「中韓在日のブーメランの時代」:韓の法則発動がブーメラン発動になった!?



ブーメラン ストリート

作詞阿久悠
作曲三木たかし
唄西城秀樹

ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう
ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう

(中略)

ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう
ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう


みなさん、こんにちは。

今行われている国会は、ミンス党が野盗になってからのミンス党など野党の国会質疑はすべて「ブーメラン」になっている。言っていることのすべてがそれまでのミンス党が行った愚策のリターンとなっている。

最近の一番の目玉が、蓮舫の「団扇(うちわ)」のブーメラン。
国会中継で蓮舫議員が松嶋法務大臣の配ったうちわが公職選挙法違反に当たると指摘→蓮舫もやってる→ブーメラン(笑)10月7日


もしまじめに本気で蓮舫議員がこんな質問しているとすれば、もはやサイコパス。精神分裂病である。即刻議員除名し、精神鑑定を受けさせて入院させるべきである。

自分が同じことをやっていたことを棚に上げて人を批判するとナ?狂っている。

それより、自閉症の子供が居ることを公には伏せて国会議員していた猪口議員に対する蓮舫の非道な代表質問は、かの支那の四人組時代の江青を思わせる。
蓮舫vs猪口邦子 2006年国会


「あなたに障害者のいる母親の気持ちなんかわからない!」
って、良く言えたものである。

いったい蓮舫はどこでこんな人間になってしまったのだろうか?

それは知らないが、完全に逝っちゃっているようですナ。人間としての感覚がなさそうだ。たぶんレプティリアンにボディーハイジャックされているのだろうナア。まあ、バナナマフィアだった父親、謝哲信の遺伝だろう。本当は奴は台湾のテロリストだったんだがナ。たしかオバマのエマニュエルという側近がいたが、そいつの父親はイスラエルのテロリストだったわけだから、そういう連中はこの地球には五万といるわけであるからして、特に驚くことはない。

さて、このブーメラン、民主党どころか、いまや共産党の支那中国そのものにも発動中である。これが例の「韓の法則」発動というものである。

支那中国共産党が、韓国と連携し始めたとたんに、「従軍慰安婦は存在せず、そういうものは公的に営業が認められた志願売春婦にすぎなかった」ということが暴露されてしまったために、「従軍慰安婦は戦後朝日新聞が捏造した架空のウリナラファンタジー=歴史捏造だった」と朝日新聞自らが証明し、韓国も加担していることまで分かってしまった。そして、今度はその矛先は「南京大虐殺」にも向かい、「南京大虐殺もまた朝日新聞の作り出した捏造だった」ことが分かったのである。(南京大虐殺でブログ内検索)

そして、そこで、ちょっと分が悪くなってきた共産党や歴史を知らないシナ人や韓国人が、今度は、「南京虐殺百人斬り競争」のことを持ち上げる。これがあらたなるブーメランを引き起こす。以下のものである。
 南京虐殺「百人斬り」、日本人将校の戦争犯罪の珍しい写真…中国メディア

東京日日新聞の紙面。 日本人将校は「百人斬り」と知られている殺人ゲームを行っていました。
e0171614_12343365.jpg


 1946年12月31日。 写真は日本の戦争犯罪人である鶴丸光吉氏の処刑の瞬間。 彼は罪のない民間人を殺害した罪に問われていました。

e0171614_1232323.jpg
e0171614_12345471.jpg

(いうまでもなく、日本軍がナチスのヘルメットをかぶるはずがない。処刑しているヒトモドキはどこかでナチのヘルメットを拾ってかぶったシナ人か、韓チャイナ人であろう。)

上で
東京日日新聞
e0171614_12405178.jpg
が報道とあるが、この新聞こそ、朝鮮日報日本支社の朝日新聞と双璧である、現在の毎日新聞の前進だったのである。戦前の東京日日新聞が戦後において毎日新聞になったのである。

つまり、戦前、大日本帝国の海軍は日露戦争でかろうじてロシア軍に勝った。が、海軍将校が全員、欧米の軍事力をよく知っていた。だから、日本海軍の将校のほぼ全員が大東亜戦争に反対したのである。

そんな中、国内の朝鮮系やら無知蒙昧な臣民を先導して大東亜戦争に引き込んで日本を弱体化させようとしたメディアが、朝日新聞と東京日日新聞(現毎日新聞)であったのである。朝日新聞と東京日日新聞(現毎日新聞)が第二次世界大戦を引き起こしたといっても過言ではないのである。

要するに、朝鮮韓国かぶれのこの二社のせいで、欧米や日本や東亜の多くの人間が戦争で死んだのである。


さて、そんな毎日新聞(=東京日日新聞)の捏造の根拠=証拠もいまはよく分かっている。

結論から簡単にいうと、処刑された3人は、砲兵部隊であり、前線における戦闘経験がなかった。だから軍刀を持っていなかった。単なる砲撃軍の日本軍人だったのである。たまたま平和時に軍刀を借りて記念写真を取ったものを敗戦後に利用されて、処刑対象にされたのである。

言い換えれば、火病状態にあったシナ人民衆の矛先を変えるための生贄になったのである。誰でも良かったのである。

以下のものである。ちょっと長いが、重要なものであるからここにもメモさせてもらおう。

2007年6月20日 (水)
「百人斬り競争」報道から何を学ぶか3──向井少尉の弁明そして遺書──


 鈴木明が、向井少尉の申辨書と彼の遺書の一部を読んだのは、昭和47年3月中旬頃のことです。また、向井少尉から彼の母宛の遺書(全文)を読んだのは、成田に住む先妻の次女千恵子さんを訪れた3月24日です。この遺書や申辨書が中国からどのようにして持ち出され遺族の手に渡ったかというと、それは「南京刑務所で、向井氏が処刑される寸前まで、彼と共に生活した」人たちの手によるもので、このことは、その中の一人当時島根県江津市に住む小西さんという方が、鈴木氏に次のような手紙を送ったことで判明しました。

 ─「私は当時南京戦犯拘留所で、向井、野田、田中その他の人たちと一緒に生活し、彼らが内地から送られてきたときから、死刑になるまで、ともに語り合ったものです。
 当時拘留所は木造の二階建てで、元陸軍教化隊のあったところとききました。一階が各監房、二階半分が監理室、半分が軍法廷あてられていた関係もあり、耳を澄ませば二階の裁判の模様がききとれるような環境でした。
 谷中将と向井、野田両氏が何時送られてきたかのはっきりした記憶はありませんが、彼らが着いて直後、予審とも記者会見ともわからないようなものをやり、この人たちがはじめから異常な扱いをされていることはすぐにわかりました。『事実は明白である。如何なる証拠を出しても無駄である』といっていたそうで、大虐殺の犯人(「南京大虐殺」─筆者)として事件に結末をつける政略的なものであろうと、我我も話をしていました。

 彼らは死刑判決後、柵をへだてた向こうの監房に移されましたが、書籍や煙草を送ることや、会話は許されました。彼らは、この事件は創作、虚報であるとくり返し訴え、浅海記者がそのことを証明してくれるだろうといっていました。

 判決後、その浅海記者の証言を取り寄せるため、航空便を矢つぎ早に出しました。その費用を出すため、私たちも衣類を看守に売ったりして援助しました。やがて待望の証言書が届き、その時は彼は声を上げて泣きましたが、この証言内容は、よく読むと老獪というか、狡猾というか、うまく書いてあるが決して『創作』とは書いてありませんでした。そして、彼らは処刑されました。

 残された我々は当時、皆涙を拭いながら、浅海記者の不実をなじったものです。記者が、どういう思惑があったかは知りませんが、何物にもかえ難い人命がそこにかかっていたということを、知っていたのでしょうか。

 たしかに、裁判もでたらめでした。二回の審議で、つぎは判決だったと思います。証拠も新聞記事が主なものでした。彼らは日記をつけていたので、私たちが遺族にとどけようということになり、私は向井、酒井隆、鶴丸光吉のものを引き受けました。向井の分は上海拘留所に移された時、無罪で三重県に帰る人がいたのでお願いしました。後に、確かに渡したという照会も致しました。

 私はこの手紙を書くに当たって、今更このようなことを書いても、余りに空しいと思いましたが、刑の執行の朝、彼らが、軍事法廷になっていた二階で、”天皇陛下万歳、中華民国万歳、日中友好万歳”と三唱した声が今でもはっきり蘇ってくるので、あえてここに筆を執りました。まずは、ご参考までに。」(『「南京大虐殺」のまぼろし』鈴木明p121」)

 また、この時、鈴木明の見た「上申書」は、向井少尉の弁護人(『偕行』記事によると薛弁護士)が南京軍事法廷に提出したと推定されるものです。(南京軍事裁判所の検事による二人に対する審問は昭和22年11月6日に始まり、12月18日に死刑判決が下されるまで数回なされていますが、この審問の後二人が裁判所に提出したものが「答辨書」で、起訴事実に対する論駁として提出したものが「申辨書」です。ここで鈴木の見た「上申書」はこのいずれかの草稿と思われますが、日付の記載がないのでわかりません。)また、この本には、この「上申書」(カナ書きで長文のもの)を鈴木明が要約したものが掲載されていますので、ここでは、平成17年8月23日に言渡された本裁判(東京地裁)の判決資料として付された向井少尉の答辨書(s22.11.6)─おそらく最初の審問後に裁判所に提出したもの─を紹介しておきます。

*次のファイル資料は、「読める判決『百人斬り』」のサイトより転載しました。http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/han/hanketsu-3.htm

(向井少尉の答弁書11.6警察庭における審問後提出)
 「昭和12年11月,無錫郊外において,私は,浅海記者と初めて遭遇して談笑した。私は,浅海記者に向かって,『私は未婚で軍隊に徴集され中国に来たため婚期を失ったのです。あなたは交際も広いから,花嫁の世話をして下さい。不在結婚をしますよ。』と談笑した。浅海記者は,笑って『誠に気の毒で同情します。何か良い記事でも作って天晴れ勇士にして花嫁志願をさせますかね。それから家庭通信はできますかね。』と聞いてきたので,『できない。』と答えた。浅海記者とは,『記事材料がなくて歩くばかりでは特派記者として面子なしですよ。』などと漫談をして別れてから再会していない。」

 「私は,無錫の戦闘最終日に到着して砲撃戦に参加した。しかしながら,砲撃戦の位置は,第一線よりも常にはるかに後方で,肉迫突撃等の白兵戦はしていない。常州においては戦闘はなかった。中国軍隊も住民も見なかった。丹陽の戦闘では,冨山大隊長の指揮から離れて,私は,別個に第十二中隊長の指揮に入り,丹陽の戦闘に参加して砲撃戦中に負傷した。すなわち丹陽郊外の戦闘中迫撃砲弾によって左膝頭部及び右手下膊部に盲貫弾片創を受け(昭和12年11月末ころ),その後,第十二中隊とも離別し,看護班に収容された。

 新聞記事には句容や常州においても戦闘を行い,かつ,百人斬りを続行したかのような記載があるが,事実においては,句容や常州においては全く戦闘がなく,丹陽以後,私は看護班において受傷部の治療中であった。昭和12年12月中旬頃,湯水東方砲兵学校において所属隊である冨山大隊に復帰した。冨山大隊は,引き続き砲兵学校に駐留していたが,昭和13年1月8日,北支警備のため移動した。その間,私は,臥床し,治療に専念していた。」

 「私の任務は歩兵大隊砲を指揮し,常に砲撃戦の任にあったものであって,第一線の歩兵部隊のように肉迫,突撃戦に参加していない。その任務のために,目標発見や距離の測量,企画,計算等戦闘中は極めて多忙であった。戦闘の間,私は,弾雨下を走り,樹木に登り,高地に登ることを常としていたために身軽であって,軍刀などは予備隊の弾薬車輪に残置して戦闘中には携行しないのが通常であった。そのため,私は,軍刀を持って戦争した経歴がない。

 「私の戦争参加に関しては,新聞記事に数回連続して報道されたが,私は,中支においては前後2回の砲撃戦に参加したのみで,かつ,無錫郊外にて浅海記者と初回遭遇したほかは再会しなかった。ところが,記事には数回会合したかのように記載してある。しかも,私は負傷して臥床していたにもかかわらず,壮健で各戦闘に参加し百人斬り競争を続行したかのように報道したものである。」

 「昭和21年7月1日,国際検事団検察官は,私と新聞関係者,1日軍部関係者等に対して厳重なる科学的審査を反復した結果,百人斬り競争の新聞記事が事実無根であったこと,私が浅海記者と無錫郊外において一度会談した以外それ以後再会していないこと,私が戦闘に参加したのは,無錫における砲撃戦参加と丹陽における砲撃戦参加の2箇所であること,私が丹陽の戦闘で負傷し,野戦病院に収容され,爾後の戦闘に参加しなかったことなどが判明し,本件に関しては再び喚問することがないから,安心して家業に従事せよとの言い渡しを受けて,同月5日,不起訴釈放されたものである。」

 鈴木明はこの「上申書」を読んで、すぐに北岡千重子さんに会いに行きました。(3月19日)そこで、彼女から向井少尉との出会いや、昭和21年の夏に向井少尉が復員して以降約1年間の生活のこと、そして、東京の市ヶ谷の軍事法廷に連れて行かれた時の様子をきくことができました。「ある日、警察が『MPが向井敏明という人を探しているが、お宅の敏明さんは、本人ではないのか』と照会してきた。向井敏明は、彼女の実家である北岡家の養子という形で入っていたので、姓も北岡と変わっており」、警察は「姓も違うし、もし本人でないなら、そういってくれればいい」と暗に逃亡をすすめたといいます。

 しかし、彼は「僕は悪いことをしていないから、出頭します」といい、「珍しいものをのぞいてくるのも経験の一つ。それに、このことで困っている人がいるのかも知れない。大丈夫だよ。連合軍の裁判は公平だから」といったそうです。(*すでに21年7月に国際検事団の審査を受け不起訴となった経験があったからと思われます─筆者注)彼女が、虫の知らせもあって、「もしや、百人斬りのことが問題になるのでは・・・?」と彼にきくと「あんなことは、ホラさ」とこともなげにいい、「何だ、それじゃ、ホラを吹いて、あたしをだましたのね」と彼女がいうと「気にすることはないよ。大本営が真っ先にホラを吹いていたんだから。そんなこといい出したら、国中がホラ吹きでない人は一人もいなくなる─」とまじめな顔をしていったといいます。

 その後、鈴木明は向井少尉の先妻(先の北岡千重子さんは再婚)の次女にあたる向井千恵子さんに合い、彼女の所持していた、向井少尉から祖母(つまり向井少尉の母)宛ての遺書を見ることができました。千恵子さんは祖母のフデさんに(実母は終戦後ほどなく死亡)親代わりの愛情をそそがれて育ちました。フデさんのこうした苦労の支えになったのは、この『孫を頼むといった敏明の遺書』だったそうです。

 その遺書は次のようなものです。(『「南京大虐殺」のまぼろし』にはその一部が紹介されているだけですので、ここでは、その全文を紹介しておきます。)

向井敏明氏の遺書

  辞 世
 我は天地神明に誓い捕虜住民を殺害せること全然なし。南京虐殺事件等の罪は絶対に受けません。死は天命と思い日本男子として立派に中国の土になります。然れ共魂は大八州島に帰ります。
 我が死を以て中国抗戦八年の若杯の遺恨流れ去り日華親善、東洋平和の因ともなれば捨石となり幸ひです。
 中国の御奮闘を祈る
 日本の敢奮を祈る

 中国万歳
 日本万歳
 天皇陛下万歳
 死して護国の鬼となります
 十二月三十一日 十時記す 向井 敏明

  遺 書
 母上様不孝先立つ身如何とも仕方なし。努力の限りを尽くしましたが我々の誠を見る正しい人は無い様です。恐ろしい国です。

 野田君が、新聞記者に言ったことが記事になり死の道ずれに大家族の本柱を失わしめました事を伏して御詫びすると申伝え下さい、との事です。何れが悪いのでもありません。人が集まって語れば冗談も出るのは当然の事です。私も野田様の方に御詫びして置きました。

 公平な人が記事を見れば明らかに戦闘行為であります。犯罪ではありません。記事が正しければ報道せられまして賞讃されます。書いてあるものに悪い事はないのですが頭からの曲解です。浅海さんも悪いのでは決してありません。我々の為に賞揚してくれた人です。日本人に悪い人はありません。我々の事に関しては浅海、富山両氏より証明が来ましたが公判に間に会いませんでした。然し間に合つたところで無効でしたろう。直ちに証明書に基いて上訴しましたが採用しないのを見ても判然とします。富山隊長の証明書は真実で嬉しかつたです。厚く御礼を申上げて下さい。浅見氏のも本当の証明でしたが一ヶ条だけ誤解をすればとれるし正しく見れば何でもないのですがこの一ヶ条(一項)が随分気に掛りました。勿論死を覚悟はして居りますものゝ人情でした。浅海様にも御礼申して下さい。今となっては未練もありません。富山、浅海御両人様に厚く感謝して居ります。富山様の文字は懐かしさが先立ち氏の人格が感じられかつて正しかつた行動の数々を野田君と共に泣いて語りました。

 猛の苦労の程が目に浮び、心配をかけました。苦労したでせう。済まないと思います。肉親の弟とは云い乍ら父の遺言通り仲よく最後まで助けて呉れました。決して恩は忘れません。母上からも礼を言つて下さい。猛は正しい良い男でした、兄は嬉しいです。今回でも猛の苦労は決して水泡ではありません。中国の人が証明書も猛の手紙も見たです。これ以上の事は最早天命です。神に召さるゝのであります。人間がする事ではありますまい。母の御胸に帰れます。今はそれが唯一の喜びです。不幸の数々を重ねてご不自由の御身老体に加え孫二人の育成の重荷を負せまして不幸これ以上のものはありません。残念に存じます。何卒此の罪御赦し下さい。必ず他界より御護りいたします。二女が不孝を致しますときは仏前に座らせて言い聞かせて下さい。父の分まで孝行するようにと。体に充分注意して無理をされず永く生きて下さい。必ずや楽しい時も参ります。それを信じて安静に送つて下さい。猛が唯一人残りました。共に楽しく暮して下さい。母及び二女を頼みましたから相当に苦労する事は明かですからなぐさめ優しく励ましてやつて下さい。いせ子にも済まないと思います。礼を言つて下さい。皆に迷惑を及ぼします。此上は互に相助けていつて下さい。千重子が復籍致しましても私の妻に変りありませんから励まし合つて下さい。正義も二女もある事ですから見てやつて下さい。女手一つで成し遂げる様私の妻たる如く指導して下さい。可哀想に之も急に重荷を負わされ力抜けのした事、現実的に精神的に打撃を受け直ちに生る為に収入の道も拓かねば成りますまい。乳呑子もあつてみれば誠にあわれそのもの生地獄です。奮闘努力励ましてやつて下さい。恵美子、八重子を可愛がつて良き女性にしてやつて下さい。ひがませないで正しく歩まして両親無き子です、早く手に仕事のつくものを学ばせてやつて下さい。入費の関係もありますので無理は申しません。猛とも本人等とも相談して下さい。

 母上様敏明は逝きます迄呼んで居ります。何と言つても一番母がよい。次が妻子でしょう。お母さんと呼ぶ毎にはつきりお姿が浮んで来ます。ありし日の事柄もなつかしく映つて来ます。母上の一生は苦労心痛をかけ不幸の連続でたまらないものを感じます、赦して下さい。私の事は世間様にも正しさを知つていたゞく日も来ます。母上様も早くこの悲劇を忘れて幸福に明るく暮して下さい。心を沈めたり泣いたりぐちを言わないで再起して面白く過して下さい。母の御胸に帰ります。我が子が帰つたと抱いてやつて下さい。葬儀も簡単にして下さい。常に母のそばにいて御多幸を祈り護ります。御先に参り不幸の罪くれぐれも御赦し下さい。石原莞爾様に南京に於て田中軍吉氏野田君と三名で散る由を伝達して生前の御高配を感謝していたと御伝え願います。(下線は筆者)

『世紀の遺書』巣鴨遺書編纂会(講談社)p41─42


こうして、シナ人や韓国人が歴史をほじくり返せばほじくり返すほど、自分たちに都合の悪い事実だけが出てくる。

向井敏明氏が、
日本人に悪い人はありません。
と証言したように、当時の日本軍は非常に厳しく、悪いことをする人間などまったくいなかったのである。また、そういうふうに厳粛になるほど、当時の日本の軍隊では精神性の高さを保たれていたのである。憲兵隊は日本軍のたるみを見張っていた。

こういったことを「しょうゆ」を飲んで逃げまわった朝鮮系の日本人が、戦後になって欧米の威を借りて「自虐史観」「反日史観」を植え付けて、日本社会を乗っ取った。

その象徴が「従軍慰安婦捏造」であり、「南京大虐殺捏造」であり、「南京100人斬り競争捏造」であった。従軍慰安婦は、朝日新聞による捏造、南京大虐殺は毎日新聞の捏造、戦前の南京100人斬り競争は、戦前の東京日日新聞の捏造。

すべてが反日のための捏造だったということのようですナ。

そういう連中の子孫の一人が、バナナマフィアの子孫の蓮舫であるというに過ぎない。


心してかかれりなさいよ、日本人よ!

というところですナ。

まあ、もうすぐに韓国から電通あたりに来ている韓国人がエボラ発症してパニックが起こるはずだから、乞うご期待。連中に処理能力があるかどうか分かるはずである。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-10-19 13:14 | 反日・在日の陰謀

<< 小渕大臣に「韓の法則発動」か?... 朝鮮日報アカヒ新聞の反日ネット... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE