「花子とアンナカ」:朝ドラ花子の本名が安中、ASKAの薬物がアンナカだった!

みなさん、こんにちは。

今日は真夏のような一日だった。さて、いま韓犬エッチKでやっている、「花子とアン」。これについては2,3非常に奇妙な話を見つけたのだが、というより、気がついたのだが、脚本家の中園ミホという謎の脚本家の経歴をウィキで見ていて、ふと気がついた。これである。
中園ミホ
e0171614_2282282.jpg

中園 ミホ(なかぞの ミホ、1959年7月16日 - )は、日本の女性脚本家。東京都中野区出身。
本名は中園 美保(読み同じ)。日本大学芸術学部卒。2010年度から日本大学芸術学部客員教授を務める。
大学卒業後、広告代理店に入社。社の同僚がシナリオ講座に申し込んだものの行けなくなったため、その代わりとしてノートをとるため、シナリオ講座に参加した。1年3ヶ月で広告代理店を退職したのち、コピーライター、四柱推命の占い師などの職業を経験。偶然知り合った脚本家の田中陽造の清書係に就く。その後、同じく脚本家の桃井章と知り合い、桃井の妻を世話するなど懇意になり、これらをきっかけにシナリオライターとなる。
特にこの部分
人物[編集]
・中園自身は広告代理店退職後、24歳で占い師に弟子入りし、中学生の頃覚えた四柱推命の腕を認められ、有名政治家や企業のトップも占ったことで、人間の表面で見せる立派な顔より裏側のほころびの方がチャーミングだと気づき、人間の見方を覚えたといい、このときの経験が脚本家に生かされていると語っている。[3]

・「取材力の中園ミホ」と称されるように、マーケティングリサーチが得意な書き手の1人であり[4]、『ハケンの品格』の脚本を書くにあたっても数多くの派遣社員の実態を取材したため、派遣社員の実態に同情的である。2007年11月12日に放送されたNHKスペシャル『1000人にきく ハケンの本音』にゲスト出演した際には、同じくゲスト出演し、隣に座っていた奥谷禮子の「派遣社員は幸せである」との、派遣社員の実情を無視した断定的意見に対し、「この(座席)間に大きな川が流れている(=埋め難い見解の相違がある)ように思える」と述べた。

・本人いわく、「自分はなまけものだから、全部脚本書いてやろうと思わないです」。実際、大部分を中園が書いているものの、他の脚本家が1、2話書いているドラマが多い。

・『やまとなでしこ』での神野桜子の人生観は、中園本人の考え方と相通じるところが多いという。
中園は「権力にすり寄らず、自分の足で立ち、自分の考えで動く人」[5]をいい女と考え、「女性たちの生の声を聞き、それを描いて、彼女たちを応援する」[6]ためにドラマを執筆していると語っている。
代々木ゼミナールの人気数学講師の岡本寛は小学校時代の同級生であり、自身の代表作『やまとなでしこ』の中原欧介役(演:堤真一)は彼をモデルにしているという。また中原の台詞に使われた公式、証明、定理などは岡本が監修。

この後半の人物に関してはまた後々にして、最初の部分からすれば、電通失業後にいきなり占い師で生き延びるとある。こういうふうに当座の「しのぎ」という感覚で仕事を見るのは、韓国系が非常に多い。たぶん、在日系の人なのだろう。

さて、その中園さんの「花子とアン」をいまやっているが、その花子の話にはこうある。
花子とアン

『赤毛のアン』に代表されるモンゴメリなどの英米児童文学の日本語訳版を著し、明治から昭和の混乱期に翻訳家として活躍した村岡花子の半生を描いたテレビドラマである[3]。
村岡恵理(花子の孫)『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』[4]を原案に、フィクションストーリー[注 1]として中園ミホの書き下ろし脚本にて制作[5]。本作では実在の村岡花子を主人公のモデルとしながらも、彼女と『赤毛のアン』の主人公アンとを重ね合わせ、随所に『赤毛のアン』を彷彿とさせる場面を散りばめるといった脚色がなされている[6]。(以下省略)

最初にメモしたように、この人の作品の作り方には非常に特徴、それも韓国人的メンタリティーがでているから、それについては、後々にするが、この花子のモデルとなった(というより、名義貸しの対象となった)私同様山梨県出身の村岡花子さんのことである。これと、最近ちまたで話題の麻薬王「シャブアンドアスカ」のASKAの話である。このまったく一見無関係な話になんと実に面白い名称が出ていたのである。今回はこれをメモしておこう。

実は、この主人公花子のモデルの村岡花子の本名は、韓犬HKでは「安東花子」となっているが
村岡花子

生い立ち[編集]
山梨県甲府市の安中逸平・てつ夫妻の長女として生まれる。本名は村岡 はな(むらおか はな)、旧姓:安中(あんなか[1][2])。クリスチャンである父の希望により、2歳でカナダ・メソジスト派の甲府教会において小林光泰牧師より幼児洗礼を受ける。父の逸平は駿府(静岡県)の小さな茶商の家に生まれ、茶の行商中にカナダ・メソジスト派教会に出入りするようになり、熱心なクリスチャンとなる。布教の流れで甲府に移り住み、そこで出会ったてつと結婚してその実家に住むようになる。教会での交流で新しい文化の影響を受けた逸平は、利発な長女のはなに過剰なほどの期待をかけた。

常識にとらわれず商売そっちのけで理想を追い求める逸平は、妻の実家や親戚と揉め事が絶えず、はなが5歳の時にしがらみを断って一家で上京し、南品川で葉茶屋を営むようになる。城南尋常小学校に通うはなは、心象風景を短歌で表現し句作をして詠んでは楽しむ幼少期を過ごした。その頃、社会主義活動に加わった逸平は特に教育の機会均等を訴え、娘の才能を伸ばすべく奔走し、1903年(明治36年)、学校創設者との信仰上の繋がりから、10歳のはなを東洋英和女学校に給費生としての編入学を実現させる。一方、家族の生活は困窮しており、8人きょうだいのうち高い教育を受けたのは長女のはなのみで、他の弟妹は次女と三女を残して皆養子や奉公などで家を出されている。はなの入学は、弟妹たちの犠牲の上に成されたものであった。
によれば、「安中(あんなか)はな」であった。つまり、苗字が「あんなか」だったのである。

安中=アンナカ

我々にはどうでもいいわけだから、実話を忠実に従ったドラマという触れ込みで脚本化したわけだから、普通なら主人公の名前は、「安中花」となったはずであろう。それをわざわざ「あんどう」=「安東花」と変えたのである。

実は、このアスカの犯罪記事にあるように、どうやら電通やマスゴミにとって実によく知られたもので、「悪いイメージ」の代名詞だったらしい。これを韓犬エッチKは知っていた。
ASKA容疑者逮捕の余波続く…相棒・CHAGEにネット上で同情集まる
e0171614_2227595.jpg

 覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(本名・宮崎重明=56)が、容疑を認める供述を始めたことが23日に分かった。当初は「暴力団員から譲り受けたが、覚せい剤ではなくアンナカ(興奮鎮痛剤)だと思っていた」と否認していたASKA容疑者だが、一転して「覚せい剤を使ったことがある」と供述。当局は週明けにも同法違反(使用)の疑いで再逮捕する方針を固めている。
 「週刊文春」(文藝春秋)で薬物疑惑が報じられてから一貫して強気に否定していたASKA容疑者。だが、尿検査や毛髪検査で陽性反応が検出され、愛人宅のゴミ袋から押収された精液付きのティッシュからも覚せい剤の反応が見つかった。自宅から使い残しの粉末や合成麻薬MDMAが発見されたこともあり、もはや言い逃れはできないと観念したようだ。

(以下省略)

つまり、「安中」という苗字は、NHKにとって暴力団の資金源である「アンナカ」を思い出させてしまう。だから、非常にまずい。どうやら脚本家の中園ミホもそう思ったのだろう。そんなわけで、どうやら「安中」から「安東」に変えたのである。

NHKが何かを作ると、それを汚すかのように、NHKにとってまずい事件が起こる。

在日韓国系の脚本家の朝ドラ「安中」物語の時に限って、在日韓国系歌手の「アンナカ」薬物事件が起こる。

朝ドラのタイトルは、「花子とアンナカ」に変えたほうが良さそうですナ。

まさに「韓の法則」の発動である。

いやはや、これまた仏像の仏罰というやつですナ。

くわばら、くわばら。

それにしても、最近気がついたんだが、NHKBSの女性ニュースキャスターたち、みんな「目がつり上がっている」んだが、これはなぜかいナ?みんな在日朝鮮人ってことかいナ?確かに簡単な漢字を読み間違えたりニュアンスが違ったりするものばかりなんだがナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-05-24 22:36 | マスゴミ

<< 湯川秀樹の「素領域の理論」を完... アイラブとてつもない日本:「嫌... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE