ジョーク一発:脳みそが逆転した人々の国、「犯罪者がのさばり、まともな方がバカを見る」

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

いやはや、世も末ですナ。

人々のためにと、田舎の地方自治体が、僅かな資金で露天ブロのサービスを運営すると、「ただで風呂に入れる」というところに引き寄せられて(これを本当の「引き寄せの法則」というが)、深夜の露天風呂で乱交パーティ、あたりは精液体液だらけに糞尿脱糞だらけとなる。

地元の人は、うんこやら精液体液処理で困り果てるばかりで、自分たちも風呂に入れない。

まさに「情緒のない人達」が関西から来たわけだ→在日朝鮮人ですナ。だから、俺は不遜鮮人は去勢しろと言っている。

というわけで、結局、本来逮捕されるべき連中が逃げ延びて、存続すべき英雄となるはずの露天ブロ提供の自治体の方が悪者扱いされてしまう。

まさに、いまの日本は「脳みそが逆転した人々がいる国」というわけですナ。以下のニュースである。
露天風呂で定期的にみだらな行為、やむなく閉鎖

塩原温泉の露天風呂「不動の湯」。奥の樹間に「不動の足湯」がある(29日、栃木県那須塩原市塩原で)
e0171614_16414971.jpg


 栃木県那須塩原市の塩原温泉で、自治会が管理する露天風呂で、不適切な行為が行われているとして閉鎖や夜間の利用を中止する例が続いている。

 緑に囲まれた沢沿いにあり、観光客にも人気の露天風呂「不動の湯」と「不動の足湯」では、県外ナンバーの車に乗った十数人の男女が定期的に訪れてみだらな行為をしているなどとして、苦情が塩原温泉観光協会などに寄せられていた。

 そこで、管理する福渡町内会が6月1日から閉鎖することを決め、入り口のつり橋と脱衣所近くに告知板を貼り出した。田代茂樹会長は「健全化のための苦渋の決断。塩原温泉の大切な観光資源を守るためやむを得ない」と理解を求めている。

 一方、塩原温泉の中心街にある露天風呂「もみじの湯」でも、同様の行為が目撃されたため、管理する古町1、2自治会が夜間の利用を中止している。

 29日朝、夫婦で不動の湯を訪れた茨城県つくば市の自営業男性(45)は、看板を見て「この独特の風情が大好きで、年に数回来ており、閉鎖はすごく残念だ」と話していた。


警察は、こういう連中を逮捕して(現行犯でなくとも)、則、去勢すべし!

その点アラブの法律「目には目を、歯に歯を。ペニスにはペニスを」の精神が役立つ。

手で盗むものには、腕を切る。
盗撮するものは、目を潰す。
くだらんことをいう奴は、口を潰す。
悪さする奴は、足を切り落とす。
ISISのようなやつは、銃殺する。
乱交する奴は、ペニスを切り落とす。
ドローンで悪さする奴は両手を切り落とす。

実にアラブの法典のやり方は分かりやすい。

もはや、世界はそういう時代に突入中である。

地方自治体のおじさんやお爺さんでは、関西の暴力団系の若者たちには立ち向かえないだろう。

だから、銃刀法改正して、銃やライフルで追い払う他はないのだ。

日本の警察も覚醒せよ。

まあ、未だ平和ボケで入られる日はいつまで続くのでしょうナア。

革マル派の枝野幸男、菅直人が首相できる平和ボケ国家ですからナア。


とまあ、あくまで、これはジョークですゾ。信じないことが肝心。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-05-30 17:00 | ジョーク一発

<< 「和の心」の象徴「和時計」:か... FIFAに韓の法則発動!:汚職... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE