするまでおよそ0・7秒だという。だから、蹴ったと思ってから反応すると、身体が反応するまでにまず0・5秒かかかり、動き出してからセーブするまでに0・5秒かかる。つまり、トータルで少なくとも1秒近く損をする。だから、0・7秒には追いつかずゴールされてしまう。

そこで、もしGKが無想転生状態
e0171614_1951582.png
でアホになりきっていれば、最初の0・5秒は得をする。すると、なんとかセーブ出来る状態になるわけである。

アホになれ!
e0171614_1954799.png


ひょっとしたら、このブログを読んで「無想転生」に覚醒したGKたちは、PKの直前になると、みんなこんな顔
e0171614_19482378.jpg
するようになるかもしれないですナ。そうしたら、ここを読んだヨという証明でしょうナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-04-11 20:09 | サッカー&スポーツ

<< 日の丸も君が代もなくなった天下... 科学者と一般人の間には「深くて... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE