理研の笹井芳樹副センター長がご逝去:韓の法則の犠牲者ですナ。ご冥福を祈ります。

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、ついに小保方STAP脳内細胞捏造事件で、死人が出てしまったようである。理研の笹井副センター長が今日自殺によってご逝去されたそうである。今現在、理研広報室長さんの記者会見中である。
理研:笹井芳樹副センター長が研究棟で自殺 現場に遺書

e0171614_14304839.jpg

 STAP細胞論文の責任著者の一人である理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市中央区)の笹井芳樹副センター長(52)が5日朝、CDBと隣接する先端医療センター内で首つり自殺を図り、兵庫県警が午前11時3分、搬送先の病院で死亡を確認した。遺書が残されていたという。STAP細胞を巡っては、理研が4月以降、論文通り再現できるか検証実験を進めており、8月中に中間報告を出す予定だった。

 県警によると、先端医療センターの研究棟はCDBと通路でつながっており、笹井氏は研究棟の4階と5階の間にある踊り場で、手すりにくくりつけたひも状のもので首をつっているのが見つかった。午前8時40分ごろに発見され、110番通報があった。笹井氏は半袖シャツにスラックス姿。踊り場には革靴と遺書の入ったカバンが置かれていたという。

 笹井副センター長は1986年に京都大医学部を卒業。京大教授を経て理研に入り、2013年から現職。胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者として世界的に有名だった。

 STAP細胞論文では、責任著者の一人として、筆頭著者の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)を指導し、今年1月の記者会見に同席。論文が不正と認定された後の4月には東京都内で会見し、指導の不備を謝罪したが、STAP細胞の存在そのものには自信を見せていた。理研が進めている検証実験には小保方氏も参加している。【井上卓也、椋田佳代】

やはり
Nスペ『STAP細胞 不正の深層』 - 説得的だった笹井芳樹の解体と描写
の匿名者のように、さまざまなメディアから責められ続けたことが直接の原因だったのだろう。当然、国立研究所の不祥事であったにもかかわらず、それを笹井ー小保方等の個の責任と単純にみなした、犬エッチKのNスペ『STAP細胞 不正の深層』の責任も重い。

サッカーのように、不正行為の強弱の大きさに応じて、イエローカード、レッドカードを出すというような規定(ルール)通りに対処するという姿勢が大事であろう。が、理研理事長の野依博士の稚拙でのろまの対応が問題を長引かせて、結果的に該当職員の心身疲労困憊に導いたのだろう。

小保方の早稲田の博士論文は未完成だったのだから、普通なら博士号執行停止処分。もう一度書き直し命令、取り直し命令を出すべきだった。したがって、理研の採用は取り消し。

こんな人物を採用し、指導した笹井博士は、アカデミズム永久追放。

こうした厳しい処分を即座に決定すべきであった。ねちねちやらずに、さっさと処分しておけばよかったのである。検証はその後じっくりすれば良かったわけである。

さて、いずれにせよ、この問題は、理研や笹井博士に「韓の法則発動」の一言である。韓国人系の小保方と関わった時点でアウトである。

今後、似たような事件が次々に起こるのだろう。不気味ですナ。

天才と言われ、わずか30代で正教授になった有能な生物学者の笹井博士も韓国朝鮮人の怖さというものをまったくご存じなかったようである。

最近では、子どもたちにお金の勉強させることが大事だとか、お馬鹿なことを行っているものも多いが、12歳まではあまりそういうことを教えないように、触れさせないようにすべきである。

韓国では、12歳までに徹底的に反日教育という名の洗脳を行っているから、まともに子どもたちが成長できない。

もし本来そういうものを教えるとすれば、韓国人や韓国系の朝鮮人がいかに先天的異常な民族かを教えるべきである。さもなくば、日本人犠牲者が増えるばかりである。

こういうものを知りたければ、最近出た次の本がオススメである。
誅韓論
e0171614_14513117.jpg


笹井博士を含め、在日韓国人や韓国朝鮮人による人災でお亡くなりになられた日本人の方々のご冥福をお祈りいたします。合掌。

いずれにせよ、「Nスペ」がトドメをさしたようですナ。

文科省のお役人、下村文科省大臣も悪よのう。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-08-05 15:04 | マスゴミ

<< 本はカッコよくあれ!:表紙にマ... 拙著「マックスウェルの電磁気学... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE