ついに「現役の大学教授が大富豪に」:サイバーダインの山海教授が世界長者入り!

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、すごい。筑波大学のロボットスーツの発明開発者の山海教授が、ついに世界の長者番付に登場。創価在日の連なる偽日本人がひしめく日本の長者番付の中、堂々の21位に初登場。きっと税金処理に悩むのかもしれませんナ。以下のものである。

資産1千億以上の長者番付!トップ3は柳井、孫、三木谷 ドンキやグリー、ニトリ創業者も
ビジネスジャーナル 2015年3月19日 06時04分 (2015年3月19日 10時10分 更新)

 米経済誌フォーブスは3月2日、恒例となった10億(1ビリオン)ドル(約1200億円)以上の資産を持つ世界長者番付の2015年版を発表した。

 1位は米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏。資産総額は昨年より32億ドル増えて792億ドル(約9兆5040億円)。2年連続で世界一の大富豪となった。2位はメキシコで通信会社などを経営するカルロス・スリム氏の771億ドル(約9兆2520億円)。

 日本のトップは、カジュアル衣料ユニクロを展開するファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏。昨年より23億ドル増の202億ドル(約2兆4240億円)で41位となった。昨年日本人トップだったソフトバンク社長の孫正義氏は141億ドル(約1兆6920億円)で42位から75位に後退した。

 世界のビリオネアは、1826人で過去最多。今回、新たに290人が仲間入りした。米国をはじめ世界的な株高傾向で富豪が保有している株式の評価額が膨らんでいるためだ。富裕層に富の集中が加速している傾向が鮮明となった。日本人のビリオネアは24人と、全体の1%強にとどまる少数派だ。

●現役の大学教授が大富豪に

 日本からの新顔はロボットベンチャー、サイバーダインのCEO(最高経営責任者)を務める筑波大学大学院教授の山海嘉之氏。資産総額11億ドル(約1320億円)で世界の大富豪に名を連ねた。

 筑波大学大学院システム情報工学研究科の教授である山海氏は04年、大学ベンチャーとしてサイバーダインを設立。ロボットスーツ「HAL」を開発した。HALは脳卒中や背椎損傷で歩くことが困難になった人々の機能回復トレーニングなどに使われる。

 日本では医療機器として認可されていないために福祉機器扱いだが、すでに500体が全国160の医療機関などに導入されている。ドイツでは医療機器として正式に承認され、本格的な治療も始まっている。さらに、脳科学や神経学、心理学などさまざまな領域に合わせて、人の意思通りに動くロボットスーツをつくり上げ、それが評価されてサイバーダインは14年3月に東証マザーズに上場した。

 ただ、業務的には厳しい状況が続いている。15年3月期の売上高は7億5000万円、当期損益は5億7600万円の赤字となる見込みだ。数字だけを見れば破綻寸前の小企業並みだが、投資家の評価は高い。株価は昨年7月に1万4620円の上場来高値をつけ、同年8月に1株を5株に分割した後の高値は8月1日の4265円となった。

 山海氏は発行済み株式の42.66%を所有する筆頭株主で、14年9月30日現在の所有株数は4036万株。1株3300円で計算すると、所有する株式の評価額はざっと1300億円となる。株式公開によってビリオネアが誕生したわけだ。数字のマジックに一番驚いたのは教授自身だろう。

 株式上場で得た資金や海外での公募で414億円を調達して、小型でどこでも使える新型HALや、介護する人の作業を楽にする支援用HALなどを開発する。米国で医療用HALの販売承認をFDA(米食品医薬品局)に申請しており、早ければ今春にも米国で販売を開始する予定だ。ほかにもさまざまな手を打っており、新興のロボットベンチャーは大輪の花を咲かせるのか、それとも世界のビリオネア入りが徒花に終わるのか。今後は、開発力を上回る経営力が求められる。

【フォーブスのビリオネアに登場する日本の24人】

※以下、日本国内での順位 氏名、資産額、職業等、業種

1位 柳井正、2兆4240億円、ファーストリテイリング会長兼社長(創業者)、カジュアル衣料チェーン
2位 孫正義、1兆6920億円、ソフトバンク社長(創業者)、携帯電話事業
3位 三木谷浩史、1兆 440億円、楽天会長兼社長(創業者)、インターネット総合サービス
4位 滝崎武光、9120億円、キーエンス会長(創業者)、センサー製造
5位 高原慶一朗、6720億円、ユニ・チャーム取締役(創業者)、紙おむつ製造
6位 毒島邦雄、5400億円、三共名誉会長(創業者)、パチンコ機製造
7位 韓昌祐、5040億円、マルハン会長(創業者)、パチンコホール
8位 森章、4440億円、森トラスト社長、都市開発
9位 伊藤雅俊、4080億円、セブン&アイ・ホールディングス名誉会長(創業者)、総合小売
10位 三木正浩、3960億円、ABCマート創業者、靴流通チェーン
10位 永守重信、3960億円、日本電産社長(創業者)、小型モーター製造
12位 森佳子、3000億円、森ビル取締役(森稔・元社長夫人)、都市開発
13位 重田康光、2400億円、光通信会長兼社長(創業者)、OA機器販売
14位 安田隆夫、2160億円、ドンキホーテホールディングス会長兼CEO(創業者)、ディスカウントストアチェーン
15位 似鳥昭雄、2040億円、ニトリホールディングス社長(創業者)、家具流通チェーン
16位 馬場功淳、1920億円、コロプラ社長(創業者)、スマホ向けゲーム
17位 多田勝美、1800億円、大東建託創業者、賃貸住宅建築
18位 笠原健治、1680億円、ミクシィ会長(創業者)、ソーシャル・ネットワーキング・サービス
19位 前澤友作、1560億円、スタートトゥデイ社長(創業者)、アパレル通販
19位 岡田和生、1560億円、ユニバーサルエンターテインメント会長(創業者)、パチスロ機製造
21位 福武總一郎、1320億円、ベネッセホールディングス創業者、通信教育
21位 田中良和、1320億円、グリー社長(創業者)、ソーシャル・ネットワーキング・サービス
21位 山海嘉之、1320億円、サイバーダインCEO(創業者)、ロボットスーツ開発
24位 佐治信忠、1200億円、サントリーホールディングス会長(創業者一族)、酒類・飲料製造、販売

※フォーブスの数字は、億ドル以下は表示されていない。三木、永守両氏は33億ドルで同順位の534位。前澤、岡田両氏は13億ドルだが世界順位は前澤氏が1415位、岡田氏は1500位。同様に福武、田中、山海の3氏は11億ドルだが、順位は1638、1638(同順位)、1712位となっている。佐治氏は10億ドルで1741位である。
(文=編集部)

=在日(パチンコは韓国人系)
=創価(創価学会は北朝鮮系)

拙注:
海外の人、韓国人は、この結果に注目すべきである。フォーブスが日本人長者としてランクするもののほぼ100%は、在日韓国人か在日北朝鮮人。

つまり、パチンコ関連メーカーは、在日特権による、日本人としての税金を払わず、地下銀行やロッテやみずほ銀行などの在日企業の地下ルートで送金する「韓国人」、あるいは、北朝鮮系の創価学会員経営者により、やはり在日特権による、日本人としての税金を支払わず、創価学会や公明党の地下銀行を通じて本国の北朝鮮に送金する、「北朝鮮人」なのである。

こういうことは、すべてダグラス・マッカーサーのせいである。この「精神年齢12歳の」将軍マッカーサーの誤ったアジアの歴史観に基いて行われた「戦争自虐史観計画(ウォー・ギルド・インフォーメーション・プログラム)」の結果である。

一方、我が国について言えば、これほどまでに在日韓国人北朝鮮人に対しても、自由を保証したわけである。だから、在日でも自由に起業できるし、在日特権まで与えられてきた。その結果、日本人が毎年貧困で3万人以上も自殺する中、在日朝鮮人は、世界長者番付に乗ることも許したということの証明であるというわけだ。芸能界に入って有名女優や俳優になるのも自由。それほど自由な国なのである。こんな唐変木な国家は世界のどこにもない。

普通なら、在日韓国人の母国の韓国が反日政策をした瞬間に、我が国内の在日韓国人や韓国旅行者は、強制収容所行きか、国交断絶か、あるいは強制送還であろう。まあ、我々の世代が終了すれば、もうすぐそういう普通の国家になるだろうヨ。ここを海外の人々は理解しないと行けない。


まあ、このデータを見ても明らかに、我が国がもっとも金融格差の少ない国だということである。つまり、確かに格差社会ではあるにはあるが、その格差は欧米露や特亜やインドや南米やアフリカなどと比べてもそれほどひどくはないということである。

それは当たり前と言えば、当たり前。日本は「シラス国」であるが、他は「ウシハク国」だからである。(ねずさん、シラス国でブログ内検索)。

あるいは、我々理論物理学者の世界の言葉で言えば、金融はネットワークで出来ている。金融はネットワーク上のマネーフローにすぎない。そのネットワークはスケールフリーネットワーク構造を持つ。スケールフリーネットワークは、「富める者はますます富む」のマタイの原理に従う。したがって、金融世界もまたマタイの原理に従う。

というわけで、金のなる木はますます金のなる木を生み、成長させる。結果的に1人によるモノポリーないしは数人によるマルチポリー(=オリガルキー)に落ち着く。

まあ、もっと適当に言えば、麻雀の点棒獲得ゲームで、その点棒もゲームのローカルルールも自分で作っているわけだから、勝って当たり前なのだ。


ところで、面白いことは、この現世において、ウシハクを行った人間は、死後どこに行くかというと、どうやら必ずしも天国へ行けないらしいですナ。

赤ん坊は、母親の母体の子宮内で胎盤で繋がって徐々に人間の姿となって成長してくる。そして、その時が来ると、母の胎内から出て赤ん坊として生まれる。最初は母体と胎児は一体であるが、誕生するときは、いくら母親が太っていようが痩せていようが、赤ん坊は独自の存在となる。

これと似て、我々が死んで、身体に宿った魂が次なる世界に旅立つ時、その魂はそれまで一体であった自分の身体とはまったく独自の存在となるらしい。

したがって、それまでいくら大富豪であろうがなかろうが、そんなことは無関係。まさに、胎盤を切り離してこそ新たなる人生が生まれるように、身体を切り離してこそ新たなる死後の人生が生まれるらしい。

そんなことが、19世紀の物理学者のフェヒナー博士の本に書かれていた。驚き、桃の木、山椒の木である。
フェヒナー博士の死後の世界は実在します
e0171614_11161247.jpg


さて、いまや世界の人が知る世界長者となったサイバーダインと筑波大学の山海嘉之教授とは、この方である。
山海嘉之
e0171614_11192063.jpg


1958年 岡山県に生まれる。
小学3年生の時にアイザック・アシモフの短編集『われはロボット』を読んだことと、石ノ森章太郎原作の『サイボーグ009』のアニメを見たことで、ロボット、サイボーグを製作している博士に興味を抱く。
中学生時代には、『レーザーの基礎と実験』(松平維石 著。共立出版、1972年)に触発され、レーザーに興味を抱く。中学生に炭酸ガスレーザー、アルゴンイオンレーザーの媒体に必要なガスの入手が行えないため、母親の所有する指輪から、ルビーレーザーに挑戦するも、カッティングがレーザーに向かないなどの理由で失敗。母親に叱られて終わる。その後、ルビーを自作しようと酸化アルミニウムを集めて加熱するなど(ルビーの自作には失敗)、自身が興味を持ったものを次々と調べ、試していった。
1987年 筑波大学大学院工学研究科(システム制御工学分野)博士課程を修了
筑波大学講師、助教授、米国・ベイラー医科大学客員教授、筑波大学機能工学系教授を経て、現在、筑波大学システム情報系教授、筑波大学サイバニクス研究センター長。人・機械・情報系を融合複合した新学術体系を確立し、サイバニクス(Cybernics)と命名する。

私とほぼ同世代。岡山県出身。

最近は、保江邦夫博士もそうであるし、岡山出身者が熱い。結構、岡山から天才が生まれるのである。

実は、日本国内でもっとも豊かで知的で先進的であり、なおかつ霊的でもあるという場所が岡山なのである。

よく知的な老博士がテレビのマンガやアニメで
「〜〜〜じゃろ?」「〜〜なのじゃよ」
というような話し方をするが、どうやらそれが岡山弁由来のようである。岡山ではみんなそんなふうにしゃべっているらしい。


岡京(おかきょう)構想=岡山を日本の首都にする構想
もあながち無謀ではない。


おまけ:
しかしながら、これは非常におかしな話なのである。あるいは、不思議な話である。なぜなら、国立大学教授として税金から研究費を得て国民のために奉仕するという契約で国の大学教授となった人間が、大学の行政法人化により、大学法人化し、大学教授も大学周辺に企業を発足できるようになった。そうやって出来たサイバーダイン。そこにグローバリゼーションのお陰で、教授自ら発行する自社株に対して、それを買いたいという目利きの人間が投資する。その結果、自分が勝手に刷った株式が高額になって一気に世界長者になったのである。自分で宝くじ刷って売ったに等しいのだが、この偽ユダヤ人が牛耳るこの世界では、この自作自演の偽旗経営作戦がまかり通る。それが世の中というわけだが、何か納得出来ない部分がいつも残る。なぜなら、このサイバーダインもトレハロース発明の林原同様にいつか外資の偽ユダヤのハゲタカ・レプティリアンに乗っ取られるわけだからである。我が国の税金で作られた掘削船地球号が、結局海外の石油メジャーに乗っ取られたのと同じ道を進むに違いない。まあ、予想どおりの結果になるはずだが、それまで一応注目しておこう。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-03-19 11:30 | マスゴミ

<< アンビリーバブル!:チュニジア... 【緊急速報】チュニジアでテロ発... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE