バーチャルナマズの「ナマジー君」地震予測:これは結構いい線行っている!?

宏観異常現象
e0171614_1011462.jpg



みなさん、こんにちは。

電磁場や電波の異常による地震予知に関し、すでに米アラスカのガコナのHAARPモニターは見れなくなった。オバマの国家予算削減のせいということになっている。

一方、国内唯一の民間地震予測サイトだった、「ハザードラボ」も現在休止中になってしまった。
e0171614_9371529.png
おそらく、東大の地震研究所や気象庁のバカ官僚からの政治的圧力が入ったのだろう。

そんな中、民間企業の「株式会社天山プロジェクト」というものから、面白いものが生まれたようである。

その名も「ナマジー君」。以下のものである。
株式会社天山プロジェクト
e0171614_94306.jpg

これは、携帯電話の電波(ギガヘルツ波)を使って電波異常を検知するという、民間企業が開発した装置である。

個々人がこんな装置を利用し、それらをインターネット上でネットワークを作って情報を共有する。そうやって、地震予知網が誕生する。

そんなものがこれ。
ナマジー日記
e0171614_9453230.png

HAARPの地磁気モニターによる予測は、私が主に用いたものだが、これはかなり大きな地震ほどよく当たる。地震規模が起きければ大きいほどよく当たる。なぜならHAARPモニターは周波数ゼロ域の地球サイズの長波長域を観測するからである。

一方、「ナマジー君」は、ローカルのものほどよく当たる。なぜなら、ギガヘルツ帯である。福島にある携帯電波塔から出る電波を受信している。直進性が高く、方向性は正確である。だから、多くの人が観測すれば、三点観測、多数点観測となって、より正確性が増すはずである。

国がやらない。国は在日に乗っ取られているからナ。事大主義に陥って、官僚は「これは政治判断だ」というような言葉に酔いしれている。だから、いわゆる「地震学者(=地殻振動しか観測しない学者と地震周期説しか信じないカルト集団)」からは、個々人が観測網を作れというような発想がでないのである。

ということは、やはり民間人で研究していくほかはないのである。

私が観察したところでは、「ナマジー君予報」は意外に正確である。関東近辺の震度2〜4の地震も結構当てている。

一般人の力をあなどるなかれ!

いまでは、一般人でも銃も3Dプリントアウトできれば、ナマジー君も作ることができる。

頑張れ、ナマジー!

というところですナ。

それにしてもハザードラボはどうしちゃったのかいナ?



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-05-10 10:03 | ナマジー地震予知

<< いやはやオバマ大統領「従軍慰安... 「3Dプリンター銃」で逮捕?:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE