「流行語大賞」というよりは「左巻き流行語大賞」ですナ:いや〜〜鳥越大賞ですか?

みなさん、こんにちは。

マスコミは、いつしか「マスゴミ」となり、さらに「ダマスゴミ」となった。それを証拠付けるものがこれ。

流行語大賞


流行語大賞というよりは、

流行語にしたい大賞
流行語にして扇動したい大賞=扇動流行語大賞

もっと本質をつけば、

左翼流行語大賞 あるいは 左巻き流行語大賞

というやつですナ。


なにせ審査員長が朝鮮脳放射能左巻きの鳥越俊太郎氏
e0171614_21511457.jpg
であるという。以下のものである。
当事者の自画自賛では? 「アベ政治を許さない」呼びかけ人の鳥越氏が選考委員長

e0171614_21441110.jpg

 1日に発表された「2015ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10には、「アベ政治を許さない」「一億総活躍社会」「SEALDs(シールズ)」といった政治関連の言葉も3語が選ばれた。安全保障関連法制など政治への関心が高まった世相が反映されたという。ただ、「アベ政治を-」は、選考委員長自身が携わった安保反対運動から生まれたスローガンで、“身内びいき”“自画自賛”と受け止められかねない。

 「新語・流行語大賞は日本の社会の現実を映す鏡。日本の社会がトップ10の中から見えてくる。選考委員は、歪みのない現実を映す鏡を作ったつもりだ」

 賞の選考委員長を務めるジャーナリストの鳥越俊太郎氏は1日、東京都内で開かれた表彰式で、こう語った。配布された鳥越氏の選評文には「今年は自民・公明が支える安倍政権が衆・参両院で安保法制を強行採決した結果、国民の反対運度(原文のママ)も広がり、政治関連の言葉がどうしても多数となった」とも記されていた。


こんな偽日本人ではあってもちゃんと立派に日本では生活可能。

こんなにいい国ほかにあるかいな?

恩を仇で返していると、そのうち、安倍麻生時代後はずっと強烈な日本人の国家になるだろうナア。

鳥越俊太郎のようなバカは日本に居るな!



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-12-01 21:55 | 反日・在日の陰謀

<< 現実はまさに「朝鮮人かるた」と... エリ・コーヘンの「日本人とユダ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE