2010年 04月 15日 ( 2 )

 

ケムトレイルの散布口は、やはりエンジンだった!!

みなさん、こんにちは。

いやはや、やっぱり。人間、自分の目や感性を真っ先に信じるべきである。

一昨日、ケムトレイルスプレータンカー
e0171614_15152724.jpg

は、問題のケムトレイルをエンジンから出しているのではないか、と私は疑っている;少なくとも私にはそう見えると紹介したが、どうやらその物ズバリであったようである。

まだ多くの人々は、ケムタンカーが何かのノズルから出すというようなことをやっていると思っているらしいが、どうやらそうではなく、ジェットエンジン部に空気を送る部分に細工して直接エンジン部からエアロゾルを空中散布してケムトレイルを作っているらしい。

以下のレンズ・コムの記事に写真付きの解説があった。

Chemtrail Pod Is Simple Aerial Refueling Drogue(ケムトレイルの注ぎ口は簡単な空気燃料補給吹き流しである)
e0171614_15153729.jpg

エアロゾルは一番内側(B)から噴霧される。外側が普通のエンジン排気口部分。

e0171614_15154513.jpg

補助エンジン部の中にも無数のシャワー口が見える。エンジン排気ガスといっしょにエアロゾルが撒布される。

というわけで、先日私はインド人もびっくり!:エア・インディア機3機のケムタンカーと接近遭遇に「追加:今日(4月14日)に気づいたが、ケムトレイルがノズルの中から散布されているのかと思っていたが、これらを見る限り、直接エンジン部分から散布されているように見える。したがって、燃料に混ぜて出しているか、エンジン部にノズルが仕込まれているか、いずれかだろう。」と書いていたが、その両方であったということですナ。rense.comに感謝。


おまけ
秘密結社スカル&ケムトレイルズのロゴマーク(?)
e0171614_15302579.jpg

Foundingfather1776より)
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-15 15:22 | ケムトレイル

「ロイド・パイ」インタビュー:スターチャイルド

みなさん、こんにちは。

さて、今回は昨年オランダで行われたプロジェクト・キャメロットの国際会議における、ロイド・パイ(Lloyd Pye)氏の「スターチャイルド」について紹介しておこう。以下のものである。

Lloyd Pye (of The Starchild Skull Project) interviewed by Project Camelot
YouTube版
Lloyd Pye part 1(starchild skull) interviewed by Project Camelot,Groundcrews Brussel








これは、「オーパーツ」(Ouparts=Out of Place Artifacts=歴史上あってはならない遺物)の1つである、俗に「スターチャイルド」という人類の祖先とは異なる化石のことである。こういった化石に焦点を当て、それぞれのDNA解析を行って人類の化石との相違点や類似点の分析を行うというのが、ロイド・パイ博士の「スターチャイルド・プロジェクト」であるらしい。

私は4年ほど前昔のDoblogに以下のようなものを書いていた。
e0171614_1117553.jpg

e0171614_1118425.jpg

e0171614_11181312.jpg

e0171614_11182114.jpg


この最後で、私は「”ムイラン人”や”長頭人”や”20cm人”の頭蓋骨からDNAを抽出し、その 遺伝子を解読する。そして現代人と比較する、というような研究を行なうのである。 」と書いていたが、どうやらそれを現実に行っている人がそのロイド・パイ博士のようである。

世の中には面白い人がいるものである。しかしながら、我が国では文部科学省の予算からこういったものへの研究資金はまず出てこないというのが現実である。「世界の謎解きをする」(オーパーツ研究)というのと、「宇宙の謎を解く」(宇宙論の研究)というのとまったく大差ないと私には見えるが、彼らには違って見えるのだろう。


ところで、このスターチャイルドの化石の形は、以下の火星表面に転がっている頭がい骨にそっくりである。
Mars fossil skull from Gusev Crater Spirit's mission

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-15 11:31 | 未知の宇宙文明

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE