西日本の「大火球」と豪州の「クラウドホール+HAARP虹」:何かの予兆!?

みなさん、こんにちは。

113の昨日は、やはり何かが起こった!日本の西日本一帯で「大火球」が観察されたらしい。同じ西日本にいる私はまったく気づかなかった。残念無念。以下のものである。
2014年11月03日 西日本上空で光る物体、正体は「火球」


他多数。


さて、方やオーストラリアでは、我々陰謀暴露論者がだいぶ前からメモしてきた、「HAARP虹」が「クラウドホール」と同時に観察されたようである。以下のものである。
Fallstreak Hole: Photographers capture rare cloud formation in Victoria's east
e0171614_9221929.jpg

Victorians have been treated to what appears to be a rare cloud formation known as a Fallstreak Hole.

The formation was spotted in the Gippsland area, in the state's east, about 1:00pm on Monday.

The Fallstreak Hole, or hole punch cloud, occurs when part of a cloud's water droplets freeze into ice crystals and fall below the cloud layer, according to the Cloud Appreciation Society.

ABC audience members shared their photos.

Rare cloud phenomenon


これまでの解釈では、欧米に巣食った悪魔主義者のNWOが、アラスカや全世界にある20数カ所のHAARP施設から放射した電磁波によって、人工地震を引き起こそうとする時に、その通過地点に雲があると、そこが電磁波でクラウドホールとHAARP虹ができる、というものであった。

この解釈に従えば、このビクトリア湖のあたりに後々結構大きな地震が起こる。だから、要注意、ということになる。

しかしながら、どうも最近ではこの解釈以外にもあり得るという感じがする。

というのも、このところ、太陽で頻繁に巨大フレアが炸裂。それも我が地球に向けて炸裂しているのである。
宇宙天気ニュース
2014/10/18 09:37 太陽の東端から2192黒点群が現れ、Cクラスのフレアを起こしています。
2014/10/19 10:46 2192黒点群の活動が続いています。磁気圏の活動もやや高まっています。
2014/10/20 11:25 2192黒点群でX1.1の大規模フレアが発生しました。
2014/10/21 12:28 Mクラスのフレアが続いています。太陽風は高速になり、オーロラも強まっています。
2014/10/22 12:05 2192黒点群でM8.7のフレアが発生しました。太陽風は650km/秒の高速風になりました。
2014/10/23 13:45 2192黒点群でX1.6の大規模フレアが発生しました。19日のXフレアのHα写真をどうぞ。
2014/10/24 10:47 2192黒点群の活動は落ち着いて、フレアは減っています。
2014/10/25 13:28 2192黒点群でX3.1の大規模フレアが発生しました。
2014/10/26 14:27 昨日に続いて、2192黒点群でX1.0の大規模フレアが発生しました。
2014/10/27 13:47 2192群でX2.0の大規模フレアが発生しました。Xフレアは3日連続です。
2014/10/28 12:16 2192黒点群で、再びX2.0の大規模フレアが発生しました。活発な活動が続いています。
2014/10/29 11:55 2192黒点群はMクラスフレアを起こし、太陽の西端に近づいています。
2014/10/30 12:05 Mクラスのフレアが続いていますが、2192群は太陽の西端に沈みかけています。
2014/10/31 12:08 2192黒点群は見えなくなりました。太陽風は磁場がやや強まっています。
2014/11/ 1 11:48 太陽風磁場がやや強まっていますが、磁気圏は穏やかです。
2014/11/ 2 13:43 太陽の南東でフィラメント噴出が発生しました。太陽風は高速風に変わっています。
2014/11/ 3 12:25 太陽の東端でC9.4のフレアが発生しました。10月の黒点数は60.6でした。

太陽フレアとCME(コロナ放出)はちょっと違う。簡単に言えば、前者は主に電磁波が来るもの。後者は陽子や電子のプラズマが来るものである。

このところは、フレアが来ていた。つまり、電磁波が地球を襲った。

という事情から、ひょっとしたら、今回の「クラウドホール+虹」は、宇宙から太陽からの電磁波によって引き起こされたのではないか?という可能性がある。

しかしながら、放射源が地球の闇の組織の基地からであるか、太陽からであるかの違いだけであって、現象としての結果が同じなら、その後の結果も同じだろう、ということになる。

したがって、やはり、この地域は地震に注意すべきだろうということになる。


今後を注目したい。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-11-04 09:33 | HAARP

<< 地上のUFO:グーグルアースで... ブーメラン枝野の密約:「私は革... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE