「日中韓国交断絶」あるのみ!→聞いてるか?二階俊博!:MERS感染韓国人が中国へ潜入か!?

みなさん、こんにちは。

昨日の続き。

いや〜〜、「韓の法則発動」インシデントが起こったらしい。これである。
韓国人「韓国人メールスが疑われる患者1人が中国に出国、疾病管理本部の信用崩壊の可能性・・」
e0171614_14572891.jpg

疾病管理本部は、中東呼吸器症候群(MERS・メールス)感染が疑われて自己(自家)隔離していたKさん(44)が26日、中国に出国したことが確認されたと28日明らかにした。

K氏は、3番目の患者C(76)さんの息子であり第四の患者D(女・40代)氏の弟である。去る16日Cさんが入院した病室に4時間ほど滞在した。この病室には後に国内初のメールス患者に判明したA(68)氏と同室だった。

K氏は19日、発熱の症状を示し22日、病院の救急室を訪問し、25日にも病院の緊急治療室を訪問した。 25日当時体温は38.6度だった。


なんと、MERS感染者が、元気なうちに中国に高飛び。

これで、

「中国が風邪をひく」→これはアングロサクソン・ミッションの重要な一手である。

来るぞ〜〜!今度は日本だ。

MERS感染者が、日本にやって来る気まんまん。

近々、日本にも韓国からMERSがアシアナ航空に乗ってやってくる。

あるいは、韓国人から伝染された大量の中国人観光者が東京大阪にやってくる。

韓の法則発動ですナ。

二階俊博、お前のせいだぞ!どうするつもりかいな?


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-05-28 15:04 | 韓国・ウリナラ・法則

<< 「和の心」には「自作自受」精神... 「日韓国交断絶」あるのみ!→聞... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE