なんと私の友人樋渡群さんがハリルホジッチ監督の専属通訳に!:これは期待できますナア!

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、昨日は驚きの連続だった。

エールフランス経由で日本に初来日の日本代表監督になったハリルホジッチ監督の記者会見。私はこれを見逃した。だから、夜半過ぎにYouTubeに出たものを見たのである。

というのも、夜中に私の友人である樋渡群さんから突如メールが来て、日本代表のハリルホジッチ監督専属通訳になりましたとあったからだ。以下のものである。
SAMURAI BLUE(日本代表) 新監督 ヴァイッド・ハリルホジッチ氏来日記者会見
e0171614_9412129.png

e0171614_9412272.jpg


実は、私はこの樋渡群さんとは、2011年の311以来の知人になったのだ。私がブログに放射能除去やもろもろのことを連日書いていたので、その当時、日本サッカー協会福島ビレッジ(JFA福島アカデミー)で、U18の女子サッカーコーチをやっていた樋渡群さんから、練習場所を移動したほうがいいか手紙が来たからである。私は、即座に移動した方がいいと返事をして、結局、静岡へ本拠地が移転し、現在に至る。

という事情で、私はこの樋渡群さんとは、彼が忙しいはずなので、こちらからは連絡することはないが、向こうからメールが来たら返事するという形のお付き合いをずっとしていたというわけだ。

そして、2年前の2013年の年末に高知の中学校でサッカー指導する帰り際に徳島に寄るから会いたいということで、我が家で歓待したのである。我が家のこたつで話をして、夜には淡島ビレッジに一棟借りて、そこで、ここら辺の海産物で鍋をしながら、サッカーのヨモヤマ話をしたのであった。翌日には、我が家で話をして、それから阿南駅まで送ったのであった。

その後、U16~U18の女子サッカーでヤングなでしこの数多くの名選手を育てた。今の世界制覇したヤングなでしこのU16の選手の大半は福島アカデミー出身者である。

というのも、私がここにもずっとメモしてきたように、海外の女子選手は女子と言っても男子日本代表より平均身長体重が上回る。だから、男子とやっても勝てるくらいに俊敏でないと世界では通用しない。この女子サッカー選手は日本男子と試合しないとだめだという考え方に従い、ずっと同じアカデミーにいる男子チームと試合を週1で行っているからである。

その成果が出て、U17で世界制覇達成したのである。

その後、ごく最近になって、樋渡群さんから、監督修行にスペイン行きが決まったとメールが来たから、それはすごい、ぜひ向こうの監督ライセンスを取って、マンUやバルサでも監督できるようになってきてとメールしたのだった。

というわけで、俺はてっきりもうスペインへ行ったと思っていた。

ところが、なんと日本サッカー協会からハリルホジッチ監督専属通訳になったとメールが来たわけだヨ。

いや〜〜、驚いた。実に素晴らしい。やはり、樋渡群さんは「持っている男」だった。(俺と関わった人はみんな成功するナア。)


さて、昨夜のハリルホジッチ監督のインタビューは非常に素晴らしかった。基本的には、イビチャ・オシム元監督と同じようなサッカー哲学を持っているようである。思った以上にしっかりした人かもしれませんナ。

今後を見守るほかはない。


ところで、実は、
「サッカーはカオスであり、かつフラクタルである。」:HSさん、こっちで失礼します。
スペイン、ついに「無敵艦隊」となる!:「戦術的ピリオダイゼーション理論」の勝利!
の「HSさん」とは樋渡群さんのことである。

というわけで、かつてのトルシエ監督の時の通訳やその後の通訳は、あまりサッカーのことを知っている人ではなかった。しかし、今回の樋渡群さんは、自分自身がサッカー経験者のフランス2部のプロチームに選手で入れるところまで行った人であり、サッカー監督のライセンスも持っている人である。だから、サッカーの内容も全部解るという最適なフランス語通訳である。

そういえば、我が家に来た時のお土産に、当時私が買って読んでいたモウリーニョ監督の本
モウリーニョのリーダー論
e0171614_17233964.jpg

ジョゼ・モウリーニョ「サッカーを複雑系と見抜いた男!」:奥義は「複雑系理論」!
をあげたのであった。このモウリーニョ監督は、今回パリ・サンジェルマンでチェルシーを破ってチャンピオンズリーグベスト8に突入中である。

やっと、日本サッカー界に「複雑系」「戦術的ピリオダイゼーション」を理解する世代が日本代表監督周辺に入る時代に突入したようである。


きっと良い結果が出るに違いない。


頑張れ、ハリルホジッチ監督と樋渡群さん!

心から期待していますヨ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-03-14 10:00 | サッカー&スポーツ

<< 1620度×2のアンビリバボー... 汝の敵に向かって歌えよ!:日本... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE