Rawhide ローハイド!:いよいよ米人エリートたちが地下基地へ移動中か!?

Rawhide ローハイド!


みなさん、こんにちは。

数年前に私はここに以下のものをメモしておいた。
全米で「地下シェルター」大流行:「日本列島地下改造論」で復興できるゾ!

この翌年に早速ジェームズ・キャメロンがNZへ逃げた。以下のものである。
ジェームズ・キャメロン監督、NZで永住!?:核戦争から逃げるのか?


かつて2011年3月11日の東日本大震災の時、横須賀や厚木の米軍はどこかへ出向いていなかった。

同じように、アメリカやら欧州やらのエリートや金持ちの姿形が見えなくなる時には、
何かが起こる!
と考えられているわけですナ。

だから、俺はこうメモしておいた。
全米で「地下シェルター」大流行:「日本列島地下改造論」で復興できるゾ!

そんなわけだから、我々はお金のある人からどんどん地下に潜ってゆく他ないということになる。一説では、来年あたりから、地球上の有名人やセレブがどんどん行方知れずになると言われている。これは、ネバダやコロラドなどの全米の地下都市に、リストアップされている有名人や軍人や科学者などが入って行くからだというのである。それに入っていない金持ちは海外へ逃げると言われている。いずれにしても、そうやって「あれ〜、あの人最近みないね」というような感じでどんどん表から姿を消すだろうと考えられているのである。


どうやら
その時がきた!
らしい。以下のものである。
アメリカがいよいよ危険な状態に?

アメリカでは多くの政府高官らやウォール街の重役らが次々と退職しているそうです。そして彼らが退職後に移住する場所は。。。外界から隔離された避難場所です。また政府機関の施設も移安全な場所に設しているそうです。

昨日、このブログでもお伝えしましたが。。。CIA本部が閉鎖してしまったのも、このことと関係があるのでしょうか?

何やら、アメリカはかなり危ない状態のようです。何かが起ころうとしています。アメリカ国内に潜伏し、軍事訓練を行ってきた大量のロシア軍部隊は何を始めようとしているのでしょうか。
中国軍部隊もアメリカに潜伏しています。アメリカには巨大な地下施設が点在しており、各施設は地下トンネル(鉄道)で往来が可能です。これらの地下施設はエリートらの避難場所として生活に必要な全てのモノが整っています。ここで長い間生活できる空間があります。また、地上にも外界から隔離された避難場所がありそこに多くの元政府高官が避難しているようです。

これまで目にした様々な記事によりますと。。。
・支配者側(イルミナティ)はアメリカを独裁共産主義体制(NWO)に変えるために、これまで政府内部で働いてきた政府高官らを特定の避難場所にわざと避難させ。。。その後、邪魔な彼らを一度に殺害する計画がある。。。。
・アメリカに共産主義国の軍隊をアメリカに送り込み、米軍ではアメリカ人を攻撃できないので、外国軍部隊に政府に批判的なアメリカ人を一斉検挙・収容・殺害させる。
・ニビルの接近により地球に大災害が起こるためにエリートらが地下に逃げている?
・ロシア或いは中国がアメリカを核攻撃或いはEMP攻撃しようとしている。
・支配者側はISISなどのイスラム過激派を使ってアメリカを核攻撃しようとしている。
・アメリカのドル崩壊、経済崩壊、デフォルトが起きるとアメリカ人が全米で暴動を起こし内戦が勃発する。
など、このような情報が以前から流れています。
さて、実際には、アメリカでは何が起きようとしているのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2015/02/when-these-people-go-into-hiding-it-is-time-to-pay-attention-2486974.html

ちなみに、上に出ているCIA本部の「閉鎖」というのは誤りで、本当は「お引っ越し」。だいぶ前の子ブッシュ政権時代にCIAは東部のラングレーからコロラドの地下基地へと引っ越したのである。

だから、いまでは、コロラドのデンバー国際空港の地下にある巨大地下都市のどこかにCIAの本拠地がある。

同様にアラスカのHAARP施設が閉鎖というのも、そっくりそのままどこかの地下基地へお引っ越しした可能性が高いのである。

というわけで、ジョージ・グリーンの8年前の予言(ブログ内検索)の通りだとすると、NYかロスやサンフランシスコなどのどこかで小型中性子爆弾が落とされる可能性が高い。

最近、メジャーリーグに行った日本人選手が軒並み帰国してきているが、そういうのも何か怪しい感じがするわけである。何らかの情報をもらっている可能性が高い。


いずれにせよ、今後の動きを注目しておくほかはない。

ジ・エンド・イズ・ニア

いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-02-17 13:22 | コンスピラシー

<< 「校庭サッカー」:これこそ、ヨ... 2015年リオのカーニバルが最... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE