アメリカの富豪ベスト19と日本の富豪ベスト27-その2:日本No.1はもちろん在日韓国人の孫正義!

(つづき)
マンツーマン・ディフェンス
ナノ粒子は「腫物に薬をちょうど届ける」、ということをランガーが説明します。科学のトランスレーショナルな医学中で4月に公表された最近の研究では、ランガーと彼の同僚は化学療法分子ドセタセル(卵巣で、胸と戦うために一般に使用された、肺、また前立腺癌)をとり、それを置きました、半多孔性の微視的な粒子の内部。それらは、一旦粒子が癌細胞に達すれば、薬の配達を増強するためにポリマーを加えました。最後に、それらは、ランガーがナノ粒子に「弾頭」と呼ぶものを加えました、それは粒子を許可する、に「身体によって航海する。。」あたかも、それにそれ自身のGPSがあるかのように弾頭は、健康な組織ではなく癌細胞に存在する受容器に付いています。また、一旦粒子が癌に付いていれば、その多孔性の裏は故障します。また、薬は癌細胞へリリースされます。だけでなく、よりよく治療である、ターゲットとされた、しかし治療の影響が数日の間とどまる配達手段の方法、それ以上、従来の化学療法でよりもはるかに長い
e0171614_1256320.jpg

ロバート・ランガー、MITのトップの癌研究者

「私たちは、黒板から小さな動物実験(大きな動物実験)にずっとこれを持っていきました。また、今、私たちは22人の患者を行いました」とランガーが説明します。臨床試験でこれまで治療された患者の多く、持っている、重度の転移がん。多くの場合では、患者の腫瘍は成長しませんでした、あるいはさらに縮んだ-ナノ粒子が治療が一層よくターゲットとされたことを示して、通常処理されたよりドセタセルの低投薬を伝えたとしても。

コッホは、ランガーの始めからの研究に関係していました。「デービッドは最初の支持者でした」とランガーが説明します。また、彼は、それから「初めから終わりまで」離れませんでした。コッホが研究をちょうど支援した以上のことをしました。MITは、企業家としての温室(「実際の世界のためのイノベーション」および慈善を参照、2012を跳ね返らせる)として有名です。また、ランガーは、癌のためのナノテクノロジー適用を開発するためにBINDと呼ばれるバイオ技術会社を共同設立しました。その会社は、ナノ粒子を製造し、医療開業にそれらを速く入れる実際的な挑戦を手伝うことができます。コッホはその投資者のうちの1人です。「彼は全プログラム用の触媒でした」とランガーが言います。「彼の支援なしでは、私たちは今日いるところにいないでしょう。」

コッホは他の癌にナノ粒子を適用することに熱狂します。「それが多いに成功するだろうと思われる。それは、多くの異なるタイプの癌の治療を革新することができます。したがって、それは恐らく私がとても誇りにしている治療です。」

「エンジニアは問題を解決し、新技術を作成したい」、ランガーを要約します。「ナノ粒子は新しい技術です。」したがって、ナノ粒子は、基礎研究ベンチャーから出現するよりMITのような統合研究計画から出て来る可能性がありそうな種類の革新です。

医学研究の将来
e0171614_12564557.jpg

コッホ研究所の好意によるクリストファー・ターナーによるイメージ

「私は、一旦FDAによって承認されたならば、何万もの患者を直す治療の開発に興味を持っています」とコッホが説明します。「それは私が私の役割がであるべきであると思うことです。」癌研究は彼の慈善の核心です。芸術および文化、教育および公共政策を降順の中で後に続けて、彼の最も大きな贈り物を表わします。自由市場を与えるために、中央左側のコメンテーターによってコッホが割り当てられた悪評にもかかわらず、彼は、「恐らく、私が与える最も小さな額のお金は公共政策機関へある」ことを要求します。

また、コッホの医学に与えることも癌に制限されていませんでした。この春、彼および妻(ジュリア)は、より安全な食物アレルギー治療を生産する方法中の基礎研究へのマウント・サイナイ病院に1000万ドルを誓いました。「私の長男(デービッドJr.)は重大な食物アレルギー問題に襲われます」とコッホが説明します。彼のコーヒーテーブルにおいては、コッホ家の写真があります:デービッドJr.に囲まれたデービッドおよびジュリア、メアリー・ジュリアおよびジョニー(彼らは13から5までの時代に及ぶ)。「これらが誰かと思うかもしれない」、彼は言います、彼が背景の三美神の裸像を指摘するので、災いとなるように光る目。「それらは私のもとの恋人です!」

彼が与えることにおける医学研究の重要性を与えられて、コッホは、どんな種類の環境が、彼が見ることを望む癌突破口を生産するだろうかに敏感です。最初に、彼は、治療を導入する際に、営利の製薬のセクターが持っている役割を認めます。「私が心配させる1つのものは、いつか、政府が薬に物価統制を課してもよいということです」と彼が説明します。「それは、この突破口となる研究を行なうために資金を提供している薬に離れて利益です。」

次に、彼は、癌研究が博愛で、もっと資金提供することを必要とすると信じます、そしてそうでなければ。(そしてほとんどそうでなければ;慈善は、医学研究資金調達の約2パーセントだけを占めます。)2005年から2010年まで、国立癌研究所-癌研究の主要な連邦資金提供者である国立衛生研究所(NIH)の作用-の予算は、平均約49億ドルと毎年(2009年の刺激から上昇して一時的衝突を数えずに)なりました。「研究の連邦支援はよどみました」とタイラー・ジャックが言います。「インフレ調整したドルで、それは落とされます。」

しかしながら、慈善の機会はそれです、連邦、資金提供、利用可能、回避する傾向がある、ハイリスク/高値報酬研究。「あなたは、私のような誰かはお金を得る容易な時を過ごすと思うかもしれません。しかし、それは真実ではありません!」ボブ・ランガーと叫びます。「いつ、金銭の、きつい、私は、それに資金提供するあらゆる作用のことを知りません。」これとランガーは言います、コッホのような危険寛容なドナーを奨励します。

癌研究中のより連邦の支出の支援と彼がどのように制限のある政府の主義を比較検討するか私がコッホに尋ねる場合、彼は直ちに答えます:「もし癌研究のこの巨大な必要を支援する民間機関および個人からの財政的援助が十分にあれば、素晴らしいでしょう。しかし、個人の慈善によって資金提供されない非常に有望なプロジェクトのこの巨大な数が実際にあります!私は、政府がする最も重要なことは恐らくこれらの偉大な機関へ資金提供することを提供することであると思います。NIHの資金調達が政府の中のこれらの大幅赤字のために削減されたのは残念です。私は、ヘルスケア・システムの長期的な救済は大規模で顕著な研究であると思います。」

「それは抗生物質に似ています」と彼が個人の例を提示して続けます。「私は、3週間前に憩室炎との恐ろしい戦いをちょうどしていました。私は一週の間の静脈内の抗生物質、次に経口の抗生物質上にいました。もしそれらの抗生物質が存在していなければ、私の結腸は破裂していたでしょう。私は恐らく死んでいたでしょう。強力な薬剤の発見は、非常にこの国の医療のコストを下げるでしょう。」

また、コッホは、深く医学研究の博愛の支援に対するより広い脅威について関心を持っています。「私は、オバマ政権がコングレスとそのためにロビー活動をしている増税を心配します」と彼が説明します。「私の相当な量の収入は配当を通って私に来ます。」政府は15パーセントから39.6パーセントまで他の増税中に、トップの配当税率を上げるつもりでした。

実施されている他の条件と協力して、ウォール・ストリート・ジャーナルは、44.8パーセントの累積的なレートでトップの稼ぎ手のための配当に課税することができるかもしれないと述べます。最近の議会証言中の都市のブルッキングズの租税政策センターのユージーンSteuerleによれば、改革としての累積的なレートは「[慈悲深い]控除自体に作ってもよい。」

全部で、オバマ政権の提案が行うのは「私の税引き前所得の追加の30パーセントを取り去り、多目的のための連邦政府にそれを与えることである」、コッホの悲嘆。「それはお金である、大きな医療機関に私は与えたいこと(私は必死に与えたい)、これらの壮大な研究計画をセット・アップするために、クリニックを改善する、またよりよい注意を提供するのによりよい医者を雇うことができること」

コッホは、速く話し、両方の手で活発に身振りをして、もっと活気づけられるようになります。「情け深く非常に寛大な非常に多くの裕福な人々がいます。これらの税が非常に上がる場合、これらの偉大な機関(医学、教育的、文化的)は飢えられるでしょう、主要、それらは、この世界の使命を継続する必要があります。それは私が持っている最も大きな恐れのうちの1つです。裕福な人々がそれらからそれらの収入の本質的な部分を奪えば、それらは恐ろしく苦しむでしょう。」

スパークの供給
有名に匿名で、これが句の正しい回転である場合、ジョージ・イーストマンはそうでした。MITの主要なドナーのうちの1人としての彼の身元は彼の死の後まで示されると思われませんでした。デービッド・コッホは匿名によって拘束されません;彼が資金提供するプロジェクトに名前を付けることができて、彼はうれしい。

しかし、彼は、別の重要な方法でイーストマンに似ています。コッホが彼の大きな贈り物について記述するとともに、彼は確かに好調で、与えることが可能にするものを明白に賞味します。「他のものによって分配される彼らのお金を残す人はのっぺりした顔の阿呆です」とイーストマンが以前言いました。「私は一生にアクションを見たい。」

コッホ(6フィートの-5バスケットボール・スター、彼の頭の中の4針さえを持った止められない力)は、アクション中であるのが大好きです。また、彼は、今アクションを見ていると信じます。「癌研究者をリードする後知恵がどのようにほとんど持たなかったかは驚くべきです、に関して、どのように、癌機能、それらが癌と戦いを始めた時、それはどのように作動しますか。それはかつて実現された誰よりも非常に困難です。」

彼はしばらく休止します。スパークは彼の目の中で閃きます。「突破口となる発見のレートは着実に増加しています。私は、次の10~15年で、私たちが驚異的な発見を見るだろうと期待します。私は、新しい治療のためのFDAの承認を見るつもりです、行く治療、人々の癌を直すことに向けた長い道のり。しかし、私がすべての中で最も期待することは私たちの人々がすべてを前に運転するのを支援するのを見ることです。」

エバン・スパークスは、慈善のエディターを管理しています。


さて、この連中は通称「偽ユダヤ人」という人達である。ハザール帝国時代からユダヤ教に改宗したという歴史を持つ、「東欧のユダヤ人」を先祖に持つ人たちであると言われている。

コッホという名前もドイツ系であるから、もちろん先祖はドイツかプロシャ出身だろうが、アインシュタインやスタインメッツ同様にドイツのユダヤ人であろう。

こういう人たちは、一応ユダヤ教ベースの生活慣習を持つが、根底では宗教は余り熱心ではない。こういう感じの民族である。ファインマンもそういう一人であった。

アメリカ建国以来2百数十年経つと、当初のクリスチャンの米国人からどんどん移民が増えていった。

最初は、日露戦争や第一次世界大戦の時代は、旧ロシア帝国による粛清からの避難民。旧ソ連の時代は共産主義からの亡命。戦後は自由主義グローバリゼーションの到来で移民。

こうして、今現在では符合の大半が欧州出身の偽ユダヤ人となったのである。それが今回のデータである長者番付にもしっかり出ているというわけである。


さて、目を我が国日本に向けると、日本でも基調は非常に類似しているのである。我が国の場合は、朝鮮半島からの朝鮮人の流入。最初は、明治時代から大東亜戦争までの日韓併合時代は、「日本人としての朝鮮人の移民」。終戦直後は「戦後のどさくさ時代の韓国人の不法移民」。朝鮮戦争時代は「ボートピープルとしての不法移民や背乗りやなりすまし」。1993年のバブル崩壊後は「経済のグローバリゼーションによる経済移民」。

こうして、100年ほど経ってみると、我が国の長者番付の上位100位までの大半が在日韓国人(Korean living in Japan)が占める時代となったのである。ブラック企業とはそういう連中が仕切る会社である。以下のものである。
フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2014年(日本編)
e0171614_13164760.png

e0171614_13165867.png

まあ、どの国もその国のシープルやB層は良いようにカモられるだけ。

山梨の甲州商人の言い伝えに、
商売で大成功したければ、山梨を出ろ!
というものがある。(俺は山梨を出たのはいいが、商売人にならなかったから大成功はしなかった。)

この意味は、商売というものは本来人の金を奪うものだ。だから、幼なじみや知り合いのいる地元で商売してもあくどく稼ぐことができない。だから、誰も知らない土地へ出て行け。そうすれば、あくどい商売しても問題ないから、心おきなく金稼ぎでき商売を大きくできる、というような意味である。私も子供の頃から父親から口酸っぱくこのことを聞かされたものである。

米国の偽ユダヤ人も日本の偽日本人(=在日韓国人)もまったく同じことをしてきたのである。

だから、「米国人の富豪とか、日本人の富豪とかいう言い方、やめれくれる〜〜!」ということですナ。まったくアメリカの富豪はアメリカ人でもないし、日本の富豪は日本人でもない。単にアメリカに来て働いただけ、日本で働いただけというに過ぎないからですナ。

いずれにせよ、

若者よ、大きくなりたければ、外へ出よ!

っていうことですナ。

それにしても、グーグル翻訳は劣化しているナア。なぜだ?



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-14 13:41 | マスゴミ

<< 池田信夫氏「従軍慰安婦捏造問題... アメリカの富豪ベスト19と日本... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE