日本vsザンビア戦:薄氷の勝利。大久保のサヨナラゴール炸裂!

みなさん、こんにちは。

今朝の日本代表(47位)vsザンビア(73位)戦は、まれに見る激戦となった。世界ランク73位前後のアフリカチームとスリリングなゲームで何とか逆転勝利。
日本4発!ザンビアに逆転勝ち/試合詳細

 日本 4-3 ザンビア  [タンパ/アメリカ]
0-1 クリストファー・カトンゴ(前9分)
0-2 ネイサン・シンカラ(前29分)
1-2 本田圭佑(前40分)PK
e0171614_15121113.png

2-2 香川真司(後28分)
e0171614_1513163.png
(厳密には大久保はオフサイド)

3-2 本田圭佑(後30分)
e0171614_15134996.png

3-3 ルバンボ・ムソンダ(後44分)
4-3 大久保嘉人(後45+1分)
e0171614_15154628.png
e0171614_1516776.png

◆ 日本  ザッケローニ監督
GK 12 西川周作(浦和レッズ)
DF 2 内田篤人(シャルケ/ドイツ) → 21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)(後22分)
   5 長友佑都(インテル/イタリア)
   15 今野泰幸(ガンバ大阪) → 6 森重真人(FC東京)(後14分)
   22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
MF 4 本田圭佑(ミラン/イタリア)
   7 遠藤保仁(ガンバ大阪)(Cap) → 14 青山敏弘(サンフレッチェ広島)(後45+1分)
   9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ) → 18 大迫勇也(ケルン/ドイツ)(後15分)
   10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) → 20 齋藤学(横浜F・マリノス)(後33分)
   16 山口蛍(セレッソ大阪)
FW 11 柿谷曜一朗(セレッソ大阪) → 13 大久保嘉人(川崎フロンターレ)(後0分)
コートジボワール戦のシミュレーションとしてはいい経験になった。

とまあ、普通の人はそう考えるだろう。

しかしながら、相変わらずの「ザルのディフェンス」。内田、今野、吉田の「悪の三兄弟」が出たら失点は防げないのである。今野と吉田のダブルストッパーに内田のサイドバックでは、もはやどうしようもない。

私はこれを「ザッケローニは守備がわからないのではないか」と言っている。特に日本人のメンタリティーがまったく理解できていないのではないか。あるいは、あのザッケローニの通訳がちゃんと通訳していないのではないかと感じるのである。

とにかくこの3人は同時に置いたらだめなのである。

まず内田。

日本の右サイドの内田から突破されて、毎回早々に失点。試合感が戻っていないのは明らかだった。後半出場の酒井の方がましだった。だから、最初から内田起用はなく、内田よりサンフレッチェ広島の塩谷の方がいいよとメモしてきたのである。ザンビアの選手のヘッドを身体でブロックすればなんでもないものが、内田はそれができなかった。つまり、怪我を恐れて思い切ったプレーができなかったか、あるいは、怪我のために筋トレができなかったということである。

次の吉田。

吉田はコーナーであわや失点というマークミスを必ずやってきた。が、この試合も何度も同じミスを繰り返した。日本のディフェンダーで一番背の高い吉田は真ん中の相手のエースをマークすべきであって、セカンドボール狙いの後ろの選手を遠藤に任せるべきなのである。それがいつも自分は安牌の方に周り、相手のエースのマークが遠藤に来る。遠藤は自分がヘッドが届かないと思うや後ろの吉田に任せたとばかりにしゃがみこんだ。が、その後ろには吉田ではなく、敵のエースがフリーで待っていた。ランク73位のザンビアだからミスしてくれたが、20位以上のチームではこんなミスはしてくれない。確実に失点しただろう。

要するに、吉田はイングランドのチームのように、自分がサイドの選手を受け持つ癖が抜けないのである。日本代表に戻れば、自分が相手の中央のエースと張りあわなくてはいけないのである。が、ついつい、弱っちいサイドの選手の方についてしまう。

その点、国内ではいつも真ん中をやっている森重の方が適確であった。

もう一人の今野。

今野はもともとボランチの選手だから、センターバックは無理。論外である。まだ、鳥栖の豊田をセンターバックにコンバートしたほうがましだっただろう。豊田は足が速いし、背もある。ディフェンダー向きである。

吉田、今野、内田を戻すなら、なぜ三浦カズ、塩谷、豊田を取らなかったのだろうか?

やはり、現代サッカーはモウリーニョの「複雑系理論」の世界である。選手間の個性やメンタリティーの組み合わせが理解できないというザッケローニでは痛い。

この3人では、ドログバは止めれないだろうナア。

まあ、そんな感じの試合だった。

それにしても、大久保は良かった。実質2点に貢献。神トラップからの豪快なシュートは国見時代の全盛期を思い出させてくれるほどだった。ついにイップスを克服出来たのか?



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-06-07 15:22 | サッカー&スポーツ

<< アイラブとてつもない日本:サン... 時事放談:アカヒ新聞社長のキム... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE