「スピリチュアルTV」が映るのがiTVだ!:神様につながった保江邦夫家元の講演会!

みなさん、こんにちは。

先日日本のソニーが死ぬのは100%のタイムラインだということをメモしたが、ぜひ日本のテレビメーカーに理解して欲しいのは、もはやチャンネルというビジネスモデルは意味が無いということである。

つまり、テレビ局がCMを餌にスポンサーをつけて、テレビ番組を製作提供し、そのテレビ局からCM製作を任された電通や博報堂がコマーシャルを提供し、メーカーのテレビを買ってチャンネルを回してテレビ番組を見る。

こういうやり方は終わりだということである。すでに終わっているのだ。

ケーブルテレビの映像配信会社の映像を見るというビジネスモデルももう終わりだという意味もこれには含まれている。

なぜなら、今では、アダルト映像を見たければ、そういうメーカーのビデオを見る必要がない。人工甘味料で頭がおかしくなった脳タリンなすけべの若い女性が自らバカッターに自分の陰部の映像を取って、そのすばらしい陰部を惜しげも無く見せてくれる。自撮り、ハメ撮りして、自分のセックス映像を見せてくれる。だから、もう在日朝鮮人の運営するアダルトサイトなど見る必要がない。

とまあ、そういう時代だからである。

まあ、冗談はさておき。

わかりにくいだろうから、具体的にどんなことかということをメモしておこう。

そこで、昨日偶然見つけて、さっきまで残りを見終わった、我々が保江邦夫博士の講演会のYouTubeをここにメモしておこう。以下のものである。それぞれ1時間ある。
神様につながった電話 保江邦夫さん 前編 出版記念講演会


神様につながった電話 保江邦夫さん 後編 出版記念講演会

このYouTubeのサイトの右側になんとなく関連している別の映像が提供されているだろう。そこには大方で、この保江邦夫博士の出てくるYouTube番組が並ぶ。つまり、言い換えれば、「保江邦夫チャンネル」の「保江邦夫プログラム」がそこにある。

したがって、NHKチャンネルとか民放チャンネルとか、もはやそういうマクロな情報ではなく、ピンポイントでヤスミン・ヤマシタチャンネルとか、保江邦夫チャンネルとか、そういうものを見たい。そういうものを提供しているのである。そういうことである。

要するに、俺は、NHKであろうが、ウジテレビだろうが、TBSだろうが、どこぞの得たいのしれない在日韓国人がメインキャストとして出ているような番組なんかすこしも見たくない。俺は、ヤスミンちゃんの唄を聞いて、保江邦夫博士の番組を見たいんだ、というような時代にすでに入っているというわけだ。

陰謀論然り、UFOしかり、スピリチュアルしかり。もう誰を見たいかというピンポイントでチャンネルを作ることができる。そういう時代にパソコンは入っている。

これをテレビにしたものが、iTVである。

とまあ、そういうことである。これに出遅れたら最後、もはや21世紀中頃には、そういうことができない企業は全部この世から蒸発するだろう。


さて、話を保江邦夫博士の講演会の話に戻すと、実に興味深い。私もこの保江邦夫博士とは、この4月28日に対談をしたのだったが、延々と10数時間、2日に渡り極秘対談を行った。これはまだ本にはなっていないが、実に貴重な体験だった。そのうち本になるかもナ。

私は残念ながらまったく保江博士のようなスピリチュアルな人間ではないが、スピリチュアルを否定しない。むしろ非常に興味深く感銘を受ける。そういうタイプである。

私は家で研究するタイプだから、保江博士のようにあっちこっちに飛び回ることができない。家の近所は走り回っているが、あまり人とは関わりを持たない。むしろ持ちたくないというタイプである。沈思黙考を良しとする。外面へ出すというより内面に深く没頭したい。もちろん、昔はサッカー選手だったから全く逆だったが、今は逆になったわけである。

さて、そんなスピリチュアル・ジョーンズ博士こと、保江邦夫博士は、なんとなく、ハリソン・フォードのインディー・ジョーンズに似てきているような気がするんだが、スピリチュアルの神社サムハラ・ジョーンズの感有りですナ。

その大阪のサムハラ神社の指輪のお守りの話、実に興味深い。武士の魔除けである。矢が逃げる。刀が逸れる。弾が外れる。そういうご利益があるらしい。

我々サッカー選手には玉が当たらないとビジネスにならないからどうだろうかという危惧があるが、災が外れてくれるというのは結構なことである。ぜひ関心のある人はどうぞということだろう。


一方、淡路島のシオンの里のお話は、保江邦夫博士の講演の話にも出てきた、ヒカルランドの本、
淡路ユダヤの「シオンの山」が七度目《地球大立て替え》のメイン舞台になる!
e0171614_8384927.jpg
のことである。

実は、この本の編集者の小暮さんが、淡路島で古代ユダヤの話があってそれを取材に行くから、そのついでにニコラ・テスラ関連の本の依頼にと徳島に来て、私と面会したのだった。そして、去年の2013年の6月に徳島でお会いしたのだった。それから私は2、3ヶ月頑張って集中的にその本の原稿を書いたのである。あまりに大変だったので、そのせいで1個大きな円形脱毛症ができたほどである。

しかし、そのおかげで、今年のワールドカップブラジル大会に行くことができた。そして、初戦のコートジボワール戦で世紀の君が代絶唱ができたというわけである。

その際に、小暮さんが淡路島の特産品ということで、そのあたりで作っているという自然のジュースのパックをお土産にいただいた。非常に美味しかった。たしかその魚住さんだったかがお作りになったものだったのではなかろうか。何かもう何年も前のような気がするナア。

まあ、保江邦夫博士ほどではないが、私にも私なりにこの1年はいろんなことが起きたのではなかろうか?5年前には想像もできなかったことである。

いや〜〜、それにしてもあの保江邦夫博士が、安部首相の奥さんの昭恵夫人とお友達だったとは。

ますます保江邦夫博士は謎めいていますナア。素晴らしい。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-11-17 08:49 | スピリチュアル

<< ふり向くな君は美しい:高校サッ... 学者は余った税金はどんどんプー... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE