サッカー日本代表監督の給料はなぜ高い?:そりゃ欧州ねじ込みプラグだからサ!?

みなさん、こんにちは。

私はここで、サッカー日本代表はいつしか「創価ジャパン」になったとメモしてきた。要するに、サッカー協会の「公式スポンサー」という名目でいつしか経営者が創価学会員という企業が張り付き、いわゆる「院政」を行うようになったということである。キリンは欧米のイルミナティーNWO企業のシーグラムに資本を乗っ取られてからキリン・シーグラムとなり、まったく違う企業に変わった。アディダスも旧西ドイツのAdidasからアディダスジャパンになってまったく体質が変わったのである。ともに経営者布陣は創価学会と見られている。

創価学会の池田大作ことソンテチャク、そしてその落胤の前原誠司は北朝鮮人である。
ついに前原誠司に別人疑惑が登場!?:正真正銘の「ハンベーダー」だったのか?

父 池田大作(ソンテチャク)と子 前原誠司
e0171614_943194.jpg

(前原よ、創価朝鮮人を連れて北朝鮮へ行け。そこで独立せよ。北はいい国らしいぞ。美人多いし。北朝鮮行けば、松嶋菜々子や松下奈緒程度はごろごろいるらしいぞ。)

「血は水よりも濃い?」:遺伝は正直だ!
「血は水よりも濃い?」2:遺伝は正直だ!「悪党色を好む」
「血は水よりも濃い」3:他人のそら似???

いまのミンス党こと民主党、つまり、旧社会党こそ、中国共産党シンパの北朝鮮拉致の実行犯たちが背乗りして日本人になりすまして誕生した政党だったのだ。その片割れがいまの共産党である。まあ、調べれば分かることだが。

要するに、今の日本サッカー協会はすでに北朝鮮人に乗っ取られているわけですナ。だから、日本人選手の日本代表も創価学会系および北朝鮮系を真っ先に取る。その次が血の近い韓国鮮人系の在日韓国人系帰化人の日本人を取る。つまり、在日本代表にすぎないのである。

だから、サッカーが極めて下手くそなのだ!

本田、香川、吉田麻也を見てみろ。

さて、そんな日本代表だが、日本サッカー協会が最近になっていつもやることは
外人監督にこだわること
であろう。

もちろん、あまりサッカーに詳しくない人にはその理由がわからない。まあ、何度もここではその都度メモしてきたが、それでも理解できない。

真実がバレると困るから嘘をつく

の対偶(=等価な言い回し)は、

真実を語るが誰も信じない

である。この2つは等価である。最初の方は普通の人には馴染みがあるが、後者はあまり理解していない。

NWOがどんどん本当の超絶な話を映画化しても、B層やシープルズにはSFに見えるのである。だから、どんどんUFOなどを登場させる。だれも本当とは考えないと知っているからだ。

これと似て、俺がここで真実を突いたとしても、それが一般人の頭の大きさを超えるものであれば、だれの頭のなかにも入らない。言い換えれば、そういうものは「デマ」としてしか認知しない。

というわけで、創価ジャパンの話も理解できなかっただろう。がそれは事実である。


この事実とはこういうことだ。

日本代表の世界ランクが50番台(ちなみにW杯は32位以内)にもかかわらず、今の日本代表監督が世界ランク10位以内の高給をもらえるか?

その理由は?

日本代表監督は日本人選手(創価系)をヨーロッパリーグに入れるためのエージェントだからだ。
これである。

だから、その見返りとして、高額のかなり法外の高給を与えているのである。それも、小中高大一般とサッカー選手登録費を支払っているその協会費からだ。

つまり、大人が子供のために金払うの逆、子供がオヤジのために金を払うになっているのである。

子どもたちの夢を金にして悪い大人共が自分の良い暮らしをエンジョイする。まさに朝鮮人。そういう非常に朝鮮人両班的思想に毒されているわけだ。

日本人なら逆のはず。子供のために大人が犠牲になるのだ。

要するに、日本サッカー協会とJリーグもまたある意味で「在日特権」となっているのである。朝鮮系由来の日本人選手だけがエリートサッカー選手となって日本代表となり、欧州へ行き、欧州プロの名の下にCMに出まくり贅沢三昧、女お遊び三昧できるのだからだ。

これぞヒトラーのサッカー預言。サッカーのすべては格差社会になるですナ。


ごく最近になって、その証拠が見事に出てきた。ハリルホジッチは馬鹿だから、あまりに単純。また日本の事情を全くリサーチしていなかったようだ。だから、すぐにそういう証拠を放出してくれた。いわゆる「馬脚を表した」のである。これである。

西洋人は顔形が日本人より一見シャープに見えるから、普通の日本人は日本人よりみな頭がよく見えてしまう。それが欧州支配に利用したものだが、実は逆。ほとんどが馬鹿なのである。実に単純。かなりロボコンに近い人種なのである。体力だけが馬鹿でかい。だから、小粒な偽ユダヤ人でも支配できたのだ。
ハリルホジッチ、マルセイユ入りが噂される宇佐美に「技術面は問題ないが、フィジカル面で苦労するかも」
e0171614_1095261.png

▽G大阪に所属する日本代表FW宇佐美貴史(23)の去就が騒がしくなりつつある。フランス『Le Phoceen』は17日、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の宇佐美に関するコメントとともに、マルセイユ行きの噂を報じている。

▽2013年の夏にG大阪へ復帰後、ゴールスコアラーとして目覚しい活躍を見せる宇佐美には現在、シュツットガルトやブレーメンのほか、マルセイユも興味を示しているものとみられており、今冬の移籍市場で欧州への再挑戦が噂されている。『Le Phoceen』によれば、宇佐美の争奪戦は250万ユーロ(約3億3000万円)程度で展開される可能性があるようだ。

▽自身が日本代表の指揮官に就任して以来、宇佐美を全試合で起用し続けるハリルホジッチ監督は、『Le Phoceen』のインタビューで「私には彼の行き先がどこになるのか見当がつかないが、彼が優秀なプレーヤーであり、素晴らしいクオリティの持ち主だ」と宇佐美の能力に太鼓判を押している。

▽しかし、ボスニア・ヘルツェゴビナ人指揮官は、懸念材料として「技術面は問題ないが、フィジカル面で苦労するかもしれない。Jリーグよりも、フィジカル面が重視されるからね」ともコメントしており、肉体面を強化していく必要性を説いている。

▽宇佐美の移籍先として浮上したマルセイユは、かつて元日本代表MF中田浩二もプレー。これまでリーグ・アン優勝9回を誇るフランスの名門で、過去には元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバや、元フランス代表FWエリック・カントナ氏、元フランス代表MFフランク・リベリ(現バイエルン)など、錚々たる顔ぶれが在籍していた。


日本代表監督が単なる日本人選手をヨーロッパリーグに手引する工作員である証拠
海外で頑張る日本人サッカー選手一覧

日本サッカー協会→西ドイツ信奉→ドイツ→香川、長谷部、岡崎、酒井、酒井高徳、内田、吉田、大迫、乾、原口、清武、武藤。
ザッケローニ→イタリア人→本田圭佑(伊ACミラン)、長友佑都(伊インテル)
アギーレ→メキシコ人スペイン居住→八百長事件失脚のためなし
ハリルホジッチ→フランス人→宇佐美貴史(仏マルセイユ)←いまここ


そんな宇佐美のフランス移籍の最中に「同時多発テロ」勃発。

宇佐美は何かついていないなあ。持っていない男。何か悪いもん持っているんちゃうか?
まあ、美人の嫁さんがいるからそれで善し。


いずれにせよ、日本代表が創価ジャパンだってこと、もうバレバレだよナ。
ちなみに、FIFAはサッカー選手を宗教や所信や出身等で差別することを「人種差別事項」として固く禁じている。このままではそのうち日本サッカー協会は失効させられかねないナ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-11-19 10:32 | サッカー&スポーツ

<< 「水は何でも知っていた!」:生... プレミア12のいい話:『KAN... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE