新語登場「韓国する」:「韓国する」=「不正する、パクる、捏造する、アサヒる」

新語「韓国する」
「韓国する」=一般的意味は「不正すること」を意味する。
=他に、「パクる」、「捏造する」、「嘘をつく」、「しらを切る」、「いじめる」などの意味もある。普通は、「韓国するな=インチキするな、イカサマするな、パクるな、捏造するな 」という言い方がされることが多い。
類語「アサヒる」。


みなさん、こんにちは。


笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いや偽情報は吉本におまかせ。

以下はジョークである。本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

だいぶ前にここに日本人と韓国人はこんなに違うということをジョークネタにした。
日本人と韓国人

日本人「最近、美人になったってよく言われます」
韓国人「最近、美人になったってよく言われます」
日本人「犬が大好きです」
韓国人「犬が大好きです」
日本人「人の嫌がることを進んでします」
韓国人「人の嫌がることを進んでします」
日本人「日本人らしく振舞うように教育されました。」
韓国人「日本人らしく振舞うように教育されました。」
日本人「息子は小さいんですよ」
韓国人「息子は小さいんですよ」
日本人「犯罪を犯して捕まるなんて馬鹿だな。親はどういう教育をしたんだ」
韓国人「犯罪を犯して捕まるなんて馬鹿だな。親はどういう教育をしたんだ」
日本人「東京大学の卒業式には日の丸も君が代斉唱もありません」
韓国人「東京大学の卒業式には日の丸も君が代斉唱もありません」

まったく同じ言葉で表現されることにも二重の意味が入る。いい方と悪い方である。

韓国人の現代ハングル語では、「防火と放火」は同一でしか表現できないという。つまり、発音上はまったく相異なる単語を区別できず、あとは聞いた本人の頭で判別するしかない。

だから、その人物が朝鮮脳を持っていたとすれば、理解が支離滅裂になる。

そのせいかどうかは知らないが、韓国でハングルで育った韓国人と、日本で日本語で育った在日韓国人と、アメリカで米語で育った在米韓国人とを比べた場合、多少はましになるらしい。が、本質までは変わらない。

今回、欧米人というのはまったくアジア極東という黄色人種、いわゆるオリエンタルピーポーのいる場所には全く関心がない。日本で住みたいとか、日本の女とセックスしたいとか、変な野望がある外人は別だが、普通の西洋系の白人は真っ先に欧州か北欧か、オセアニアに住みたがる。

日本をよいしょする外人には目的がある。モサドのデーブ・スペクター、モルモンのケント・デリカット、ケント・ギルバートなどすべてそれぞに任務を持つ。女性とて同じこと。

こういうのをスリーパー(眠る人)というらしい。日本でいう忍びの草である。西洋流「忍者」なんですナ。忍者が日本だけのものだというのは、西洋人が見事に日本人を「洗脳」する手口の一つである。

だから、普通はアジア大会などあまり興味が無い。あるいは、興味がなかった。

ところが、アジア大会といえども、サッカーはFIFAに所属する。ボクシングはボクシング連盟に所属する。というようにして、試合の勝敗は世界ランキングにカウントされる。だから、欧米人も結果は無視できない。

そこに、英語の得意なインド人のボクサーへ相手の韓国人選手たちが不正を行った。こうなると、韓国人は所詮は韓国中だけの話で終わると思っていたものが、一気にスマホを通じて全世界へ飛び火する。

いわば、韓国開催のアジア大会が「バカッター」になったのである。この影響力は大きい。

これまで、我々日本の心ある者達が韓国人はどうしようもない。いつか日本に戦争を起こすぞというようなことを書くと、「そんなアホな」という反応であった。すくなくとも数年前でもそうであった。

ところが、こうして韓国人の異常さや異常行動がどんどん世界にリークしていくと、世界の共通認識に変わる。
日本人と韓国人は似て非なるものだった!
ということが分かるのである。
韓国人は日本人にストーカーし続けるサイコパス。そういう事実が分かってきたと同時に、実は誰に対してもそういうことを平気で行うかなり特殊な人種だということが分かったのである。

これは地球人の前進である。大きな第一歩である。ハンベーダーはいる。

日本に対してだけですめばまだしも、インド、タイ、モンゴル、イラン、インドネシア、ウズベキスタンなど参加国のほとんどすべての国々に不正を働いた。

いまでは、「不正をする」=「韓国する」という新語が作られたらしい。以下のものである。
アメリカ人が開発した『韓国を揶揄する新用語』が全世界に拡散中。度重なる韓国の不正にアメリカ人も怒り狂っている

2014年10月2日、仁川アジア大会でボクシング女子ライト級に出場したインドの選手が、銅メダルの受賞を拒否したことが報じられ、米国のネットユーザーの間でも注目を集めている。

インドのサリタ・デビは準決勝の判定を不服として、表彰式で銅メダルを拒否。疑惑の判定で敗れた相手で、銀メダルを受賞した韓国のパク・ジンアに、自身が受け取るはずの銅メダルをかけた。韓国でインド選手のこの行為を批判する声が続くなか、米国のネットユーザーはインド選手の勇気を称賛し、韓国を批判するコメントが多く書き込まれている。

「韓国は不正が多過ぎる。2014年の韓国のばか試合だ」
「これが韓国のスタンダードだ。1988年のソウルオリンピックも、2002年の日韓ワールドカップもそうだ」
「これは2018年の韓国(平昌)冬季五輪のプロローグだ」
「世界的な新しい俗語ができた。韓国するな=不正するな」

「この不正に立ち上がってくれてありがとう。あなたは真のヒーローだ」
「勇気ある女性。尊敬します」
「心が引き裂かれる。けれど、負けた選手は今回の勇気ある行動によって、金メダリスト以上に人々の記憶に残ることになるだろう」
「本当のチャンプはサリタ・デビだ」
「銅メダルを返したことで、サリタ自身はダイアモンドになった!」
「インドの雌トラの彼女が、2016年の(リオデジャネイロ)オリンピックに出場してみんなを打ち負かすことを望む」(翻訳・編集/Yasuda)

ソース:レコードチャイナ 2014年10月3日 13時10分
http://www.recordchina.co.jp/a95113.html


100年前の欧州では、日の出の勢いの日本の文化を見て「ジャポネスク運動」が始まった。「日本化」は良い影響を与えた。ゴッホ、ピカソ、ゴーギャンなどへ強い影響を与えた。

あれから100年後の今、日の出の勢いの韓国の文化を見て「コリアスク運動」が始まった。「韓国化」は悪い影響を与えた。

皮肉である。が、この本質をずっと太古から知っていたのは日本人だけである。

それがやっと世界に知らされたらしい。

タイの人が作ったという反韓番組がこれ。
Mafiarecord - โอปป้าจงเจริญ Parody (with English sub)

【大嫌韓時代】韓国人、タイで猛烈に嫌われるwww 世界中で嫌韓が大流行www【仁川アジア大会】


もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士
という理由が誰の目にも明らかになったに違いない。

もっとそのキチガイぶりを知りたければ、インターネットで日本のアダルト業界を見ればいい。日本にどれだけキチガイサイコパスの韓国人が来ているかわかるだろうヨ。ポルノにみせた人類虐待である。WHOとUNは人間の人権をいったいどう考えているのだろうか?ハンベーダーは人間ではない。これもまたそのうち誰の目に分かってくるに違いない。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-10-04 12:12 | ジョーク一発

<< 太陽の巨大CMEは火山爆発の原... NWOのアジェンダ:米エリート... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE