「オンサーガーの不可逆過程の熱力学」完成!:今度は「オンサーガー」が降臨!

みなさん、こんにちは。

明日死ぬと思って生きよ。永遠に生きると思って学べ。−−マハトマガンジー

4年ほど前からこう思って取り組んだオンサーガー博士の論文選集の出版までついにたどり着いた。例によって、独立系出版社の太陽書房からである。まだアマゾンにはない。

一応、記念してそれもここにメモしておこう。以下のものである。
オンサーガーの不可逆過程の熱力学
e0171614_1439203.jpg


ラルス・オンサーガー(Lars Onsager, 1903-1976)博士は偉大な理論物理・化学者であった。彼の研究分野は多岐にわたる。化学や生物学から液体理論や流体力学、物性物理学や固体物理学、そして統計力学や数理物理学に至るまで幅広く活躍した。そして、それぞれの分野で数多くの重要な古典的論文を残した。彼は旧ソ連のランダウやアメリカ合衆国のファインマンと並び称される万能型理論物理学者の最後の一人であった。中でも、1930年代のオンサーガーの相反定理と不可逆過程の熱力学。1940年代の2次元イジングモデルの厳密解。1950年代の液体ヘリウム理論や揺らぎの理論。こういったものがつとに有名である。それぞれの分野で金字塔になっている。どれもがノーベル賞に値する。実際、オンサーガーの相反定理の化学への有効性でノーベル化学賞を受賞した。

本書は、特に不可逆過程にまつわる彼の研究論文 ― 原子分子の不可逆過程の問題から究極の不可逆過程現象といえる生命現象に至るまでの原論文 ― を集めてある。私はそれらを2年ほどかけて日本語に翻訳した。これらには偉大なる理論化学者の問題提起の仕方、物理現象の捉え方、問題の考え方、計算方法、問題の解き方など、学ぶべき点が満載されている。これらを読み、学ぼう。そうすることからより深く物理化学を学ぶことができる。そして読者それぞれの持つ自分の問題へ応用する場合のヒントの数々を得ることができるに違いない。ぜひオンサーガーの考え方を一人でも多くの方々に学んで欲しいものである。読者に役立つことができれば、私の苦労も報われるだろう。

ところで、オンサーガーの不可逆過程の熱力学は、ノ−ベル賞に輝いたが、その理論体型は、「オンサーガーーマクラップ理論」として知られている。

これは、いわば、ファインマンの経路積分の熱力学版に対応している。がしかし、その理論は難解な理論の代表例の一つとしてもよく知られているのである。

この「オンサーガーーマクラップ理論」を非常に単純明快に簡潔に導出する方法を発見した物理学者がいる。

だれか?

それが、我らが保江邦夫博士である。
保江邦夫博士
e0171614_13264822.jpg
保江博士の論文がこれ。
A simple derivation of the Onsager–Machlup formula for one‐dimensional nonlinear diffusion process
The role of the Onsager–Machlup Lagrangian in the theory of stationary diffusion process

保江博士がアセンションするようになる何十年も前のまだ若かりし頃の1970年代後半。スイスにいた頃のものである。

ネルソンー保江の確率場の量子化の理論を確立した直後、保江博士があらゆる既知の理論をもう一度自分の保江方程式の立場でやり直して行ったという研究の一つである。

保江博士に遅れること35年。私はいまになって保江博士の昔の古典的論文を勉強中なのである。

それというのも、このオンサーガーの不可逆過程の熱力学を翻訳し、全部学んだからである。

英語で読むのは面倒だ。大変だというちょっとやわな人たち、あるいは、英語が苦手という科学者には朗報にちがいない。

少しでもお役に立てれば幸いである。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-08-09 15:01 | アイデア・雑多

<< 台風11号は四国から紀伊半島に... 自虐史観計画の崩壊!?:あ〜〜... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE