「明日死ぬと思ったら、俺に何を聞きたいか?」:ヒカルランド出版記念講演会




みなさん、こんにちは。

さて、しばらく前に、私の新刊書:
21世紀はテスラの世紀になるか?:ついに「ニコラ・テスラがやった実験の数々」が白日のもとに!

e0171614_14261965.jpg


未来テクノロジーの設計図
ニコラ・テスラの[完全技術]解説書


アマゾン:未来テクノロジーの設計図 ニコラ・テスラの[完全技術]解説書  
高電圧高周波交流電源と無線電力輸送のすべて


著者:ニコラ・テスラ
訳:井口和基(物理学者/Ph.D.)
解説:井口和基(物理学者/Ph.D.)
四六判ハードカバー 価格:2500円+税
☆2015年9月下旬全国発売予定☆
ISBN:9784864713108

テスラが35歳当時に国際学会で発表した、「超高周波・超高電圧の交流実験」についての活用法。そして発明王エジソンのGEやウェスティングハウス社を離れた後、没頭していた「世界システム」の全貌とは。
UFOやフリーエネルギーに応用可能な実験図を掲載し、スーパーテクノロジーの原点を追試可能!

「高電圧高周波の交流を用いた実験」(1892年、ロンドンでの実演講演の講義録)と「電線を用いない電気エネルギー伝達」(1904年、当時最新の講演録)を初邦訳。
物理学者井口和基博士の詳細な翻訳と解説で、紳士で情熱的な科学者テスラの息吹が蘇える。

◎空気は高電圧高周波下では粘性が増して「固体」のように振る舞う→UFOの電磁気的な飛行原理が解明できる!
◎高電圧高周波をかけると、金属は超高輝度白色発光する→UFOの白色発光現象の謎が解けた
◎真空内における放電現象→放電の変動を利用した電信通信が可能
◎地球こそ最大の球形コンデンサ(蓄電器)→地球の電気的振る舞いから無尽のエネルギーを取り出せる!
◎現在の「テスラコイル」は誤解されたまま→オリジナルのテスラコイルの詳細とは?
がほほ完成したことは、ここにメモしたとおりである。

すでに先週はじめにはすべて終わり、カバーの印刷にも入りおそらく今頃は、一生懸命に試し刷りの印刷段階にあるものと思われる。だから、もうすぐに現物となって我々の目の前に現れ出ることだろうと思う。

さて、この内容及び、私とかの保江邦夫博士との対談本:
物理で語り尽くすUFO・あの世・神様の世界 アインシュタイン、マックスウェル、ディラック、シュレーディンガーさえも超えて 単行本 – 2015/5/13
e0171614_8475049.jpg

2章:異端異能のサイエンティスト2人の波瀾万丈の履歴書/武道とサッカーの物理学

「世紀の”謎の”対談本」ついに完成!:物理で語り尽くしたこの世とあの世のすべて!
我々の「謎の対談」本、いよいよ来週発売!:2人の双対的な理論物理学者の対談!?
我々の「謎の対談」本、いよいよ来週発売!:おまけ、物理学自体にも双対性があった!?
「謎の対談」本、明日発売!:一昨日の白鵬ー逸ノ城戦に武道の秘伝の極意があった!
に関する、出版記念講演会が開催されることになっている。

これまでは、ずっと私は自宅に引きこもる中年ニート、それから中高年ニートだった(というふうにしか周りからは見えないはずである)、というより、「専業主夫」のフリーの理論物理学者で、主夫業+理論物理学研究だけに集中してきたから、あまり人前で話すことはなかった。

もちろん、主夫をやらざるを得なくなってからのこの20年間で、いろんな科学者の場、研究室や学会などで、専門の物理に関する講演はたくさん行ってきたが、ここ最近の10年は特にあまり人前に出ることは極端にセーブしてきたのであった。

というのも、「生命とは何か?」を理論的に基礎づけるというテーマに集中没頭してきたからである。

一応、昨年までにその突破口がわかり、それについての基礎論文を2つ作り、私個人としてある程度、大まかな目処がつき始めたから、すこし余裕が出てきたのである。

また、私自身のアレルギーが、10年前から3年ほど続けた減感作療法の成果でほとんど問題なくなったからである。いまでは、よほど空気の悪いところ以外では、特にアレルギー咳に悩まされることもなくなったからである。

というわけで、一応、今回のヒカルランド講演のことも告知しておこう。以下のものである。

『物理で語り尽くすUFO・あの世・神様の世界』&ニコラ・テスラ翻訳本刊行記念講演会  講師:井口和基10/10
e0171614_9133563.jpg


ヒカルランドには、ここには告示しないよ、と一旦は言っておいたのだが、この一般世間では、まともな人ほど、あるいは、自分自身でまともだと思っている人ほど、ヒカルランドエリアには近づかない。

本屋ではヒカルランドエリアは「5mのバリア」が突如として現れ、たいていの普通の人、一般人には、そのエリアが見えなくなるらしい。ましてや科学者をや。

科学者の場合は、ヒカルランドエリアに近づいた途端、気分が悪くなるらしい。たいていは、見てみないふりをしながら素通りする。ちょっとおっかなびっくりで、周りの人の気配を伺って、いなければ、横目の流し目にして素早く通り過ぎる。一周してまた素早く横目で通りすぎる。そういうエリアなのだ。

なぜなら、隣には、大川隆法やら、創価学会やら、統一教会やら、オウム真理教やら、大霊界やら、エイリアンやら、UFOやらと、ありとあらゆる何でもありの本が総並びの世界だからである。こんな連中と同じ仲間だと思われたら、大学人たるもの即座に失職である。

「俺は失職の危険にさらされる思いまでしてヒカルランドの本など見たくもないわ。」

という世界なのである。

そんな中にヒカルランドのエリアがある。
神戸の大書店に拙著「ニコラ・テスラ・・・」をついに発見!:ありがとう!
ジュンク堂書店
e0171614_2018831.jpg

そごうの紀伊國屋書店
e0171614_2018574.jpg


平惣阿南店で拙著発見!:やっとここ阿南にも「ニコラ・テスラの風が吹いてきた」?
e0171614_22133077.jpg


というわけで、いくらそのオカルト心霊スピ系の世界では、新進気鋭の出版社として名乗りを上げたにせよ、世間的には、まったく「見えない」のである。「見えない世界」の住人にすぎない。

だから、いくらヒカルランドのホームページで商業的広告を出したとしても、だれも見ない。というより、目に映っても「見えない」のである。ヒカルランドのサイトがスクリーンに出ても「何も見ない」「何も見えなかった」といってスクロールしてしまうのである。


とまあ、そんなこんなの事情から、一旦はここではメモしないと言ったのだったが、やはりそこは義理人情の世界である。一応、ここに私の講演のための広告も今回だけメモしておくことにしたというわけである。

たぶん、これが最初で最後になると思うから、この講演は講演というより、参加者とつくり上げるスタイルの
もしお前が明日死ぬとすれば、いま俺に何が聞きたいか?
というような、「死ぬ前に聞きたいこと」というような質問があれば、それに答える、というようなものではいかがかな、と思っているところである。

実際、このサイトを読んでいる人で、この関東東北の大洪水でお亡くなりになられた方もいたはずである。ひょっとしたら、10月のこの講演に興味があったという人もいたかもしれないわけである。にも関わらず、ちょっと雨が降れば、家を流され、家が倒壊し、人命が失われる。

こんな時代である。

私の最近のモットーは、
明日死ぬと思って生き、永遠に生きると思って学べ
というマハトマ・ガンジーの言葉である。

明日死ぬと思ったら、俺に何を聞きたいか?永遠に生きると思ったら、俺に何を聞きたいか?

とまあ、そんな質問でもぶら下げてこないと、この参加費なり出張費経費なりの埋め合わせにはならないのではなかろうか?

ちなみに、俺を毒殺しようというような連中はその場で美しく射殺するから、そのつもりで。(もちろん、ジョークですヨ。)


お会いできるときを楽しみにしています。できれば、若い人たちが多く参加してくれることを望んでいる。これからは君たちの時代だからだ。我々の時代はすでに大方終わっているからである。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-09-14 09:37 | テスラ&ドラード

<< 最高裁にもハンベーダーだらけ!... ついに聖書の「終末預言の日92... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE