やっぱり「おまエラのせいだった!」:実は電通の司令塔は博報堂だった!?

2015年版ジャポニダ学習帳→韓国式パクリ学習帳
e0171614_16105173.jpg
e0171614_16324841.png

1. Make copy of something original,
2. Change or modulate it slightly,
3. Change the original name to a similar name,
4. Assert or claim that it is the own invention.
This process is repeated eternally.


みなさん、こんにちは。

世の中には「事実のようなジョーク」があるかと思えば、「ジョークのような事実」もある。

そんな「ジョークのような事実」がまた一つ。

ご存知の「2020東京五輪エンブレムの無断盗用問題」である。以下のものである。
e0171614_16122247.jpg



この通名、佐野研二郎さんの作品集からただよって来る独特のウンコのような香りは、俺にはどこかなじみあるものであった。以下のものである。
危機に瀕する日本」より



日本国民よ
今、私たちは、毎日韓流ドラマやK-Popがテレビ
にあふれる国に暮らしている。

かの国の本当の姿は何も報じられないまま。
島は奪われ、海の名前は書き換えられ、歴史は
ねじ曲げられ、金は巻き上げられ、技術は盗まれ、
伝統文化は横取りされながら、2006年以来、
私たちは親切に彼らのビザまで免除して自由に
私たちの国への出入りを許している。

戦後、私たちの国に我が物顔で居座り、またあとから
侵入してきた彼らの同胞は、私たちの国にのさばり、
政治や経済やマスコミの中枢にまで入り込み、
自由に私たちの国をコントロールするまでに至っている。

百年後の日本を思い描いてほしい。
私たちの子や孫はどんな日本を生きていることだろう。
自由に意見が言える国に生きているだろうか。
努力の成果を横取りされない国に生きているだろうか。
国旗が高々と掲げられる当たり前な国を生きているだろうか。
誇りもって国を愛することを、許される国に生きているだろうか。

彼らがどんな国を生きることになるのか、
今現在の、私たち日本人一人一人の決断と具体的な行動に
委ねられている。

私たちの国日本は、今、大きな歴史的危機に瀕している。


公的なデザイン大賞の分野はすでに「物まね文化」で塗りつぶされていた。まさに芸能界や音楽業界と同じである。

まあ、簡単にまとめれば、
音楽芸能界の金朴李(カネパクリ)の司令塔→電通
デザイン業界の金朴李(カネパクリ)の司令塔→博報堂

e0171614_16122871.jpg
だったようですナ。まさにマッチポンプ。

デザイン大賞の大半が、仲間内での審査。恩の貸し借りでみんなでハッピー。そんなくんずほぐれつの寝技一家の独壇場だったようである。
e0171614_16122457.jpg



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-08-14 16:28 | 電通コンスピラシー

<< 安倍晋三首相の歴史的な「戦後7... 中国の天津で謎の大爆発炎上:つ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE