「腐っても鯛、太ってもロナウジーニョ」:ぜひヴォルティスに来てくれ!

みなさん、こんにちは。

アルゼンチンのマラドーナ
e0171614_1864989.jpg
も、ブラジルのロナウド
e0171614_1881667.jpg
も、そして、ブラジルのロナウジーニョ
e0171614_18145148.jpg
も引退前になるにつれて、デブになってきた。

これが、肉とナス科(=トマト、じゃがいも、ナス、ピーマン、キュウリ、とうがらし)を主食とする民族の宿命である。だから、俺はナス科を自らに禁じたのである。「俺の辞書にはナス科の文字はない」のだ。(ナス科でブログ内検索)

ナス科をはやらせたのは、バチカン=カソリック教である。信者の寿命を短くするためであった。

というのは、私個人のものの見方である。

さて、そんなロナウジーニョ、すでに南米ブラジルでも太りすぎて買い手がつかない。それで、ついにアフリカのアンゴラに行くらしい。これである。
ロナウジーニョにアンゴラ1部からオファー
e0171614_189859.jpg

 メキシコ1部ケレタロに所属する元ブラジル代表MFロナウジーニョ(34)に、アンゴラ1部カブスコルプがオファーを出していることが分かった。

 スペインのアス紙(電子版)など、複数のメディアが報じた。

 カブスコルプのベント・カンガンバ会長は、ポルトガルの通信社であるLUSAに、「1年間の契約を結ぶため、ロナウジーニョの代理人と交渉を行っている」とコメントし、ロナウジーニョの獲得を目指すことを明らかにした。【超ワールドサッカー】


腐っても鯛、太ってもロナウジーニョである。

カモン、ロナウジーニョ!ぜひ日本の徳島ヴォルティスに来てほしい!


e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-11-28 18:18 | サッカー&スポーツ

<< 「韓国に対するビザ免除廃止」:... 「もうノーベル中村のことは忘れ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE