プレアデス人のUFOに搭乗したビリー・マイアー氏インタビュー

みなさん、こんにちは。

先日、「プレアデス人のUFO搭乗記」(地球外知的生命プレアデスとのコンタクト―宇宙の深遠より)を書いたビリー・マイアー氏と会見したUFO研究家ランディー・ウィンターズ氏の講演を紹介した(ビリー・ザ・プレアデシアン:太陽系の時空の旅)。

そのUFO研究家ランディー・ウィンターズ氏が直接ビリー・マイアー氏と会見した時のインタビューを見つけたので、今日はこれを紹介しておこう。

Billy Meier Interview with Randy Winters (1 of 8)


このインタビューによれば、プレアデス人の思想や文明は非常に「スピリチュアル」(もちろん我々地球人の言葉で語れば)である。「空飛ぶ円盤」の推進技術と「テレパシー」などの超心理学的力の双方には共通するものがあるという。基本的には同じ原理に基づくという。地球上の人類にかぎらず、「人間の精神」はリインカーネーション(生まれ変わり)によって生じると考えるらしい。このあたりは、地球人の中ではかなりインドの哲学に近い。

また、地球には、最初は原始的な人類、おそらく猿人しかおらず、一番最初に宇宙から飛来した宇宙人の子孫がアジア人であり、その次に飛来した宇宙人の子孫が黒人であり、一番最近に宇宙から飛来した宇宙人の子孫が白人だという。このあたりは、バックミンスター・フラーの哲学や思想にも非常に近いように感じる。なぜなら、フラーもダーウィン進化論に従うリーキー一家の「人類アフリカ起源説」を真っ向から否定し、人類の祖先は宇宙から飛来したイルカと人類の共通の祖先から始まり、それがアジアベースで広まったと考えていたからである。

いずれにせよ、ビリー・マイアー氏の口から「プレアデス人の高度文明の神髄」を知る事が出来る希有の番組である。

ところで、スイス人のビリー・マイアーさんのUFO体験の直後に報道されたと思われるかなり昔の番組あった。これも紹介しておこう。まだずっと若い頃のビリー・マイアーさんがそこにいる。また、日本人インタビュアーの姿があるが、おそらく日本のUFO研究家の矢追純一氏ではないかと思う。そこには若かりし頃の矢追純一氏の姿がある。

The Billy Meier (UFO) Chronicles 1

[PR]

  by Kikidoblog | 2009-03-16 13:59 | マイヤー

<< ”謎”の米ソ共同開発「空飛ぶ円... 火星に存在するさまざまな「知的... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE