最近の「7つのすごい発明」:津波対策万全、ついに出た水陸両用4輪バギー!

みなさん、こんにちは。

今日偶然非常に興味深い最新テクのYouTube番組を見つけたので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。
7 Awesome Inventions You Never Knew Existed ▶3

この中には7つの発明品
7.Meld: http://www.meldhome.com/
6.Patchnride: https://patchnride.com/
5.Hydaway:http://hydawaybottle.com/
4.The Defender :http://www.getthedefender.com/
3.The Power Up 3.0 :http://www.poweruptoys.com/
2.The Anynote:http://anymote.io
1.The Amphybious Atv:http://www.gibbssports.com/quadski
が紹介されている。

2つほどピックアップしておこう。

(あ)犯罪の守護神(ディフェンダー)
昨今では、我が国も非常に危なくなって来た。それは、自民党の二階俊博のせいで「特ア=中国韓国」の旅行者が非常に増えたからだが、そうなるとそれに混じってついて来る「害人」もまた増えて来る。

そういう連中は旅行者の振りをして、金目の物を物色する。それが漢字元来の意味の「愛」である。漢字本来の音読みの「愛」の意味は、人や物を狙ってストーカーのように付け狙う気持ちの意味である。これに反して、訓読みの「愛」はいとおしく思う気持ちの意味である。(音読み訓読みでブログ内検索)

そんな日本を「愛」してしまった中国人や韓国人は、日本に住み着いて悪さをしまくる。日本人を同じ人間だとは思わないように徹底的な「反日差別主義思想」を塗りこまれている。チュチェ思想というものである。だから、人殺しも何とも思っていない。

というわけで、最近では毎日毎日こんな事件が満載である。→だから俺は「銃刀法改正すべし」と言っておる。
ホテル浴室に倒れた女性…死亡確認、殺人で捜査

9日午後3時55分頃、三重県鈴鹿市白子町のホテルで、「女性が倒れている」と従業員から119番があった。

 県警鈴鹿署員が駆けつけたところ、20~40歳代の女性が浴室で倒れており、病院に搬送されたが、10日未明に死亡が確認された。女性の頭や顔には殴られたような痕があり、同署は殺人事件として捜査している。

 同署によると発見時、チェックアウトは済んでおり、部屋からは携帯電話や財布など女性の身元を特定できる所持品は見つかっていないという。同署は10日に遺体を司法解剖し、死因を調べる。


女子高校生、金づち?で頭殴られバッグ奪われる

 9日午後10時50分頃、宇都宮市元今泉の路上で、アルバイト先から1人で歩いて帰宅中の女子高校生(16)から「金づちのようなもので殴られた」と110番があった。

 宇都宮東署の発表によると、女子高生は背後から男に突然、頭を殴られ、現金約1万円などが入ったトートバッグを奪われたと話しているという。女子高生は側頭部を陥没骨折したとみられる。男は身長1メートル70くらいで上下とも黒っぽい服装だったという。同署は強盗傷害事件として、現場から走って逃げた男の行方を追っている。

 現場はJR宇都宮駅東口から約600メートル離れた住宅街。

というわけで、こんな犯罪に合わないための道具がついに発明されたのである。

それが「ディフェンダー」である。以下のもの。
http://www.getthedefender.com
e0171614_1232788.png

ところで、後をついて「付け狙う」といえば、これだろう。
Jurassic Park (5/10) Movie CLIP - Nedry's Plan Goes Awry (1993) HD


犯罪者を撃退ついでに警察へ通報できる優れもの。決して「自撮りはだめよ」。


(い)水陸両用車
次は、陸から海へ、海から陸へ自由自在に走ることができる「水陸両用の4輪バギー自動車」
1.The Amphibious Atv
e0171614_129503.jpg

Gibbs Quadski


東日本大震災のように大津波に襲われて人々が海で溺れそうになっている最中、さっそうと1人の男がこんな水陸両用車に飛び乗る。そして、まるで天から降った神様のようにして、わらをもつかむ思いの人々を1人また1人と救助して行く。

もしこういう車があれば、きっとかなりの数の被災者を救助できたはずである。

もし自衛隊にこんな奴が何万台もあれば、あるいは、もしこんなやつの巨大なやつが何十台もあれば、自衛隊もさぞ鼻が高かったに違いない。

しかし、現実はそうではなかった。

さて、この「水陸両用の4輪バギー自動車」も良いのだが、俺としては、日本人の天才ボートメーカーの堀内浩太郎さんが発明したこっちの方が好きですナ。
ゼロ戦の堀越二郎が「空の天才」なら、OU-32号の堀内浩太郎は「海の天才」だな!?

堀内浩太郎の「OU-32」号

HYDROFOIL -- The Amazing Boats of Kotaro Horiuchi. Video posted by Ray Vellinga

これに4輪付ければ、すぐにも水陸両用になる。

水上では、水中翼船に早変わり、陸では自動車に早変わり。水中翼船の翅を船底で折り畳めばよろしいだけのことである。Gibbs Quadskiの水陸両用車の逆である。

YAMAHAはこんなタイプの水陸両用車を売り出したらどうでしょうナア?



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-08-10 12:24 | アイデア・雑多

<< 日本サッカー「土坪にはまる」5... 日本サッカー「土坪にはまる」4... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE