ジュビロ磐田の中盤支えた奥大介選手死去:Jリーグを破壊する創価学会の魔の手か!?

松田博幸 悲しいときはいつも


みなさん、こんにちは。

いやーとても残念。元ジュビロ磐田の奥大介選手が交通事故死。享年38歳。ご冥福を祈ります。

e0171614_17234180.jpg



17日午前4時25分ごろ、宮古島市上野宮国の県道202号で、軽自動車が対向車線に進入し、電柱などに衝突した。運転していた兵庫県出身の元サッカー日本代表選手・奧大介さん(38)=宮古島市下地=が骨盤骨折などを負い意識不明の重体で市内の病院に搬送されたが、

約1時間半後に死亡が確認された。宮古島署が事故原因を調べている。

現場は、畑や原野に囲まれた見通しの良い片側1車線の直線道路。県警や宮古島署によると、軽自動車は上野交差点から宮国交差点に向けて進行中だった。前の部分が大破し、倒れた電柱付近の雑木林に突っ込んだ状態で見つかった。

奧さんは兵庫県尼崎市出身。現役時代のポジションはミッドフィールダーで、Jリーグのジュビロ磐田などに所属していた。


おとなしく、控えめで、献身的に汗を流して走り回る。主役というよりは名脇役。そんな感じのすばらしいミッドフィールダーだった。フリーキックの名手。

奥大介選手を追悼するために、生前のプレーをメモしておこう。以下のものである。

(奥 大介)Jクロニクルベスト:2004ベストゴール

中村選手によるもの
奥大介 Daisuke Oku 横浜F・マリノス Yokohama F-Marinos

奥大介テクニカルアドバイザー


さて、横浜マリノスのMFで若くして心臓発作で亡くなったのは、他に松田選手がいる。松田選手は中田英寿選手や宮本恒靖選手と同様に、U17からワールドカップまですべてのカテゴリーで日本代表になった数少ない選手の一人である。

横浜マリノスに対する功労者であった奥選手や松田選手が突然マリノスを解雇されて、流浪の旅に出るかのように弱小チームにしか入れなくなったのか?私はいつも不思議に思っていたように、サッカー選手の中で悲惨な末路をたどる人がかなりいるのである。たとえば、これ。
DV逮捕の元日本代表・奥大介だけじゃない 引退Jリーガーの末路が悲惨

この中にあるように、栄光の日々から引退して若くして職にも困るというサッカー選手特有の問題がある。が、その一方で連日テレビに出っぱなしのサッカーコメンテーターのようになってお金を稼ぐ引退選手も多い。一握りとはいえ、かなりの数のそういう引退組もいるのである。

この差がどこから来るのか?

というと、実はそれは私がここにサッカーに関して、「創価ジャパン」という言い方をしている問題が出てくるのである。要するに、サッカー選手がタレントの久本雅美のように創価学会の信者になっていなければ、芸能界やテレビ業界に就職できないのである。それほど、芸能界やテレビ業界はスポーツ芸能というように、創価学会(=北朝鮮=韓国)汚染がひどくなったのである。

最近の赤日新聞による「慰安婦捏造」などほんの一握りの事件にすぎない。新聞報道どころか、芸能界は言うに及ばず、スポーツの世界もほぼすべてに創価学会が入り込んでいるのである。

つい最近では、ついに「箱根駅伝」にまでも、本丸の創価大学が出場するまでになった。もちろん、山梨学院はおろか、かなりが創価系と考えられる。というように、Jリーグもまた創価汚染がひどいのである。だから除鮮しないかぎり日本のスポーツにも未来はない。

創価はかつては朝鮮総連の回し者だったが、いまでは韓国民団の輩下に収まっている。日本国内では北朝鮮籍は法的に存在せず、全員が韓国籍しかとれなくなったからである。つまり、ミンス党=民主党=民団主流党=パチンコ政党が芸能界広告業界を仕切っている電通/博報堂のコマになっているのである。

まあ、最近では、もともとこの構造を作ったのが終戦直後のアメリカの偽ユダヤ人だったが、その偽ユダヤ人もほとほとバ韓国に嫌気が差し始め、そのバ韓国が共産支那に事大し始めたものだから、早速報復。

それが、在日ヤクザの温床である日本のヤクザのアメリカにある資産凍結というものだった。これはかのペンタゴンの公式サイトで公表されたものである。これはいわゆるNWOからの警告かつメッセージであると考えられる。つまり、非公式であれなんであれ、アラブに金を提供すれば、即座にテロ組織とみなし、すべての資産を凍結するという意思表示である。

アメリカの思惑が我々日本人の暴露論者の思惑やらスピリチュアルのお花畑の思惑と違おうが同じだろうが、彼らは長年の計画に乗っ取って生きているわけである。だから、彼らには彼らの計画=アジェンダがある。それがアングロサクソン・ミッションと我々が呼んでいるものである。したがって、それに反するものにはこういう実力行使が来る。

電通はそのアメリカが育成したものである。したがって、その電通が調子に乗って創価学会とツルンで裏金をヤクザ経由で韓国や中国やアラブにまわしているとなれば、即座に電通も創価学会もテロ指定を受ける。オバマ大統領になってから、大統領があいつはテロリストだと言えば、そいつがテロリストになるという法律にサインしすでに執行されている。したがって、電通やら創価学会やら民団やらがやらかせば、当然報復として資産凍結やらテロ指定が来る。しかもいまのアメリカの法律は、無人爆撃機で先制攻撃することを認めているわけである。

つまり、日本国内に電通やら創価学会やら民団やら統一教会やら朝鮮総連やらヤクザやら、ISISと関係しそうな組織があったとわかれば、即座にイラクやアフガンやシリアのような状況に我が国も突き落とされかねないのである。

私が心配しているのはこれである。つまり、我が国にいる在日韓国人たちの起こす反日反米活動がテロ指定を受けて、そのせいで爆撃されて一般人が道連れになるという事態である。というわけで、日本政府が甘く見ているとかなり痛い目にあう。阪神淡路大地震や東日本大震災どころではない。


さて、Jリーグの創価汚染の問題は「アキレタジャパン」「ザックジャパン」でメモしてきたが、基本的に創価学会員ではないと、今や日本代表になれない。あるいは、非常になりにくいのである。なぜならスポンサーのキリンにしてもアディダスジャパンにしても会社の上層部がほとんど創価系だからである。

創価学会はフランスではカルト指定されている。まあ、一種のテロ組織という認識である。統一協会もそうであろう。そんなカルトに入信しなければ、代表になれず、引退後のポストも提供しない。そういう国になったのである。

いまやあのパヒュームですら全面に創価学会色をあからさまに出してきている。
e0171614_18112622.jpg
e0171614_18113430.jpg

(三角はもろイルミナティーを意識していますナ。創価学会は自分を日本のイルミナティーと心底思っているわけである。)


ところが、本物の欧米のNWOは政治状況によってどんどん手下を切り捨ててきた。

例えば、アルカイーダはもともとはアメリカが給料支払って雇って育てた対ソ連用の民兵ムジャヒディンだった。ソ連にとってのベトナム戦争になるようにアメリカのブレジンスキーが育てたのである。

ところが、ソ連が崩壊してロシアになったらもはや用なし。そこで911を仕込んでアルカイーダをアラブが育成したテロリストということにした。そして、獅子身中の虫をさん滅するという名目で、一気にアフガ二スタン、イラク、パキスタン、リビア、シリアと戦火の海となったのである。

日本や朝鮮半島や中国とて例外ではない。いま中国と香港、台湾国内など、共産党支配と民主派の対立という触れ込みでアラブの後を追っている。

これと同じことが日本では、おそらく電通創価支配vs日本保守派、つまり、在日韓国人vs日本人の構図となるだろうということである。そこをつけ込まれるのである。

そんな創価汚染の実態を語るものがあったので、それもついでにメモしておこう。創価汚染の問題と奥選手の死の問題(松田選手の死の問題も)は決して無関係ではないのである。
奥大介、創価学会を拒否し職場イジメに遭っていた!佐伯日菜子はストレスのはけ口に
http://imashun-navi.seesaa.net/article/366215060.html

妻・佐伯日菜子さんへの脅迫の容疑で元日本代表MFの奥大介さんが逮捕されましたが、暴言やDVを繰り返した背景にはストレスがあったといいます。そのストレスの原因には、奥さんが所属していた横浜FCの創価学会包囲網があったと週刊新潮が報じています。

奥容疑者が逮捕されたのは66日。「今から殺しに行くから」と妻である佐伯日菜子さんを脅迫した疑いで神奈川県警に逮捕され、地元・尼崎市から移送されました。

女性自身によると、DVが日常化したのは'06年にマリノスから戦力外通知を受けたころからで、徐々にエスカレートしていったと報じられていますが、その原因の一つが奥容疑者の精神的な問題だといいます。

横浜FCの関係者はこう話す。

「実は、昨年の夏前から大介はウツ状態だった。ウチは、サッカー業界では“創価学会のチーム”と言われている。オーナー会社の代表が熱心な学会員だからです。チーム内には、入信しなければ出世できないような雰囲気がある。それを嫌がって、やめたコーチやフロントスタッフは1人や2人ではない。大介も、“創価学会に入ったら、俺も一生メシが食えるワ”と苦り切った顔つきで口にしていたこともあった」 (拙注:ちなみに、中村俊輔選手は生粋の創価学会だよネ。

奥は、宗教活動に熱心なフロントと、それを煙たがる選手の間で板挟みになっていたという。

「一見すると、大介が反創価学会グループをまとめているように映ったのかもしれません。そのために、上層部の反感を買い、職場イジメに遭うようになった。大介は精神的に追い詰められ、ウツからDVを引き起こすという悪循環に陥ってしまったのです」(同)
<週刊新潮>
(これを見ても分かるように、神奈川県警は日本人のための警察ではない。あっち側、つまり在日系の警察である。千葉県警、埼玉県警、兵庫県警、警視庁もそう。さらにはおどろくべきことに警察庁すらそうである。だから、いつか日本の警察そのものが欧米のNWOからテロ指定を受け、自衛隊と全面戦争になり、一般人が相当犠牲になるだろうと私は想定しているのである。事実、在日韓国人や韓国人が起こした凶悪犯罪を少しも解決しないことから明白である。このハイテク時代に解決できない事件は存在しない。やる気が無いにすぎない。世も末である。)

というわけで、サッカー界もまた例外なく、在日特権、韓国人優遇、創価学会厚遇、そういった人種差別が存在するのである。

そろそろ、日本政府や自民党は、日本のスポーツにおける創価学会による「逆差別」「日本人差別」を禁止する法律を作るべきですナ。ついでに、早く銃刀法改正してくれ。

ちなみに、こういうことをメモすると、すぐにお花畑や偽陰謀論者やにわか陰謀論者にはすぐに「やつは〜〜の工作員」というようなことを考えるおめでたい人間がいるが、いうまでもなく、私は物理学者だ。宗教もスピリチュアルも何も信じてはいない。どこの信者でも工作員でもない。私は数式で証明できないものは基本的に一切信じない。そういう人種である。だが、別に証明できず、否定もできないものをあえて否定をしない。オープンマインドを持つ科学者である。だから、テスラを研究し、アインシュタインを否定している。そういう根拠を見つけたからである。理由なくそう主張しているのではないんですナ。まあ、信じる信じないはあなた次第ですというやつですナ。

というわけで、一人の不可思議な死にはそれ相当の背景というものが存在する。奥大介選手の晩年の不幸にも、今回の事故死にもそれなりの理由というものがある。まあ、そういうことですナ。

心より奥選手のご冥福をお祈りいたします。安らかに眠れ。
君のプレーにはいつも感動させられた。ありがとう。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-10-18 18:40 | マスゴミ

<< 朝鮮日報アカヒ新聞の反日ネット... ヤスミンちゃんの最新映像を発見... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE