2011年 02月 18日 ( 3 )

 

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

HAARPモニターを見ると、かなり大きな地震電磁波をとらえていた。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 2/18 08:23 更新
高速風はまだ始まっていません。到来が遅れるほど、乱れは小さいものになります。
2011/ 2/18 13:11 追加 
500km/秒の高速太陽風が到来しました。磁場が強まっているので、南向きに注意が必要です。

とあり、かなり強い太陽風が近づいて来ているようである。一説によれば、太陽風による地球へのエネルギー注入が地震の直接の原因というものもある。だから、強い太陽風の到来の後に地震が起こるという可能性もあり得る。要注意だろう。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_1971779.jpg



Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_1973275.gif

e0171614_1973476.gif

e0171614_1973741.gif

今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_1983351.gif

この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。

VHF Riometer
Electron density
Digisonde

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
* 02/16 アキラ・メソドが関東甲信越地方中心として作動しました。
各地方に、地震発生合図が出ているため追跡しません。02/16 (06:29発信。)

* 父島の観測値が02/09から停止しています。予測不能ですが、
要注意です。(02/15 13:40発振)

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-18 19:11 | HAARPモニター観察

「もう黙ってはいられない」:民衆蜂起の時!?

みなさん、こんにちは。

A Bug's Life Part 2/10

(このシーンはまさに戦後の日本人(アント)の姿ですナ。米軍(ホッパー)に占領され、脅される日本人。見せしめのために殺された竹下首相。飼いならされた中曽根や小泉や菅直人。ホッパーは食い物が必要。「お前らを守ってやるから食い物を出せ」とホッパー司令長官はいう。まさに米軍そのもの。「守ってやるから金を出せ!」と脅す。いやー、このアニメ良く出来ていますナ。さすがにディズニー、手の内をよくご存知だ。)

宇宙の話の次は、我々の身の周りの話題。しかし、電通支配のテレビマスゴミでは決して報道されない話題である。あれほど、韓国や中国や北朝鮮やエジプトなど外国のニュースを取り上げる、NHKでも決して報道されることのない現実である。

大阪における、民衆蜂起。以下のものである。

生放送出張隊 02/11/11 10:30PM

(中学生のレポートとか。)

一方、かのアメリカでもついに民衆が蜂起。
さぁさぁデモクラシーの本場でも大規模デモ発生!

Massive crowd protests at State Capitol on Wednesday


これは、ウィスコンシン州の州知事Scott Walker
e0171614_11321751.jpg

(いかにもアメリカNWO側の若手政治家のようである)

が、ウィスコンシン州全土の公務員の「団体交渉権を排除し、彼らの賃金と福利厚生を削除する法案を提出した」ことに対する、州民の猛反発であるという。

ウィスコンシン州知事が公務員と組合への攻撃を開始、抗議デモ鎮圧のために州兵配備と威嚇 [記事転載元:Democracy Now!-http://democracynow.jp/dailynews/11/02/15/2]

最近選出された共和党のスコット・ウォーカー、ウィスコンシン州知事は、大半の公務員のほぼすべての団体交渉権を排除し、彼らの賃金と福利厚生を削除する法案を提出しました。ウォーカーはさらに、これを不満とする州、郡、市職員らによる抗議行動を警戒するようウィスコンシン州兵に通達しました。2月14 日、数百人の抗議者がウィスコンシン州の州都マディソンをデモ行進し、さらなるデモも計画されています。マディソンから、ネイション誌のジョン・ニコルズと、ウィスコンシン州の公立学校教師、ブラッド・ルーツに話を聞きます。ニコルズは同知事の行動の全米への悪影響を警告しています。「ウォーカー知事が法案を通し、ウィスコンシン州で1930年台に設立された米国州・郡・市職員同盟(American Federation of State, County and Municipal Employees=AFSCME)の団体交渉権を排除するなら、そして彼が、全米で最も大きく影響力の強い教員組合の一つウィスコンシン州教育組合審議会(Wisconsin Education Association Council=WEAC)を屈服させるなら、この動きが全米中に広まることになるでしょう」。


これは他人事ではない。このまま行けば、日本もすぐにこうなる。IMFの差し金だからネ。
菅直人政権の”未来”は?:おそらく日本経済破綻、日本破滅!
まあ、菅直人政権誕生の目的とは、ズバリ、「ネバダ・リポート」のシナリオ通りの日本社会を作り出すことなのである。(日本がIMFの管理下に??(小野盛司))いよいよ、イルミナティーの日本つぶしが最終段階に入って来たということである。そして、以下のようなルールが問答無用で適用される。

① 公務員の総数の30%カット、及び給料30%のカット、ボーナス全てカット
② 公務員の退職金は100%すべてカット 

③ 年金は一律30%カット、 

④ 国債の利払いは、5~10年間停止
⑤ 消費税を20%に引き上げ
⑥ 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ 

⑦ 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、債権・社債については5~15%の課税、株式は取得金額の1%を 課税。 

⑧ 預金は一律1000万以上のペイオフを実施し、第2段階として預金額を30%~40%財産税として没収する。

この究極の目的とは、ジョン・コールマン博士のいう、ユダヤ人による「人類家畜化計画」に基づき、「すべての人類を1日100円程度の生活水準におとしめる」ことだというらしいからである。アフリカやアラブ、発展途上国では、すでに実現済みである。フィリピンの子供はゴミをさらって食う。アラブの子供は墓地に住む。ユダヤ人やその変貌体であるイギリス人は、地球人類をそんな状況にして何が楽しいのかしらないが、「これから正義の話をしてやろう」という傲慢な態度に終始する。困ったちゃん人種ですナ。

「一般大衆は多数、支配者は少数」
Hopper explains the world (A Bug's Life)


A Bug's Life Part 6/10

(どう考えても、ホッパーはNWOシオニストのユダヤ/アングロサクソンですナ。あるいは、白人ですかナ。この場合も、アント族は、働き蟻の日本人なのだろうか?)

おまけ:
A Bug's Life Part 9/10


A Bug's Life Part 10/10

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-18 11:58 | 反日・在日の陰謀

2012年問題:「惑星ニビルはやって来るのか?」

みなさん、こんにちは。

いよいよ世界は佳境に入って来た。1、2年前の私の推測の通り(とはいっても、大半はデービッド・アイク氏やジョン・コールマン博士やヘンリー・メイコー博士等々の見解で予想されて来たものであるが)の展開となってきたようである。「アングロサクソン・ミッション」にスイッチが入ったのだろうと見ている。つまり、「第三次世界大戦」にゴーサインが出されたということである。

第二次世界大戦の始まる前、世界同時大不況が生じた。その結果、スタインベックの「怒りの葡萄」に描かれたような、激動のアメリカの時代、激動の世界情勢になり、人々は狂気の時代へと突き進んだわけである。何十年か前に読んだ、重光葵の「分水嶺」によれば、「人類は生存競争の時代に入った」というのが、この時代であった。この重光葵とは、戦艦ミズーリの甲板で、多くの米海兵隊が見守る中、日本の全面降伏文書にサインした、あの人物である。

どうやら時代は再び、その時と同じような空気、同じような狂気の時代へと突き動かされそうな気配である。がしかし、それは、我々人類が、馬鹿で学ばないという場合の話である。

我々、人という種族は、宇宙の中でも相当に後発文明である。宇宙が出来て、我々地球人の科学者の見積もりでも、せいぜい137億年。プレアデス人の双子宇宙論では、数十兆年。その中の最後の45億年前程度に地球は誕生したに過ぎないからである。もし100億年前に誕生した惑星であれば、どれだけ進歩しているか。この辺の複雑怪奇な銀河系の人類史については、この地球人文明の中では、かのビリー・マイヤー氏のプレアデス人からの伝聞でしか知られていない。

ゼカリア・シッチン博士の惑星ニビルの人々、俗にいう、「ニビルの神々」ですら、かなり最近に誕生した宇宙人類である。彼らはどんな宗教を信じているのか?彼らはどこから来たのか? こういった疑問がシッチン博士の生涯の研究テーマであったらしいが、それを解明する前に博士はご逝去されてしまった。しかしながら、シッチン博士の著書によれば、彼らニビルの神々は「万能の神=宇宙の創造主」を信じていたようである。かなりキリスト教の考え方に近い。あるいは、普通の科学者の宇宙に対する考え方に近い。宇宙法則としての神である。

一説では、この地球上で、「惑星X」の研究、「惑星ニビル」の話
e0171614_10323224.jpg

を公に公開すると、命を失うらしいという、恐ろしい都市伝説があるようである。

そんな中、真っ向からこの「惑星X」について、研究して公表しているグループがある。1999年から活動する、YOWUSAというグループである。この代表が、マーシャル・マスターズ氏である(たぶん本名ではないだろう)。この人の比較的最新の「惑星X」研究がYouTubeに公開されているので、今回はこれをここにもメモしておこう。以下のものである。

Planet X Special Report No. 01: Where is Planet X? (Full Length Version)


おまけ:
NIBIRU - Truth about NibiruShock2012 Photos


*LEAKED* Nibiru Photo's 'Object orbitting in front


Nibiru...? - The Movie - Planet X Revealed


Planet X / Nibiru SPT Disclosures - May 2008 Report


Planet X Nibiru - Return of the Anunnaki

(生前のシッチン博士を見ることが出来る)

Nibiru/Planet X photos taken January 2008


Nibiru planet X 2012 PROOF of Government conspiracy


参考:
2012 — Planet X / Nibiru
SERIES(5)  惑星X(ニビル)2012年襲来!?
宇宙 NEWS LETTER 2009 SERIES(5) 5-1 惑星X(ニビル)2012年襲来!? 惑星Xの定義
In Deep: 太陽系9番目の巨大惑星の存在についての公式アナウンスが近いという報道
太陽系9番目の巨大惑星の存在についての公式アナウンスが近いという報道
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-18 10:40 | シッチン&ニビル

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE