2015年、きっと来る、韓の法則発動!?:レアルとバルサに韓の法則発動!?

韓の法則とは?

南北朝鮮と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去るというお話
もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする除鮮ウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士


みなさん、こんにちは。

2015年の年初、早速、「韓の法則発動」のようである。

(あ)「2014年韓の法則発動カレンダー」
さて、そこで、昨年までの「韓の法則発動カレンダー」をおさらいしておこう。これである。
2014年お騒がせカレンダー=韓の法則発動カレンダー
e0171614_823963.jpg

このように、「韓の法則」は2014年も猛威をふるった。

(い)韓の法則とは?
そこで、今度は、「韓の法則」とは何のことか?あまり知らない、日本の脳天気なB層や外国のシープルの方々のために、再度まとめておこう。以下のものである。
「法則発動」とは「韓の法則」のことだった!:「除鮮」あるのみか!?

南北朝鮮と同盟を組んだ国は、ことごとく敗れ去っています。

【白村江の戦い】
唐・新羅(勝者) VS 日本・百済(敗者)
【タラス河畔の戦い】※注1
アッバース朝(勝者) VS 唐・高句麗(敗者)
【文永の役、弘安の役】
日本(勝者) VS 元・高麗(敗者)
【応永の外寇】
対馬・九州探題 (勝者)VS 李朝(敗者)
【サルフの戦い】
後金(清) (勝者)VS 明・李朝(敗者)
【シャンギャンハダの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)
【アブダリ・フチャの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)
【丁卯胡乱】
後金(清) (勝者)VS 李氏朝鮮(敗者)
【丙子胡乱】
後金(清)(勝者) VS 李氏朝鮮(敗者)
【日清戦争】
大日本帝国(勝者) VS 清・東学(敗者)
【大東亜戦争】
米英など(勝者) VS 日+台+朝鮮(敗者)
【朝鮮戦争】※注2
北朝鮮・中国(勝者) VS 米・韓等(敗者)
【ベトナム戦争】
越・中・露(勝者) VS 米・韓など(敗者)

※注1 当時、高句麗はすでに滅亡していますが、唐軍を指揮したのは高句麗出身である高仙芝である。
※注2 勝敗はついていないが、韓国は開城を北朝鮮に奪われてしまったため、事実上敗北と言えるでしょう。李承晩も停戦協定に不服として、協定に不参加。

古代から現代まで、「朝鮮人こと、南北朝鮮人と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去る」、という法則のことである。例外はない。

これが現在にもずっと生きている。例えばこんな感じである。
この後はどんどん続く。
【日韓ワールドカップ】
ブラジル+ドイツ(勝者)VS 韓国+日本(敗者)
【スマホ】
アップル(米)+ソフトバンク(在日)(勝者)VS サムスン()+docomo(日本)(敗者)
【政治】
自民党(日本)+公明党(創価)(勝者)VS 民主党(在日)+民団()(敗者)
【メディア】
ネット(勝者)vsテレビマスゴミ(日本+在日+韓国)(敗者)
【学校教育】
富山+秋田(勝者)VS 対馬+広島+静岡+滋賀(朝鮮通信使祭り)(敗者)
【テレビ】
テレビ東京+TBS(勝者) VS フジテレビ()+NHK()(敗者)
【新聞】
産経+東京(勝者)VS 朝日()+毎日()(敗者)
【大学】
慶応(勝者) VS 早稲田()(敗者)
東大(勝者) VS 京大()(敗者)
【鉄道】
JR東京+JR九州 (勝者)VS JR西日本+JR北海道+組合()(敗者)
【航空会社】
ANA(勝者) VS JAL+大航空(敗者)
【電機メーカー】
ソニー+松下(勝者)VS サンヨー+シャープ+サムソン()(敗者)
【パソコン】
アップル(米)+富士通(勝者) VS シャープ+サムソン()(敗者)

永遠に続く。

それゆえ、ネット世界ではこんな法則としてまとめられたのである。
韓の法則

■参考:韓の法則(2ちゃんねるより)

絶対法則
1 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。
2 1において韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。
3 1において、韓国から嫌われると法則を回避できる。
この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

4 1において韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。
5 1おいて一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。
6 3・4において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

諸法則
(1) 日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、韓国製又は半島製にされる。
(2) 日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが、韓国から嫌われていると、必ず回避出来る。
(3) 日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。
(日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。)
(4) 海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、本当の日本人で無い可能性が高い。
(5) 自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。
(6) 韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり悲惨な末路を歩む。
(7) 朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する
(8) 法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある
(9) たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動しない
(10) たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動する


(う)2015年、早速、バルセロナとレアル・マドリードに「韓の法則発動」
さて、サッカーの欧州リーグが再開したが、この冬休みに金に目が眩み、日本のマスゴミ、ダマスゴミとつるんで、年末年始番組やらCM等で大はしゃぎした、リオネル・メッシ
日本のテレビでリオネル・メッシが見せたリフティングが凄すぎる…海外の反応
e0171614_8473970.png
e0171614_8494838.png

やネイマール
e0171614_8474329.png

のバルセロナ、クリスチャンロナウドやハメス・ロドリゲスのレアルマドリードが、相手に大金星を与える、あり得ない負けを喫したのである。以下のものである。
モイズ監督がバルセロナから金星!
[2015年1月5日13時11分]

マンチェスターUの監督に就任した際には「選ばれし者(the chosen one)」ともてはやされながら、成績不振で9カ月で解任され、以降は冷やかしのタネにされ続けているRソシエダードのデービッド・モイズ監督(51)がついにやった!

 4日のスペインリーグ・バルセロナ戦に1-0で勝利。相手はFWメッシやFWネイマール、DFアウベスらをスタメンから外すなど、明らかにナメてかかってきたが、前半2分に相手オウンゴールで得た先制点を何とか守りきり、見事、強豪の鼻を明かした。

 これに対し、インターネット上ではサッカーファンが、また大量に冷やかしの書き込みを行い、あらためてモイズ監督の注目の高さをうかがわせた。だが今度の冷やかしはモイズ監督にとって、それほど気分の悪いものではないだろう。

 ソーシャルメディアへの書き込みを見てみると、
 「いいね、いいね、いいね、デービッド・モイズ。サッカーの天才」
 「ハーイ、バルサファンのみんな。モイズがやってきたぞ」
 「(モイズ監督がジャスティン・ビーバーばりのキャップとサングラス姿の写真とともに)アンチの声なんて聞こえないね」
 「デービッド・モイズ1-0リオネル・メッシ」
 「モイズがバルセロナを倒した。(その事実を)認めろよ」
 「モイズが次期バルセロナ監督になるのは時間の問題だな」
 「モイズが監督なら、バルサスタイルのサッカーなんていらない」
 「モイズがバルサに勝ったって?」
 「なんだよバルサ。お前らは3億5000万ユーロ(約525億円)の控え選手がいるのに、モイズのチームにも勝てないの?」

 などと記されており、モイズの勝利をさかなに盛り上がっている様子がうかがえる。勝っても負けても、話題を提供してくれるモイズ監督は、ある意味「サッカーの天才」かも!?

バルセロナMFシャビ、敗戦に不満

<スペインリーグ:Rソシエダード1-0バルセロナ>◇4日◇サンセバスチャン

 バルセロナに所属する元スペイン代表MFシャビ(34)は、Rソシエダード戦の黒星に納得していない様子だ。英サッカーサイト「フットボール・エスパーニャ」が報じている。

 デービッド・モイズ監督(51)率いるRソシエダードと対戦したバルセロナは、前半2分に失点。その後は相手の堅守に苦しめられて敗れた。

 試合後、シャビは「この結果がふさわしいものだとは思っていない」とコメントし、勝ち点3を逃したことに不満をみせていた。それでも敗因については「相手はアグレッシブにプレーしていた。自分たちがチャンスを逃し続けたことが敗北につながった」と分析。自分たちのプレーに問題があったことを認めていた。【超ワールドサッカー】

 [2015年1月5日16時51分]

レアル逆転負け 連勝「22」で止まる

<スペインリーグ:バレンシア2-1Rマドリード>◇4日◇バレンシア
 Rマドリードは、敵地でバレンシアに1-2で敗れ、公式戦の連勝が22でストップした。
 昨年9月13日にAマドリードに1-2で屈して以来、引き分けもなく、国内の連勝記録をマークしていた。
 Rマドリードは前半14分にロナウドのPKで先制したが、後半に2失点した。
 [2015年1月5日8時49分]


bingo! ビンゴ!

まさに、「韓の法則発動」ですナ!

なぜ?

(え)日本のマスメディアは、在日南北朝鮮人の巣窟なのだ!
まあ、外人は知らないだろうから、この際メモしておこう。
つまり、第二次世界大戦後のこの70年の
ダグラス・マッカーサー
e0171614_8564750.jpg
によって作られた「自虐史観育成プログラム」=「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(War Guilt Information Program)」のおかげで、我が国のマスメディアは、完全に在日南北朝鮮人によって乗っ取られてしまったのである。マスゴミを支配しているものが、日本の電通である。が、この会社のトップは戦後70年一貫して、成田章という在日韓国人一世が君臨してきたのである。したがって、日本のマスゴミはTV、新聞、出版会すべてが在日南朝鮮人に支配されているのである。それに北朝鮮人のソン・テチャクこと池田大作の創価学会と朝鮮総連、そして、南朝鮮人の文鮮明の統一教会が支配するパチンコ業界とその元締めの大韓民国民団、こういった三つ巴のネットワークによって、日本の文芸、マスメディア、芸能、アダルト、娯楽等がすべて「朝鮮人化」したのである。

その総決算が、毎年大晦日に行われる「紅白歌合戦」である。出演者の8〜9割が在日南北朝鮮人である。そして、彼らが所属する芸能プロダクションのほとんど100%が在日南北朝鮮人の経営者が所有するものである。

だから、毎年、紅白歌合戦のレベルが低下し、いまでは、ホモ在日ジャーニーのジャニーズと女衒の秋元康のアキバ系アイドルだらけとなってしまったのである。もちろん、犬エッチKことNHKの理事の8割は在日南北朝鮮人が占めている。

要するに、日本のマスメディアや芸能界は、日本人がやっているのではない、ということである。普通の日本人は、いまではメディアも芸能も文芸もすべて「地産地消」となっている。つまり、すでに地方のローカル放送局やCATVなどで日本人の伝統文化を重んじた番組や放送を地道に作っているのである。良いものは、いまや地方にだけ存在するのである。

なぜなら、中央の東京大阪の在日支配のメディアでは、トップスターになるには、在日南北朝鮮人のみ、あるいは、創価学会メンバーやら統一教会メンバーやらに入信になければ無理という状況であり、普通の日本人の場合は、特に女性の場合は、結局どんどん借金をかまされて在日南北朝鮮人が闊歩するアダルト業界に送り込まれ、AV女優という名目で、国連やWHOでも禁止されているような、韓国人お得意の性的虐待を受ける「性奴隷」として生きる他ないというのが、現実だからである。

まず、欧米の白人、諸外国人はこの事実を知らねばならない。

そんなわけで、海外の有名人、有名な俳優、有名なスポーツマンのみなさんは、決して日本のマスコミやマスメディアに協力してはいけませんよ、バカを見ますよ、いつか手のひらを返されますよ、裏切られますよ、ということなのである。決して良いことは訪れないのである。

事実、日本のマスゴミでもてはやされるのは、八百長のアキレタ監督のようなジャークなものだけである。


(お)韓の法則の原因→南北朝鮮人は必ず「獅子身中の虫」になる
韓国人というのは、太古から戦地へ行けば、相手の兵士と戦うのではなく、相手や自国の女子供を見境なく襲う。ベトナム戦争では、助けを求めてきたベトナム女性や子供を襲った。13世紀の元寇の時には、対馬の女子供を襲ったのである。白村江の戦いの時には、百済を助けに入った日本兵が高句麗と唐の連合軍と戦っている間、日本国内の女子供を襲っていたのである。今では、アメリカに移民した韓国人が、アメリカの女子供を襲っているのである。ブラジルでもそう。日本でも同じこと。

この原因は何か?

もちろん、これがもっとも科学的に面白いもので、やはりそれは遺伝子の問題なのである。一言で言えば、脳みそが裏表に出来ている、脳みそが後ろ前に出来ている、そんな感じである。したがって、南北朝鮮人に、何かを言えば、「ああいえば上祐」状態になるのである。

どうやら、歴史的にもこの南北朝鮮人特有のメンタリティーのせいで、儒教も、仏教も、景教も、朱子学も、キリスト教も、ありとあらゆるものが、朝鮮化するたびに、真逆の思想となってしまったようである。

古代中国の朱子学は、本来小乗仏教のように、禁欲してよく励んで学べというような思想だったものが、ひとたび朝鮮半島に伝来すると、禁欲せず本能で生きることが学ぶことだというような思想に変わったのである。動物的であってはならない、みだらであってはならないというキリストの教えは、動物のように性的にみだらに生きることがキリストの教えだと変わったのである。すべてがこんな案配である。

これを一言で称して、「獅子身中の虫」という。
獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)
《獅子の体内に寄生して、ついには獅子を死に至らせる虫の意》
1 仏徒でありながら、仏法に害をなす者。
組織などの内部にいながら害をなす者や、恩をあだで返す者。
[補説]「獅子心中の虫」と書くのは誤り。


つまり、なぜ南北朝鮮人と関わると韓の法則発動となるかというと、必ず彼ら特有のメンタリティーと性的嗜好によって、獅子身中の虫となるからである。そういう結論となるわけですナ。だから、古来、アジアでは、韓国人とは関わるな。朝鮮人とは関わるな。そういうことになったのである。

いずれにせよ、西洋人はアジアを知らない。ましてや、マッカーサーやNWOの精神年齢は12歳である。アジア大陸には、かつてのスンダランド、そして今現在のフィリピンやニューギニアに見るように、太古においては人食い人種が数多く存在したのである。その連中は、リチャード・リーキー博士のいうようなシンプルなアフリカ起源説では説明しようがないのである。オーパーツなのである。

その特殊な遺伝子の末裔が、中国と韓半島にまで達し、3000年前の中国の春秋戦国時代では、お互いに人を食いあったのである。つまり、アジアにおいては、戦争に負ければ、捕虜→性奴隷→食い物=食料となったのである。これが歴史である。

しかしながら、我が国の臣民は、建国当初から神道で始まった。というより、神道の神官たちの子孫が生み栄えたのであった。だから、現代のイスラエル人が神道とユダヤ教の類似を確認したように、非常に景教や原始キリスト教にも近いのである。なぜなら、そもそもそういう西洋の宗教を生んだ母体が神道だったからである。神道は、超古代エジプトの太陽崇拝がそのルーツ、というより、その時の神官たちが長旅の末に日出る国を作ったからである。

それゆえ、我が国では食人文化は建国以来ない。これが歴史である。したがって、アンジェリーナ・ジョリーさんの「アンブロークン」こそ「アンブロークンな捏造のウリナラファンタジー」でしかないのである。

とまあ、長くなってしまったが、今年も端から縁起がいいわい、というように、ますます持って、「韓の法則」がその威力を増しているようですナ。

くわばら、くわばら。

これは、サムハラ神社にお参りする他ないようですナ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
メッシに「韓の法則発動」される!なあ、俺の言ったとおりだろ!
メッシ移籍!?監督と激論…関係にヒビか
e0171614_8481152.jpg

複数のスペインメディアが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(27)と、ルイスエンリケ監督(44)の関係にヒビが入り、冷えきったものになっていると報道した。

 メッシは0-1で敗れた4日のRソシエダード戦でベンチスタートだったことを快く思っておらず、監督と激しい口論になったという。2日のミニゲームでも主審を務めた同監督に対し、激しい抗議をしていたことが目撃されている。

 メッシはファンを集めた5日の公開練習を欠席。公式には胃腸炎とされているが、多くの人はルイスエンリケへの当てつけだと見ている。

 ラジオ局「コーペ」は今回の亀裂によって、メッシのチェルシー移籍が1歩近づいたと伝えている。

 [2015年1月6日22時9分]
バルサには、守備しない奴が2人いる。メッシとネイマールだ。どちらかを残すとすれば、ネイマールを残す。ルイス・エンリケ監督はそう考えたということですナ。まあ、ネイマールも危ないだろうがナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-01-06 09:43 | サッカー&スポーツ

<< 2015年、きっと来る、韓の法... 2015年、きっと来る、きっと... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE