祝なでしこジャパン決勝進出!:やはりサッカーの神様がいた!?



芝の上のなでしこ

まことに小さなサッカーチームが、開化期を迎えようとしている。
小さなといえば、平成初年の日本のなでしこほど小さなサッカーチームはなかったであろう。

身長といえば160cmしかなく、サッカーチームといえば戦後70年の間、代名詞であった男子サッカーしかなかった。Jリーグ維新によって、日本人ははじめて近代的な「女子サッカー」というものをもった。誰もが「サッカー選手」になった。不慣れながら「サッカー選手」になった日本女性たちは、日本史上の最初の体験者としてその新鮮さに昂揚した。この痛々しいばかりの昂揚がわからなければ、この段階の歴史はわからない。

社会のどういう階層のどういう家の子でも、サッカー選手になるために必要な技術と根気さえあれば、MFにもDFにもFWにもGKにもなりえた。この時代の明るさは、こういう楽天主義から来ている。

今から思えば実に滑稽なことに、小中高チームとアマチュアチームの他に主要チームのないこの女子サッカーの連中がヨーロッパ先進国と同じプロ女子サッカーチームを持とうとした。女子クラブも同様である。財政が成り立つはずは無い。

が、ともかくも近代女子サッカーを創り上げようというのは、もともとJリーグ設立の大目的であったし、設立後の新サッカー少女達の「少年のような希望」であった。

この物語は、その小さな女子サッカーチームが女子サッカー界における最も古い大国の一つイングランドと対決し、どのように振る舞ったかという物語である。


みなさん、こんにちは。

(あ)いや〜〜、昨日のなでしこジャパンvsイングランド戦は、歴史的オウンゴール炸裂で幕を閉じた。俺はこの試合
ハイライト なでしこジャパン×イングランド戦
を見て、
やっぱりサッカーの神様はいるな
と思ったよ。

(い)イングランドは、よくアニメに登場するような、「良いもんの顔した意地悪チーム」そのものだった。

四六時中、後ろから汚いファールで足かるわ、足にタックルするわ、手で押すわ、ありとあらゆる汚いプレーをして、徐々に日本の足を止めさせる作戦だった。相手がかーっとなってファールしてくれば、大げさに倒れて一発退場レッドカードを狙う。とまあ、そんな作戦だった。

なでしこジャパンの選手たちは、こういったイングランドの汚いプレーにもめげず、フェアーに戦ったものだから、ついにペナルティーエリア内でシミュレーションをしてPKゲット。
だれがみてもシミュレーションのイエローカードのプレー
e0171614_12334017.png
e0171614_12333835.png
e0171614_12332264.png


そして、ついにサッカーの神様が切れた!神様が怒ったのである。
サッカーの神様の祟りじゃ〜〜!!

バセット選手の痛恨の歴史的オウンゴール!
e0171614_12362539.png


というわけで、なでしこジャパンに「幸運の女神が微笑んだ」。やはり、バフォメットの国はだめですナ。

(う)まあ、しかしながら、俺個人のサッカー分析では、この痛恨のオウンゴールは、この試合全体を通じて相手イングランドの監督がとった、あるいは、とらざるを得なかった選手交代の結果であると思う。

(1)まず、一発目の危ういシュートを打ったラッキーガールFWのテイラーの交代。これで決定力のあるシュートが減った。
(2)次に、ロングスローの名手、右サイドバックのブロンド選手がリタイヤー。これでロングスローの危機がなくなった。
(3)最後に、日本の右サイドからの攻撃を潰していた左ボランチのウィリアムズ選手が交代。これで、川澄選手がフリーでボールをもらえるようになった。

これはなんとしても点をとりたい。この試合はできるだけ90分内で決着を付けて、アメリカ戦に持ち込みたい。そういうイングランドの若い監督の思いからの采配である。

だから、ホワイト選手、カーニー選手を入れて前かがりになった。

それで、最後に、熊谷選手からフリーの川澄選手にパスが行き、前線にも2人大儀見選手、岩渕選手が残れた。その結果、川澄選手から良いパスを出せるだけの余裕があり、最高級のパスが前線に送られた。そして、もし通れば、大儀見選手の1点という場面になって、慌てたバセット選手が足を出したために、痛恨のオウンゴールとなったわけである。

というわけで、俺は監督が勝負を焦ったことがこの結果を導いた直接の原因であったとみる。もし、この監督が120分でも勝てば良いと考えていれば、なでしこはかなり危なかったかもしれない。

いずれにせよ、イングランドのシミュレーションPKや汚いプレーのオンパレードに対する、サッカーの神様の怒りだと俺は見た方がフェアではないかという気がしますナ。


(え)さて、問題はその後。
イングランドでは、スポーツキャスターたちが
チ〜〜〜ン
の御通夜状態。
【GIF】なでしこ、海外の放送でやらかすwwwwww
e0171614_12434898.png




こんな感じだったらしいが、イングランドはいわゆるアングロサクソンの本家の1つである。以前、オーストラリア戦
祝なでしこジャパン準決勝進出!:いや〜岩渕選手のスキップ、宇津木選手の運動量は良かった!

だから、こういう国々では、一言で言えば、「ルックス=優秀性」というイングランド王室由来の価値観が支配的なのである。

白人=コケイジアンは、自分たちの容姿が世界で一番美しく奇麗でエレガントだと思っている。だから、自分たちとの見てくれの距離で人の能力を慮る。そういう文化圏だということである。
でメモしたように、アングロサクソン(=アーリア人系=金髪碧眼系)の人種の「根底に潜む人種的偏見」というか「人種観」、これを理解しないと、バフェットの涙の意味が分からないのだ。

彼らにとって、なでしこジャパンのフェアプレーによる勝利より、金髪碧眼の自殺点で火病を起して泣いた選手
バセットしまった 悲運DFおえつ止まらず
e0171614_13153440.png
の方が大事となるのである。彼女の方がスターとなってしまった。

(お)というわけで、イングランドサポーターは言いたい放題だったらしい。こんな感じだとか。
なでしこに対するイギリス人の反応「醜い」「ダウン症」 いくら何でも言いすぎだろ・・・

↓イギリス人の試合後の素直な反応↓
@ischmidtystyles
JAPAN ARE RIGHT COCKY UGLY TWATS HATE THEM SO MUCH CAN THEY
EVEN SEE WITH THOSE EYES BYE #ENG #Lionesses

hen @BirkettH
I hate everything to do with Japan there food tastes like shit there all ugly and
there so lucky and there flags shit
日本の糞みたいな飯もそこにいる醜い連中もとにかく日本に関するものは全部嫌いだね こいつらはたまたま勝っただけだしね
日の丸もマジで糞


Jamie @JamieLucas__
Fuck off Japan you ugly downsyndromes
失せろ日本 お前らは醜いダウン症患者だ

kie @_Kiee_Cartonn
Fuck off Japan u all look the fucking same u ugly cunts
消え失せろ日本 お前らはみな醜い同じ顔したオマンコ共だ

Matthew Johnson @worldwidematty
Fuck Japan. Stupid lucky goals with their ugly fucking players. Did us proud
ladies❤ #WomensWorldCup
死ね日本 醜いブス選手がほんとたまたまゴールしただけじゃん

Dylan @Dy7hh
Japan are like Chelsea the bunch of short haired ugly cunts. Sick of hearing the
squealing like a bunch of dying pigs #Lionesses
日本は短髪の醜いおまんこの集まりのチェルシーのようだ。死んでいく豚の群れのようなきゃんきゃん泣き声を聞かされて病気になるよ。

Joshua Pomeroy @OnThatBeam
USA vs japan Sunday at 5 in a rematch of WWII, TIME TO FUCK UP THOSE
UGLY JAP BASTARDS #Fuckjapan
5日の日曜の日本対アメリカは第二次世界大戦の再現だ
その時こそ この醜い日本人の連中をフルボッコにする時だ


サンキューヴェリーマッチ!お前もな〜〜!

というわけで、まあ、これがレプティリアンの子孫と言われるRH-種族(ブルーブラッド)の心底らしい。

ところで、この罵倒の中にどうして「ダウン症」が出て来るのか?というと、ご存知のように、欧米社会=白人社会では、ながらくおそらく数千年の間、「ダウン症」のことを「蒙古症」と呼んでいたからである。

要するに、白人種のダウン症児が東洋人のように見える。このことから、アジア人は白人がかつてダウン症になって生まれた劣悪民族だという認識が生まれたらしい。

戦後になって、さすがにこれは科学的に根拠のないことだとわかり、「ダウン症」という呼び方に変わったのである。

しかしながら、人間を常に見てくれだけで見る文化圏だから、一般人の根底にはそういう人種的偏見が根付いているわけである。

遺伝学的には、ハプロタイプの研究によれば、むしろ逆であって、アジア系の先祖の中から白子(アルビノ)が生まれて白人種が誕生したのである。ほんのちょっとした差で見てくれが変わったのである。ハプロタイプは川下のQとRの違い過ぎない。ちなみに、日本人は超古代エジプトルーツだからYAP遺伝子はずっと川上にある。


(か)俺個人は、今回のなでしこジャパンはベスト4で十分だろうと見ていたから、できすぎ、上出来であろう。

というのも、あまりにミスが多いのと、大儀見選手の出来が悪すぎるからである。空振り、枠へ飛ばない、自己中プレー、およそきれいな連携は少ない。幸い他の選手たちがラッキーガールになって勝ち上がってこれた。

しかしながら、USAはかなり完成度が高いチームだから、このイングランドのように監督が采配ミスするということがないと、勝利は難しいだろう。しかし、前回のW杯の時も結局は監督の采配ミスで、ラピノーを延長戦で交代した結果、PKを外しまくって負けたわけである。だから、結局は、
勝利の女神が微笑むかどうか?
これですナ。

なでしこジャパンの優勝を願う。

ご幸運を祈ります。頑張れ日本。


おまけ:
昔南ア大会の時、タコの「パウル君」のワールドカップ勝利予言が話題をさらった。
あのパウル君、ついに永眠:その記憶は永遠、その記録は永久に残る!
e0171614_19514571.jpg
今回は、インコの「オリビアちゃん」の予言が全的中しているとか。これである。
全的中インコのオリビアちゃん なでしこVと予想
e0171614_1949359.png
(日本勝利と予想)




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-07-03 13:33 | なでしこジャパン

<< ロシアで「龍」のような生き物の... 超怪しい情報一発!?2:「新幹... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE