久々に太陽でドカンと一発:X2.1の大規模フレアが発生!



みなさん、こんにちは。

いや〜〜、久しぶりに太陽でドカンと一発!、どころか、ドカンと何発も来たようである。
宇宙天気ニュース
2015/ 3/12 11:21 更新
2297黒点群でX2.1の大規模フレアが発生しました。担当 篠原

e0171614_21312745.jpg

e0171614_21313032.jpg


12日1時(世界時11日16時)に、
活発に活動している2297黒点群で、
X2.1の大規模フレアが発生しました。
2297群では初めてのXクラスフレアですが、
Xクラスのフレアは、2014年12月20日のX1.8以来で、
およそ3ヶ月ぶりの発生です。

Xフレアと、それに続く活動の様子を、
SDO衛星AIA131と304の動画で紹介します。
AIA304(赤)の写真では、
Xフレアとともにコロナのガスが激しく噴き上がっています。
また、動画の後半では、2297群から右上の領域かけて、
大きく爆発が広がっています。

GOES衛星のX線グラフは、
昨日から今日にかけてさらに激しく変化しています。
M1.8、M2.6、M1.0の中規模フレアや、
Cクラスのフレアも10回以上記録されています。

2297黒点群の活動には引き続き注目して下さい。

これらのフレアに伴って、
CMEも噴き出している可能性がありますが、
SOHO衛星の写真がまだ更新されていません。
明日にでも紹介できると思います。
フレアの発生地点が太陽の中心付近なので、
地球へ影響が及ぶ可能性も高くなっています。


現在の太陽風は、速度が400km/秒から少し下がって、
380km/秒程度と少し低速気味になっています。
磁場強度は、5nTから8nTにやや上がっています。
コロナホールの影響が及び始めているのでしょうか。

磁場の南北成分は、南北にゆっくりと変化しています。
このため磁気圏の活動も、高まったり、静かになったり、
ゆっくりと切り替わっています。

今後、コロナホールとCMEによる太陽風の乱れが
重なる様に到来するかもしれません。
磁場が強まって、大きく南向きに振れると、
磁気圏の活動もより激しくなります。


というわけで、1〜2日後に地球にCMEやら電磁波やらニュートリノやらが飛来する。

その結果、火山の爆発、電気機器の電磁気異常、地震の暴発などが起こりうる。

要注意である。

くわばら、くわばら。

備えあれば憂いなし。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-03-12 21:41 | HAARPモニター観察

<< ヤスミンちゃんだけではなかった... 無知は世界中で最大の悪である−... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE