「空想科学私小説家顛末記」発見3:「ドゥ・ロービエ枢機卿」はドゥ・ロービエ教授だった!

みなさん、こんにちは。

先日
「空想科学私小説家顛末記」発見2:「サイレントクイーン」、本は出ないの?
をメモしておいたが、その中で保江博士の空想科学私小説「サイレントクウィーン」の登場人物の名前で2つほど分からないものがあった。
登場人物→名前のモデル:

ケン・モーギー中佐→茂木健一郎(脳学者)
皇太子妃プリンセス・エリカ→沢尻エリカ(女優)
アーサー卿パインローズ博士→ロジャー・ペンローズ(物理学者)
ドゥ・ロービエ枢機卿→???ザンブリーニ(物理学者)
エド・ネルソン大佐→エドワード・ネルソン(数学者)
マサト・ミコシバ→???
マリー・ジェイ→治部真理(脳理論学者)
日本人物理学者タク・イワキ→保江邦夫(物理学者)
デーブ・チャメーロフ→スチュワート・ハメロフ(医学者)
角田真喜子→田中真紀子(政治家)


マサト・ミコシバの由来は分からないが、ドゥ・ロービエ枢機卿の由来がわかったので、それだけちょっとメモしておこう。

最近、保江博士の「解析力学」の教科書を勉強しているため、ついでに「保江方程式」という名のついた確率変分学の重要な式の発見が書かれた
「愛の宇宙方程式」
e0171614_20161863.jpg
を読みなおしているのだが、その名前に似ている人が出ていたのに気がついた。

保江博士がスイスへ留学中に知り合いになったという、ILO(国際労働機関)の労働争議担当部長で哲学者でもあった、

ドゥ・ロービエ教授

であった。そのものずばりのお名前である。

この人が、保江博士に本物のエクソシストとはどんな人間かを教えたのだった。

要するに、悪魔祓いするエクソシストは、どんな悪魔の誘惑にも負けないほど悪に強くなければならないから、普段は飲む打つ買うのマフィアのドンのようなやつなのだと。

というわけで、以下のように修正しておこう。

登場人物→名前のモデル:

ケン・モーギー中佐→茂木健一郎(脳学者)
皇太子妃プリンセス・エリカ→沢尻エリカ(女優)
アーサー卿パインローズ博士→ロジャー・ペンローズ(物理学者)
ドゥ・ロービエ枢機卿→ドゥ・ロービエ教授(哲学者・宗教学者)
エド・ネルソン大佐→エドワード・ネルソン(数学者)
マサト・ミコシバ→???
マリー・ジェイ→治部真理(脳理論学者)
日本人物理学者タク・イワキ→保江邦夫(物理学者)
デーブ・チャメーロフ→スチュワート・ハメロフ(医学者)
角田真喜子→田中真紀子(政治家)



いやはや、このディジタルブックが書籍になる日が来ないものか?



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-11-13 21:24 | 保江邦夫博士

<< ”13日の金曜日”=テンプル騎... 今年の流行語大賞はこれでしょう... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE