気象ミステリー:台風12号は右回転した!普通は北半球では左回転(反時計回り)のはず!?

みなさん、こんにちは。

さて、ここ阿南の歴史的豪雨もほぼやみつつあり、安堵の瞬間が訪れている。

今回の台風12号の何が驚きだったか?

というと、それは、

「この台風12号は右回りの台風だった」

ということであろう。

2014年の台風12号は、最初は北半球の普通の台風のように左回り(=反時計回り)だったが、台風の目が韓国に近づくと、とたんに右回りに逆回転したのである。

そのお陰で、一旦は四国上空を過ぎ去った雨雲が引き返してきて、四国上空に停滞したのである。これが、豪雨の長雨の直接の原因であった。その証拠がこれ。
e0171614_21182870.png

e0171614_2118411.png

e0171614_21185166.png

この理由を解析するのは気象学者の仕事だろうが、これは非常に重要である。

今回は、もう一つの驚きがあった。

それは、先に誕生した台風11号より後の台風12号の方が、先に日本を攻撃したということである。

そして、フィリピンの東方沖に滞在した台風11号の影響によって、台風12号の周りの雨雲が「ドーナツ状」に広がり、そのドーナツ型の雨雲がここ四国に突撃してきたのである。

さらに、遥か彼方の台風11号のお陰で、つまり、そこからやってくる南海の温かい湿った空気のせいで、台風のドーナツ型雨雲が引っ張られ、逆回転したのである。そのせいで、四国上空に居座ったのである。その証拠がこれ。
e0171614_21302792.jpg

つまり、天気図とこれを見比べて分かるように、台風11号が台風12号を援助していたのである。
e0171614_21424922.jpg

また太平洋高気圧が居座ったのも、台風12号が東進できなかった最大の理由である。

はたしてこういったことをHAARPを使ってコントロールできるかどうか?

ということである。

今のところ、その痕跡は見つけられないが、可能性はあるだろうナア。

いやはや、それにしてもこの豪雨で被災し、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。合掌。


e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-08-03 21:49 | HAARP・台風・ハリケーン

<< 超古代ミステリー3:スサダミコ... 安部首相ご一行がブラジル・サン... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE