男女日本代表「東アジア杯メンバー」が発表:新型ユニフォームで頼むぞ!

未来型日本代表ユニフォーム
e0171614_2019652.jpg

e0171614_2019975.jpg

これはかっこいい。


みなさん、こんにちは。

先日「東アジア選手権」(=「悪の枢軸三国との戦い(北朝鮮、韓国、中国と対戦)」)の予備登録選手メンバー発表をメモしたが、昨日までに男女の「東アジア杯出場メンバー」が発表された。一応これもメモしておこう。以下のものである。

男子代表
泣きのハリル監督「もし勝てればかなり良いこと」

会見で手を合わせる日本代表ハリルホジッチ監督(撮影・江口和貴)
e0171614_98055.png

興梠らハリル日本23人決定「カップ持ち帰りたい」

【GK】3人
東口順昭(G大阪)、西川周作(浦和)、権田修一(東京)

【DF】8人
水本裕貴(広島)、丹羽大輝(G大阪)、槙野智章(浦和)、森重真人(東京)
太田宏介(東京)、米倉恒貴(G大阪)、藤春広輝(G大阪)、遠藤航(湘南)

【MF】6人
武藤雄樹(浦和)、柏木陽介(浦和)、山口蛍(C大阪)
米本拓司(東京)、谷口彰悟(川崎F)、柴崎岳(鹿島)

【FW】6人
興梠慎三(浦和)、倉田秋(G大阪)、永井謙佑(名古屋)、
川又堅碁(名古屋)、宇佐美貴史(G大阪)、浅野拓磨(広島)

代表初選出3人
武藤雄樹
e0171614_912585.jpg

米倉恒貴
e0171614_9133191.jpg

遠藤航
e0171614_9141430.jpg


女子
佐々木監督「チャレンジなでしこ」若き4人初招集

東アジア杯のメンバー発表で、笑顔を見せるなでしこジャパンの佐々木監督
e0171614_9154143.png

岩渕ら海外組外れる 東アジア杯なでしこ23人発表

【GK】3人
☆山根恵里奈(千葉)、武仲麗依(仙台)山下杏也加(日テレ)

【DF】7人
☆田中明日菜(INAC神戸)、☆北原佳奈(新潟)、薊理絵(AS埼玉)、高畑志帆(浦和)、
高良亮子(仙台)、小原由梨愛(新潟)、村松智子(日テレ)

【MF】9人
☆上尾野辺めぐみ(新潟)、上辻佑実(日テレ)、☆川村優理(仙台)、杉田亜未(伊賀)、
柴田華絵(浦和)、横山久美(長野)、京川舞(INAC神戸)、猶本光(浦和)、増矢理花(INAC神戸)

【FW】4人
有町紗央里(仙台)、☆菅沢優衣香(千葉)、高瀬愛実(INAC神戸)、田中美南(日テレ)

☆はW杯メンバー
代表初選出4人
武仲麗依(やんぐなでしこ代表)
e0171614_9201375.jpg

山下杏也加(U19日本代表)
e0171614_921521.jpg

村松智子(U20日本代表)
e0171614_9221319.jpg

柴田華絵(U20日本代表)
e0171614_9233252.jpg


さて、こうして男女日本代表を比べてみると、ハリル監督には可哀想だが、やはり佐々木則夫監督の方が数段上のようですナ。

ハリル監督が、
【GK】3人、【DF】8人、【MF】6人、【FW】6人
という選び方をしたのに対し、佐々木監督が、
【GK】3人、【DF】7人、【MF】9人、【FW】4人
という選び方をした。

現代戦ではフォーメーションはだいたい442、433、4231、352だから、FWはせいぜい1人か2人である。だから、6人も必要はない。その点、佐々木監督はFWを4人と少なめに選んだ。

逆にMFは消耗するから、たくさんの人数が必要である。だから佐々木監督は9人を選んだ。ハリル監督はたった6人である。これでは必ず何人かが疲労で怪我をするだろう。

DFは佐々木監督のなでしこは4人の連係プレーを中心にする。だから、固定メンバーで戦う。したがって、数が多ければ良いというものではない。もしだれかが怪我をしたらそこに穴埋めする。そういう哲学が7人という少なめの数字に見て取れる。それに対してハリル監督は8人を選んだ。これもまただれを核にするかまだ決まっていないだろうということを示唆している。

まあ、そんなわけで、どうやらハリル監督より佐々木監督の方がサッカーをよく理解しているのは間違いなさそうである。

やはりW杯で優勝、準優勝、五輪で準優勝。男子で言えば、ドイツやオランダのようなチームの監督だからして、せいぜいベスト16やそこらの監督とは経験値が異なる。ファイナリストになる経験というものは女子であろうが男子であろうがそれは同じことである。

だから、俺はずっと前から佐々木監督(かその前任者の大橋監督)に日本代表監督になって欲しいと思っているわけなんですナ。

ところが、日本サッカー協会は「何もしない人」が会長
e0171614_940554.jpg
についている。だから、土坪にはまってしまったのである。


ところで、その「何もしないはずの」大仁邦彌(だいにくにや)さんが、「何かした」らしい。

何だったか?

というと、今回の女子W杯カナダ大会の準優勝の賞金を協会が根こそぎしたのであった。今大会で準優勝チームのなでしこジャパンは賞金1億5900万円を獲得した。ところが、それを日本サッカー協会がもらって、なんとなでしこの女子は
報奨金がたったの1人300万円
もらっただけだったというのである。代表選手は23人。23×300万円=6900万円。15900−6900=9000万円はどこへ行った?

とまあ、そういう話である。

ちなみに、なでしこ代表のキャプテン宮間綾選手は、アジア杯優勝時の報奨金をなんと「日本ユニセフ」へ寄付してしまったとか。
なでしこ主将の宮間、アジア杯MVPの賞金1万ドルを日本ユニセフに寄付
やらかしたな宮間。日本ユニセフは朝鮮人をリッチにするだけの偽ユニセフ。その金はアグネスチャンの豪邸行きだよ。黒柳徹子の「ユニセフ」がまだましな本当の元祖ユニセフ。宮間、もっと社会を知れ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-07-24 09:52 | サッカー&スポーツ

<< 調布飛行機事故:サッカー少年た... ジョーク一発:ついに日本も「移... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE