”13日の金曜日”=テンプル騎士団の厄日:フリーメーソンvsイスラムの図式か!?

みなさん、こんにちは。

いやはや風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。なんと「13日の金曜日」の日にフランスのパリで「無差別同時多発テロ」が起こされた。

ここしばらく、保江博士の「愛の宇宙方程式」が生まれた場所であるスイスやドイツやルルドの泉のあるフランスなどの欧州のことをメモしていたから、実に残念な事件である。

これについては、すでにさまざまな陰謀論が飛び交っている。まあ、その代表格は、Alex JonesのInfowar(情報戦争)のものだろう。たとえば、以下のものである。
Paris Terror Attacks are False Flags
e0171614_1985310.png



EUROPE UNDER SIEGE! 11/13/15 Nightly News Full Show

2015 - France - "Act of War" by I.S. Suicide Bombers Kill 132 in Paris Terror Attacks - 14/11/15

Paris Attacks: Brother Details Terror in French Theater


さて、どうしてフランスにおいて「13日の金曜日」だったのか?

まあ、陰謀論を多少知らないとこのことについては理解不能であろう。

実は、今有名になっているフリーメーソンはNWOの指導層が所属している組織である。

そのフリーメーソンの祖先となる組織は
テンプル騎士団
e0171614_19172156.jpg
と呼ばれるものだった。

このテンプル騎士団が「十字軍の遠征」と呼ばれる大遠征をして、アラブの地で蛮勇を誇ったのである。テンプル騎士団のメンバーはアラブの当時の最先端の科学技術、例えば、数学や錬金術やインド数字などを西洋社会に持ち込むきっかけとなったのである。

そのせいで、テンプル騎士団のメンバーは西洋に帰ると当時の最先端の科学技術者集団となり、非常に金銭的にも政治的にも大掛かりなリッチな層に変わっていった。

その「テンプル騎士団」の政治力権力の増大に驚異を感じた当時の
フランス王フィリップ4世(美男王)
e0171614_19525054.jpg
が、フランス全土を虱潰しにテンプル騎士団メンバーを探し、逮捕収監して、拷問したのである。そして大半は殺害された。

その最大の犠牲者の出た日が、なんと
1307年10月13日金曜日
e0171614_1924206.jpg
だったのである。

なんと10月13日は私の誕生日でもあるのだが、ちょうどその650年前に血の金曜日となったのである。

それ以来、西洋人にとって「13日の金曜日」は不吉な日を代表する日となったのである。メーソンにとって「1013」は禁句なのであるらしい。日本人にとっての「49」に対応するだろう。


なんとか生き延びたテンプル騎士団の団員たちは、北方に逃げ延びた。その地がいまのスコットランドのある場所である。そこで、息を吹き返したテンプル騎士団は、この名前のままでは何をされるかわかったものではないから、その名を「スコティッシュ・ライト」、後に「フリーメーソン」と変えて現在に至る。

そのフリーメーソンのメンバーたちが、今現在の金融業を席巻し、世界政治における権力を再び取り戻している。

これが現状というわけだ。

そこで、だれかが「その日」すなわち「13日の金曜日」に合わせてテロを演出したというわけである。

まあ、アラブ人の立場からすれば、西欧からやってきていきなり戦争を仕掛けて来たわけだから、かつての我が国の対米国と同様に応戦するほかなかったのだろう。

おそらく、そういう歴史的事情に詳しいものが、わざわざメーソンにとっての「血の金曜日」である「13日の金曜日」に無差別テロを起こしたのである。

ということは、一般のテロというよりは、フリーメーソンに対する警告ないしは報復の意味を込めていると見るべきだろう。

なぜなら、今現在アラブを爆撃して大混乱に落とし入れているものが、かつてのテンプル騎士団と同じようなメンタルのNWOの面々だからである。
欧州仏テロはアングロサクソン・ミッションの術中だったが、はたしてその後はいかに?

THE ILLUMINATI'S FINAL SOLUTION BEGINS


ところで、昔のテンプル騎士団の時代はいざしらず近代におけるフリーメーソンのマークは、
自由平等博愛を表すフランス国旗の色
e0171614_19415469.jpg
そのものである。

つまり、1300年代にフランス王によって無残にも殺されたフリーメーソンが、その後スコットランドやイングランドのアングロサクソンを主体として欧州ユダヤ人金融王と組んで大復活し、フランス革命の名の下に、フリーメーソンがフランスの王政を転覆させ、かつて血の金曜日のお返しをした、フランスとはそうやってできた国家なのである。

アラブにとっての最大の敵がテンプル騎士団=フリーメーソンだとすれば、それはドイツよりはフランスということになるだろう。


というわけで、かつてのイスラム教徒の最大の驚異こそテンプル騎士団だったわけだから、そして、いま現代の最大の驚異もまたそのテンプル騎士団の成れの果てのフリーメーソンであるのだから、そりゃ〜〜どう考えてもアラブの指導層はISISであろうがなかろうが、メーソンを狙ってくるのは当然といえば当然なのかもしれないですナ。


まあ、信じる信じないは貴方次第ですっていうやつですナ。


犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。合唱。R.I.P.



------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

  by Kikidoblog | 2015-11-16 19:54 | コンスピラシー

<< 「空想科学私小説家顛末記」発見... 「空想科学私小説家顛末記」発見... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE